大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
鉋押さえ棒の穴開け

TOPページ >鉋押さえ棒の穴開け

鉋押さえ棒の穴開け

鉋の側面から刺さっている金属の棒を押さえ棒といいますが、位置決めと穴開けは非常に微妙でなかなか上手く開けるのは難しいと思います。

押さえ棒の位置が悪いと裏金が真っ直ぐ入って行かなかったり鉋身と裏金の間に隙間が開いたりして、刃先が密着せずに鉋屑が裏金との間に入り込んだり逆目が止まらなかったり、鉋に求められる機能が充分に発揮できなくなります。

そんな重要で難しい穴開けをできるだけ上手く開けるための手順や道具をここでは説明したいと思います。

上手くいかない方は今一度道具や位置決めそちて手順を見直してください。
かならず今以上に適切な位置に近づいて行きますし、ちょっとの修正で位置が決まり裏金の機能が充分に発揮できるようになり、結果として逆目が止まり材料表面の仕上りが良い鉋になっていきます。

ここでは穴開けにボール盤を使いますが、台を打つ方や入れ替える方はそれなりに道具類にも予算を使われている事と思います、そんな方はぜひともボール盤を揃えてください、鉋のメンテナンスなどだけでなく色々な面で活躍してくれる事と思います。

細かい要点を今回書きますが、それだけこの押さえ棒の取り付けられた位置は微妙で、このページのどの工程でも位置の誤差を出したくないのです。

大事な基準面

下端になる面を手押し鉋盤の直角定規に当ててコバになる台の側面を直角に削っておきます。
台打ちされてから時間が経っていたりすると意外と直角は狂っています。特に追い柾の木目の場合は断面が平行四辺形に変形しやすく、今一度直角を出し直しておきます。
手押し鉋で基準決め
又、台打ち氏によっては、粗削りして台打ちする前に下端を基準に削り、上端で厚みを決めて巾はそのまま扱わない方もおられます。そんな時も直角ではありません。

手押し鉋盤はあるとは思いますが、もし無ければ、基準の面のコバは直角スコヤで計り手鉋で削って直角を出しておきましょう。

台打ちして穴を開ける場合、粗掘りして時間が経過している場合も台の変形がおこりますのでコバを一度削っておきます。

下端を手押し鉋盤で削る事はやめましょう、口が広がったり包みが薄くなったりします。ねじれがある場合は手鉋で刃口を削る事を避け、ねじれを横摺りして削り取っておきます。

位置決め

スコヤ使い線を回して位置決めしていきます、できるだけ正確線を引き印していきます。なんどか穴開けをしてみれば分かるのですが、穴が上手く開かないのは位置決めが甘いからです。

鉋のどの位置か

よく質問を受けるのが穴の位置はどのあたりにすれば良いでしょうと聞かれます。私もここですと明確に答えられる理由がありませんが、他の鉋と同じ位置でよいと思いますと答えています。
自由スコヤで線を回す
裏金の長さの中心あたりで良いとも思います。

他の鉋を置いてみてふるい鉋の減り具合などを考慮して穴の位置を上端に伸ばします。

押さえ棒の穴は今回画像手前から一方通行で開けますので、鉋の屑溜まりの内側にも線回します。

画像のように自由スコヤを少し短く伸ばして内側に下ろすと便利です。この線は下ろさなくても良いのですが、穴を実際開ける際に曲がっていないかの確認できますので、印す事をお薦めします。

又、台の両側面から穴を開ける時は、外側から位置決めしますので向こう側のコバに線を回します。

位置決め冶具

位置決めに使用する冶具を用意してきます。材料は狂わない合板が良く厚みは15ミリほどの物を私は使用しています。合板は切り込みを深く入れても曲がらず割れず最適だと思います。
位置だし治具
厚みがある方が位置決めする時に冶具がグラグラしません。

赤い線が真っ直ぐしていなければなりません、ここが裏金の上端になる所であり押さえ棒の下端、つまり接する面になり、穴を開ける時の大事な位置決めをする定規部分になります。

冶具の黄色い線の部分は小刀などで透きとっておきます、この部分は裏金の上端が膨らんでいる時にこの定規がグラグラしないようにするためです。

裏金の止まる位置を決めて印す。

今回はお客様から注文の堀台に穴を開けますので、鉋刃のダミーになる合板を差込、押さえ溝上端に反らない程度に密着させています。
外の一決め
実際皆さんが穴を開ける時は鉋刃は裏金が棒に当たり止まるであろうと思れる位置までは鉋の刃先が来ている事が必要です。

鉋刃と裏金は事前に重ねた時ガタガタしない事を確認しておきましょう。
位置が決まればテープで固定しましょう。
冶具を裏金の上に乗せて台をまたぎ、外側に裏金の上端線を移します。

