大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP


大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
TOPページ >鉋刃の耳落とし

鉋刃の耳落とし

なかなか両方を対称の大きさ、角度に落とせないと言う方のご質問がありましたので、このページで説明します
鉋刃の両端にある耳の綺麗な落とし方はやはりグラインダーが必要でしょう。ただし、保持する台が無いまま鉋の耳を削ると楽に削れますが、同じ角度、大きさでそろえる事は難しく耳を削るには角度を固定できる冶具を作る事をお勧めします。
下記の画像は鉋刃の刃先が台にかかっています、矢印の部分でこれはまだ少ない方です、鉋を引くと削れた部分の鉋屑が刃口を通して台の上に出てきますが、広い板を削る場合、矢印の部分の屑は上に出る事ができません、ほんのちょっとの事なのですがこれで鉋が引けなくなります。
鉋刃の耳の調整(落とし方)
そこでこの部分を斜めに落とし刃先の切れる部分を鉋台の刃口の巾に合わせ、切れた分の鉋屑がすべて上にはけるようにします、下記の赤点線のようにします。

鉋台の刃口の部分を押さえ溝にまで広げてしまった鉋台を見ますが、それでは一見屑ははけそうですが刃口の部分だけが広がっただけ、上の方は同じ巾で、結局鉋巾いっぱいに削った場合、その部分を起点に屑が将棋倒しのように溜まってしまうのです。
この鉋の耳がだんだん少なくなり刃先が鉋台のかかってしまう現象は、鉋の刃が研ぎ減れば自然と起こる現象ですので定期的に耳を削て調整します。
鉋刃の耳落とす量の線
鉋刃の耳を落とす方法はグラインダーを使います、グラインダーに刃を当てれば焼きが甘くなると思われる方もおられますが摩擦熱が起こらないようにし、焼き戻しの温度まで上がらないなら良いのです。

下記画像のグラインダーの手前にある長方形のダイヤブリックを使い摩擦熱が起こらないようにすれば問題ありません。決まった角度に砥石で研ぎ下ろす事は大変手間のかかる事です、グラインダーは刃物のメンテナンスには必要な道具です。

下記は店主のグラインダーです、グラインダーには、鉋の角度が一定に決まる治具を取り付けています。砥石の磨耗により当たる角度が変わってきますので角度は変化できます、右に鉋刃の裏の叩き出し用の金床とヤスリがけに使う小型の万力を付けています。台の下には金属切断などに使うディスクグラインダーの箱。
店主の鉋調整に使う道具
下記画像のラインは角度の目安にしてください、赤の点線を水平に考え、緑の点線の鉋治具の定規盤の傾斜角度は30度ほど、グラインダーとの接点の角度もありますが、それぐらいが目安です。
あまり角度を付け過ぎると、耳の面がべたっとなってスッキリしません角度はネジで調整できるようにしています。
鉋刃の耳の定規角度
実際に鉋の耳を落として鉋台に入れたところです、耳の角度が決まり、直線に落ちている事が良く分かります。

耳は多めに落とします、鉋刃を研げば刃は研ぎ減り新品の時と同じように刃先が鉋台の押さえ溝に乗り上げるからです。
それと台上場から覗き込んだ時に裏金を締め込むと裏金の二段研ぎが邪魔して、締まり具合が見え難いので多めに落としておくと刃口側からも確認できます。逆目を止めるために裏金を締め込むと、鉋刃の先に届くほど締め込みますので見え難いのです。
鉋刃の耳の調整後
耳を落とすタイミングは本来は裏押しした時にいっしょに落とすのが良いです、下の画像上段は耳を落とした時として、下段の裏金の先まで鉋刃の刃先が研ぎ減った時(矢印部分まで)、刃先の巾と裏金の巾が揃います、これ以上鉋刃を研げば更に耳は小さくなり押さえ溝に刃先が乗り上げ削れなくなります。

次回はここまで鉋刃先が減った時に耳を落とします、ちょうどこの頃に鉋裏も無くなりますので、鉋を調整するのに丁度良いタイミングなのです。

裏押しする時は鉋の人間ドックと同じように各部の調整をする時期なのです、刃口を埋めたり片出するときは表馴染みを削ってみたり、刃の仕込が甘ければ敷物を入れたりします。無論、鉋下端の台直しもします。

鉋の耳を落とす治具

下記の冶具は一つの例で、ご自分のグラインダーに合った冶具を作り、鉋の耳を適切に揃えてください
  • フリーハンドでは決まり難い角度を決められます。
  • グラインダーは鉋の三つの角度を決めるる時に、それぞれの角度に変えて使用します。
  • Aと同じ角度を使い、刃こぼれした鉋刃の中透きを行うと、切削面積が減り、砥石に移った時、
    荒研ぎが楽です。
  • 刃が丸研ぎになった時も、中透きを行うと、治ります、グラインダーのすり跡は、何度か研ぐと消えます。

@
耳落とし

A
適切な刃角にするための、
中透き

B
裏刃の適切な角度にするための、
中透き

  • 鉋の地金が削れた金属が、砥石に入り込み摩擦して発熱します。
  • 鉋刃の発熱を押さえるには、ダイヤモンドブリックを使います。
  • 回転しながら当てます。
  • 刃角が浅いと鋼の部分にグラインダーが当たりますので、先端まで当たる時は、当たる前に一度砥石で研いで、再度グラインダーに当てる事を繰り返してください。
  • ダイヤモンドブリックを使った後は、触れるぐらいの発熱で刃先への影響は出ません。
  • 砥石が削れて変形したときも、ダイヤモンドブリックで、整形します。

治具の形

作り方は簡単ですので、画像を参考にしてください。お手持ちのグラインダーに合せて寸法は変えて下さい。下記は例です。
  • 側面から見た所
  • 台が長いのは固定のためFクランプを挟む部分
  • 角度によって治具本体を押し込んで、固定する場合もある、又その逆も。
  • ネジ穴は左右重ねて開ける。
  • 内側の蝶ネジは固定します、蝶ネジで角度を変えて鉋を当てる角度を調整し決めます
  • 左右の立ち上がり板の間にグラインダーが入る。
  • 機種により各部の寸法は変わる。
  • 定盤部分
  • あまり広くなくて良い。
  • 下面
  • 難しくはないので、皆さん作っって下さい。
  • 合板の方が、木材より曲がりにくく良いと思います。

  通販の詳しい説明→ 大工道具、ご購入案内 

急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903  出ない時 080-5247-6198

簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文記載→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、銀行振込、カード)