大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
TOPページ >鉋の押さえ棒調整

鉋の押さえ棒調整

鉋の裏金を固定する金属の棒が押さえ棒で圧着力を利用して鉋刃裏先と裏金裏先を密着させ、鉋の刃先と裏金の先の隙間の距離を固定する部品です。

押さえ棒の穴を開ける位置はとても微妙で、ある程度の誤差が生じる場合があります、鉋刃と平行でない場合は片利きの状態になります、片利きは裏金を叩いた時に斜めに入り、刃先同士が揃わず削った時に逆目が止まらない状態になります。片利きを確実に直すのは押さえ棒を削ることが一番です。

押さえ棒は裏金の作りや台屋さんの棒の開け方によっては硬めに入れたりします、硬めに入った棒の場合、耳を伸ばしたりすれば良いのですが、耳を叩けない場合や、耳を叩き伸ばしても硬い場合は押さえ棒の方を削って調整します。

小鉋の場合は特に裏金の弾力性、押さえ棒の弾力性が通常サイズの鉋よりも少なく、裏金の利き具合は硬い場合(調整許容)範囲が狭いのです。
押さえ棒が緩めの場合は、耳を立てたり、押さえ棒の中ほどを叩いたりして調整でき容易と言えます

このページでは、その押さえ棒の調整法の一つでヤスリで削る方法を書きます。押さえ棒は削って失敗しても交換する事ができる部品です。少しづつ削ってベストな硬さを決定します。

見極め

押さえ棒は裏金を締めこむと真っ直ぐか、ある程度両端が押されて若干真ん中が膨らみます。
裏金を叩いても、なかなか刃先同士が揃わない時も硬すぎると言えます。
鉋の押さえ棒調整
見た目で見極めできるのは、鉋刃と裏金の刃先がきつく叩いてようやく揃い、鉋の下端から刃先を浅い角度で見た時に刃先が押されて歪んで見えます。

そんな時は完全に硬すぎる状態です。

解決方法は押さえ棒の当たっている矢印部分を削れば良いのです

ユニクロムメッキ(金色は)押さえ棒を抜いてみるときつく当たっている部分が摩擦で擦れていますので目で確認できます。
鉋の押さえ棒調整、擦る部分
裏金の幅に擦れていますので、ヤスリで擦る位置の目安になります。

クロムメッキ(銀色のメッキ)の場合は色の変化が見えませんので、反り具合を覚えておき削ります。

調整法

ヤスリを使い当たりが強い所を少しづつ擦っては台に差込み、実際に鉋刃と裏金を差込み、利き具合を調整してください。

ヤスリをかける時は丸い物を擦りますので、万力に挟まないと擦る事は難しい。

バイスグリップなどで挟み、それを左手に持ち、右側を適当(穴を開けた木に通してその木を固定)に固定させて擦ります。

鉋の調整や台打ちに万力は便利です、
ある程度大きい物をお勧めします。

ヤスリは平ヤスリを使用、又は半丸の平たい方を使用します。色々な大工道具のコーナーにあるヤスリセットを揃えておくと便利。

台に差し込んだら、裏金と擦った分が当たるように、ペンチなどで押さえ棒を回し、ピッタリ合う角度を探して調整します。
擦り込み量
画像は擦り込みの例です、この場合はおくの方が擦ってあります。

裏金の利き方によっては、擦る面積、場所も違いますのでご注意下さい。

もし、擦り過ぎてゆるくなったら、棒を交換しましょう、棒は用意しております。

鉋の押さえ棒穴が硬い場合もはほんの少し両端を擦って見てください、硬さがゆるくなります。

お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06,odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!