TOPページ砥石コーナーシャプトン、刃の黒幕仕上砥石>ご覧のこのページ

シャプトン刃の黒幕、仕上げ砥石♯30000

 (はのくろまくしあげといし30000)
38750円 在庫有
 当店の表示価格はすべて税込です。
同シリーズでも一番きめの細かい鏡面仕上げ用、一般的な刃物の仕上げでは8000番〜12000番の砥石で充分であるが、鋭さの限界を極めるような研ぎには有効。

削ろう会などで使う方を時々見かける、ある程度人造砥石など、使い比べた方にお勧めします。

砥石コーナー、シャプトン刃の黒幕♯30000


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!



刃の黒幕ムラサキ#30000 FAQ
Q: ムラサキで研いでも刃物に傷が見える。
A: メロンで研いだ後に、砥糞が刃物や手に付着したままムラサキで研ぎますと、メロンの粗い研磨剤によって刃物に傷が付いてしまいます。砥石のメッシュ(#)をかえて細かく研ぎあげていく場合は、前の行程での汚れを良く洗い流すことが重要です。刃物や手をゆすいだだけでは不十分で、手と爪の間や刃物表面の汚れ幕にも注意をはらって水で十分洗い流して下さい。
Q: ムラサキを修正したら研げなくなってしまいました。
A: 砥面の修正が粗いと刃物が良く研げません。砥面の修正は鏡面の様に仕上げます(ムラサキは必ずコンパクトなおると細目パウダーで修正する事が必要です)。
Q: コンパクトなおるで細目パウダーを使って修正しても、砥面がザラザラして鏡面の様な仕上がりになりません。
A: 砥石の軟化が奧まで進行しているため細目パウダーでは修正し切れません。この場合は修正用パウダー中目を使用し軟化した部分を削り取って良く汚れを洗い流してから、再度修正用パウダー細目により砥面を仕上げて下さい。
Q: ムラサキの研ぎ感が悪い。
A: ムラサキは刃先約1oを今までにない最高の切れ味にすることを目的にしていますので、従来の研ぎ方による研ぎ感は、良くないと感じられるかもしれません。
Q: ムラサキをコンパクトなおると修正用パウダー細目で修正しましたが、購入時の砥面に仕上がりません。
A: 砥石を10分程、水に浸けてから修正して下さい。それでも解決しない場合は、修正用パウダー細目をコンパクトなおるの上に多めにかけてから修正して下さい。
Q: ムラサキが柔らかくなってしまった。
A: 砥石を水に浸けたまま30分以上放置したり、濡れタオルで砥石を長期間包んでおいた時や洗剤等をかける事によって、砥石表面が軟化、または質的変化をしてしまった状態です。また、お客様ご自身で用意された木の研ぎ台等が濡れている場合、その水分を吸収してムラサキは柔らかくなります。上記の様な状態になった場合、砥石本来の硬さの研ぎ面が出てくるまで砥石を削らなければなりません。この場合は修正用パウダー中目を使用し軟化した部分を削り取って良く汚れを洗い流してから、再度修正用パウダー細目により砥面を仕上げて下さい。研がない時は、専用のケースの中に入れて保管下さい(ケースの内部は水分を拭き取っておいて下さい)。



店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