大工道具の曼陀羅屋

 大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀
コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話
曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp


色々な鉋コーナー
TOPページ >色々な鉋コーナー

色々な鉋コーナー

一言で鉋と言っても色々な形の物があり、状況に応じて使い分けます。五徳、際、南京、反などそれぞれの工程で使い分けます。

角面鉋は一定量以上は削れない、自由面タイプをご用意。角度が決まって削れます。その他に細工用のセットも常時在庫しております。南京鉋は真鍮埋めタイプと、刃口変形の無い金属製刃口の「ほっけちカンナ」をご用意。

ページ一番下には際鉋の仕込みのポイントも掲載しています。

届いたその場で使える直ぐ使いは現在多忙で受けておりません。小鉋、寸4〜寸八は、直ぐ使い受けております。→直ぐ使い鉋

 表示価格は税込です。


 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ

際鉋

  • ←段欠きの内側の角や刃は斜め(イスカ)仕込みで横目にも削れます。
  • この鉋は刃先が下の側面角まで来ており、隅まで削れます。
  • 裏金が付いていますので波打った木目の逆目にも強いです。
  • 刃は斜め(イスカ)仕込みであるため、横削りもささくれ立ちせず削れます。建具、指物師はこれでホゾの削り出しもする。
  • 指物や建具職人は際鉋に(針)毛引き刃を付けます、その付け方→際鉋針の入れ方
  • 台の下端角に刃先が寄らない時は、その方法→刃先の寄せ方

純鉄際鉋鋼匠 純鉄際鉋鋼匠   (じゅんてつきわがんな こうしょう)
36ミリ右 15800円 在庫有
36ミリ左 15800円 在庫有
42ミリ右 16500円 入荷待
42ミリ左 16500円 在庫有

多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
日立金属安来鋼青紙1号、裏金も地金に鋼の鍛接品、小森製作所製。
地金に低炭素量の純鉄を使用、柔らかさはこの上なく研ぎ易い。
「削ろう会」会報紹介の品を際鉋に、700尺の削り、長切れします。

刀守際鉋 刀守際鉋 (たちもり きわがんな)
右9700円 入荷待
左9900円 在庫有
多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
有効切削巾30ミリ、鋼は安来鋼の青紙を使用で裏金付き。
台の長さは15センチの小振りなサイズの際鉋です。

際鉋用針 際鉋用針 (きわがんなよう はり) 
右3200円 在庫有
左3200円 在庫有

ご注文時に、右、左、左右をご指定下さい。櫛刃などとも呼ばれる、際鉋の側面に取り付ける針です。横削りする時の毛引き刃になります。
30ミリサイズの際鉋には長すぎて入りません。

刀守作 42ミリ導突(平際)鉋 (たちもりさくどうつき(ひらきわ)かんな)
右 11500円 在庫有
左 11500円 入荷待

際鉋と同様に入隅の角まで削れる。導突鉋の特徴はコグチ削りの時、際鉋のイスカ方向はコグチを引き上げるのに対し、導突鉋はコグチを引き下ろし削るのでコグチ角のささくれが起きません。
下記販売済 圭三郎際鉋 天慶際鉋 清久際鉋

南京、反鉋

←主に曲面の内側を削ります。平反りや四方反りも有ります。
  • 曲面用は主に凹んだ曲線部分を削るものです。
  • 緩いカーブは反り鉋を使い、きついカーブは南京鉋を使います。
  • もっときつくなると、鉋ではなく繰り小刀などを使い削り出していきます。
  • ベストな物は、削るカーブに合せて専用に台の下端を削って自作すると良いでしょう。そうするとそのカーブに合うと自然とそれ以上削れません。

刀守作、四方反鉋 刀守作 四方反鉋  (たちもりさくしほうぞりかんな))
36ミリ  12800円 入荷待
42ミリ  14700円 在庫有
48ミリ  15400円 在庫有

多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
四方反り鉋は椅子の座面掘りや器の皿掘りなどに使う鉋で、持続的に削る量が多く、それに適した青紙鋼を使用。裏金付で逆目が止まります。

