新潟県与板でも指折りの鉋鍛冶、名工三代目伝統工芸士の称号を持つ横坂正人作の鉋、寿楽山

通常の楽山の鋼材よりも高炭層量の青紙を使用し、改良を加え研ぎ易さも備えています。
きっちりと研ぎ澄まされた裏研ぎ、刃付けも終わらせ研ぐ必要はありません。
表馴染み、と台直しも完了しています、最終的な硬さの調整は必要ですが、完全直ぐ使いの状態です。
薄削りにも最適で、粘り強いハガネは限界の研ぎ上がりまで追い込めます。
青紙 高炭素1.39パーセント 通常の青紙より炭素量が多いです
桐箱入り白樫、包み台普通勾配  同作者の楽山とは別物です

   寿楽山 販売済み
 
 鉋コーナー、寿楽山