善正作南京鉋 善正作 真鍮埋南京鉋 (ぜんしょうさく なんきんかんな)
11500円 在庫有

小森小鉋製作所の刃を使用、日立金属安来鋼青紙1号。負担のかかる台下端の口に真鍮が埋め込んであり、台の摩擦による減りを軽減。

剥抉鉋(ほっけち) ほっけち鉋
本体 9800円 在庫有   替刃 480円 在庫有

初弘製 剥抉鉋(ほっけちかんな)形状的言うと南京(なんきん)鉋で替え刃式です。切削幅も広く一枚で長く削れます。刃口の減らない金属性。切削幅50ミリ、台長さ210ミリ、替え刃1枚付き。直ぐ使えます。

善正作反鉋 刀守作 反鉋
9600円 在庫有

日立金属安来鋼青紙1号。小森製の刃を使用し、緩い曲線削りに向いています。減りやすい反り台の刃口を真鍮で埋めて補強した、耐久力のある台を使用。

面鉋

主に材料の角を仕上げる形をしていて、角面、外丸、内丸、坊主面など。
  • 面鉋類は、框や、板の角を削りその部分を仕上げる物で、色々な大きさや形があります。
  • 坊主面はRの大きさも色々ありますので、1分以外は取り寄せ致します。

隅突鉋 (すみつきがんな)
12200円  在庫有
多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
組立た後に削らなければならない時に使う鉋で、隅の角まで削れるような構造になっています。刃を抜く時は刃と同じ方向に叩いて抜きます。

隅突底取鉋 (すみつきそことりがんな)
7分 12250円  入荷未定

多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
敷居の隅まで削るための鉋が、隅突底取鉋です、突くと言う文字が入るように、引いて削らずに押して削ります。リフォーム工事など、敷居を削る場合に、擦れた敷居の隅の削り、敷居の中間が下がって両端を削らなければならない時などに重宝する鉋です。

1分坊主面鉋 善正作 坊主面鉋 (ぜんしょうさく ぼうずめんかんな)
1分(半径約3ミリ) 17700円 在庫有
2分(半径約6ミリ) 17700円 在庫有
4分(半径約12ミリ) 17700円 在庫有
多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
日立金属安来鋼青紙1号。材料の角を丸く、半径の寸法に削る鉋。丁寧な仕込と研ぎが魅力で、台と刃がぴったり合っています。綺麗に削りあがります。

善正作 攻鉋 (ぜんしょうさく せめがんな)
入荷未定

新潟県与板の小森小鉋製の青紙の刃が使用されています。
。刃が台の下端角いっぱいまで広がっている作り。台はなしや製
刃幅21ミリ、台長さ21センチ、白樫台で攻鉋としては一般的なサイズ になります。

刀守作、内丸鉋 刀守作 内丸鉋 (たちもりさく うちまるかんな)
36ミリ  14500円 在庫有
42ミリ  16150円 入荷待
48ミリ  17500円 入荷待
多忙なためこの商品の直ぐ使いは行っておりません。
材料のコバをドーム形に削ったり、丸棒を削りだしたりする鉋で、サイズは3種類用意。台は刃に合わせて丁寧に仕上げてあります。裏金も付。

刀守作 外丸鉋
36ミリ  14500円 在庫有
42ミリ  16150円 在庫有
48ミリ  17500円 入荷待
多忙なためこの商品の直ぐ使いは行っておりません。
(たちもりさく そとまるかんな))サイズは3種類用意しました。

自由角面取鉋

自由角面鉋は45度の角度で決まった大きさに削り、その大きさになったら削れない構造です。


刀守作 自由角面取鉋 (たちもりさく じゆう かくめんとりかんな)
16200円   入荷待5月以降入荷

日立金属安来鋼青紙1号。イスカ仕込みで、磨り減りやすい下端は減り難い全面真鍮貼り、下端は調整の必要はありません。小森小鉋製作所製の刃が入っています。

「彩華」自由角面取鉋 「彩華」自由角面取鉋 (さいか じゆう かくめんとりかんな)
16600円 入荷待

好評の鉋「彩華」の作りで、自由角面取を作りました。
小さくても、槌目の入った矢羽模様にタガネ切りです。
裏は黒の磨き仕上げにし、下端は減り難い真鍮貼りにしました。

中野東郷 自由角面取鉋 (なかのとうごう じゆうかくめんとりかんな)
入荷未定

東郷鋼を使用した刃持ちの良い自由角面取鉋 。イスカ仕込みで、下端は減り難い全面真鍮貼り、下端は調整の必要はありません。ネジ類はすべて黒仕上げです。幅は一般的な30ミリ

ワンポイント
新しいうちは、鉋部分が硬く抜けにくい時があります、そんな時は、定規部分から鉋部分を抜く時は、一度定規を閉じてからの方が抜きやすいです。硬いからと、定規部分と台の噛み込んだ部分を削らないでください。

細工鉋

小さい部分を削ったり、曲面を削り出したりするもので、一枚台の仕様です
  • 木工作業の中で小さい部材や曲線を削り出す時にこの細工鉋を使います。
  • 台が減って下端を削って修正しても口が広がらない、一枚台の仕様です。
  • 大きな鉋では重心が高いためぐらぐらする部分でも、抵抗の支点となる刃先近くの鉋台の側面をつかみますのでぐらつきません。 
  • 下記は8丁組の画像ですが、単品販売もしています。

善正作、細工鉋8丁組 善正作細工鉋 (ぜんしょうさく さいくかんな)

桐箱付8丁組 在庫有
単品(平、反、右際、左際、外丸、内丸、四方反、内丸反)
多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
白紙鋼より粘りのある、日立金属安楽鋼青紙を使用。
刃巾18ミリ 台巾2.8センチ 台長さ8.5センチ
「削ろう会」会報でも紹介された小森製の刃を使っています。
常三郎五徳鉋 (つねさぶろうごとくかんな)
68ミリ 24200円 入荷待
55ミリ 23400円 入荷待
48ミリ 22200円 入荷待

平、左右際、左右脇取りと、五通りの使い方があるので五徳鉋と呼ばれています、刃の仕込みに遊びはありません。
また、材料を荒作りして寝かせてありますので、台の動きが少ないです。

田斎作五徳鉋 (たさいさく、ごとくがんな)
価格お問い合わせください   入荷未定
多忙なため直ぐ使いは行っておりません。
鑿鍛冶らしい刃の延ばしで鋼の角も巻き上げ五徳鉋の刃が作られている。形状的に正確に作り上げなければならない並行、垂直や角度など綺麗に仕上げられている。刃幅55ミリ台長さ20p

芳楽作五徳鉋 (ほうらくさく、ごとくがんな) 販売済

際鉋の仕込みのポイント

際鉋の仕込み易さはその台打ちの加減に左右されます
仕込みの順番を間違えると鉋台の角にぴったり刃先が揃わなくなりますので、注意が必要です

赤い点線の台の押さえ溝が基準になり、刃先を鉋台の角に導きます
通常この仕込み溝の延長が台下端角より若干内側に入った位置に来るようにしてあります
仕込みの最終段階で、ここを削り揃えます

まず、耳を落とし刃を裏押しを行い、刃を研ぎ上げ表馴染みを付けながら、硬さを調整し刃を刃口に近づけて行きます

下の画像では、水色の刃口の角のラインと、刃先の青のラインが平行になっています
平行になっていない場合、押さえ溝の側面を削り横方向に刃をずらすと
刃先の角と、鉋台下端の角が合い難くなって行きますので、押さえ溝はいじらずに、刃を平行になるようにここで研いでおきます

刃先が刃口と平行になり、触れるぐらいになった時点で、刃口を刃先と平行に切り、台の下端を台直鉋で仕立てます

刃の出し加減を通常削る分ぐらい出します

その時点で、刃先角と台下端角が揃うように、台の側面と台の下端の直角を見ながら、側面を削り、
刃先に鉋台の角が合うように削ります

この際鉋のサンプルが来た時、仕込んで見ましたが、大事な部分の要点が押さえてあり、仕込みやすい際鉋だなと関心しました
際鉋の下端

↓ ↓ 購入時プレゼント ↓ ↓
大工道具プレゼント

下記は販売済

家紋清久自由角面取鉋 (かもんきよひさ じゆう かくめんとりかんな)
販売済

清久作の共裏付の品、真鍮部分はビス締めせず、蟻型のはめ込み式、135度焼き戻しの品で、鍛え、焼き戻し、作りとこだわりの品。



宗国作自由角面取鉋イスカ仕込