台の両側面から穴を開ける時は、
上記の事を同じように反対側の外側にも行います。

内側位置決め鉛筆は良く尖らせてから使用し繊細な線を引きます。

ボールペンは細いものを使用してもそれでも太く位置決めには向きませんし消そうとしても消しにくく鉋を汚してしまいます。シャープペンよりもやはり鉛筆かと思います。

内側も同じように印しを付けます、この時は冶具はいりません、直接鉛筆を裏金に接して印します。

黄色い点線の丸の中に鉛筆で位置決めした線が見えます。

画像で鉛筆は斜めに当てていますが、もっと裏金や冶具に沿うように使いましょう。

機械とビット

一般の方が一番正確に穴を開ける機械はボール盤で、木工家なら必ず持っているでしょう、建築関係の方でも持っていれば鉋以外でも何かと役に立つ機械だと思います、最新の電動工具と比べれば高価と言えないぐらいの価格ですので是非揃えて頂ければと思います。ビットはどこにでも手に入る工具です、安価なものでもそこsこの精度は出ています。

ボール盤について

ボール盤の精度は見た目では分かりません、一番大事な事はドリルチャックを完全に下ろした時に左右に動かして、できるだけガタが無いことです。
ガタのつきの確認
完全にがたの無いボール盤は高価ですが、古い国産のものならかなり良い精度の物もあります、このKITAGAWA鉄鋼製はガタがまったくありません。

ガタがあると鉋の側面にドリルが当たった時に微妙に動くのです。

鉋を置く部分の定盤は左右と前後に調整ができますので、完全にドリルに対して水平に調整しておいて下さい。

ボール盤の定盤の傾きは上の穴を通した時、下の穴の線に上手く合わないのです。

ボール盤の回転は低い回転になるようにベルトをかけますが、上の穴は回転が速い方が位置決めがしやすいようにも思いますが、ここは個人の好みかも知れません。

ドリルビットについて

押さえ棒の直径が5ミリならドリルビット(鉄錐)はも5ミリを用意します。押さえ棒もドリルビットもJIS規格によって製造されてますのでピッタリです。
二本の錐
きつく鉋に差し込みたい時は0.1ミリ直径の小さい品を用意します。

押さえ棒は釘でもかまいません、その場合はノギスで釘の直径を測り、同じ直径のビットを買います。

穴を開けるビットは2本用意します、奥に置いてあるビットは通常の物より長いロングビットで、鉋の上から貫通させて下の穴を開けるためのドリルビットです普通の規格品では短いのです。

手前の短い物は次の画像で使用しています。

穴開け

穴の位置決めができれば今度はいよいよ穴開けけですが、鉋の側面に正確に引かれた線に沿って穴の外側合わせて開ける訳です。その線に完全に沿わせるための要点です。

上穴

穴の拡大まず、ビットは必要以上に出しません、長ければ長いほど先端がブレたりして上穴が線に沿って開かないのです。貫通する長さがあれば良いのです。

ビットは短い方を必要なだけチャックから出します。

ボール盤のチャックから最低限出して、少ないストロークで上穴を開けます。こうするのが機械的なズレを一番抑えます。

逆に長くビットを出して、チャックをおもいっきり下に出した時に穴が開き始めると、先端のブレはビットの長さと、チャックのガタツキがプラスされ上穴の線に沿わない原因になります。

ボール盤の回転数は遅くして、何度も上下しながら、上穴から屑を排出します。そうしないと、鉋の台から貫通する時に下側がむしれながら開いてしまいます。

下穴

下穴は上穴と違い長い方のビットを使います長いビットもできるだけ無駄な部分はチャックの中に沈め、それでも長いと判断されれば、長すぎる分切っておきます。
内側からの穴開け
回転は低い方がよく、ドリルを下ろしますが、上穴と違い、内側の線に丁度穴が開くとは限りません、ここは手加減で線に穴の縁を寄せて、線に穴が沿うようにドリルを下ろします。

貫通する時穴の向こう側がむしれないようにベニヤ板などを敷いたり、何度も上下させて屑をよく排出してください。

下穴は内側から開けるのではなく、鉋を裏返しにして、反対側の外側から、上穴を開けるよう要領で作業する事もできます。

押さえ棒を通す

穴開けが完了したら、押さえ棒を通しますが、通す前に、棒の角は軽くで良いので面を取ります、角が立っていれば、上穴から貫通する時に内側に鉋台がむしれてしまう事があります。
押さえ棒を差し込む
押さえ棒を通してみて、鉋刃を差し込み裏金を滑らせて入れてみます。

予定のところで止まり、左右均等に裏金と押さえ棒が当たっていれば何も言う事はありませんが、、、、

もし下記のような症状が出ても、このページの手順で進めた場合押さえ棒は、おそらく微妙な狂いの範囲だと思います。微妙な狂いは、微妙な量の修正すれば良いのです。

あまり気にしなくても良いと思います。パーフェクトに穴を開けるのはなかなか難しいことです。

片利きだったら

一番失敗しない方法は押さえ棒を抜いて片方当たっている部分をヤスリで摺り平行にあたるようにします。詳しくは押さえ棒調整(←クリック)のページをご覧ください。

硬かったら

裏金の耳を叩いて耳の高さを下げます。曲げて下げられない時や、耳が平耳(曲げずに厚みを増やして耳を立てているタイプ)は、片利きと同じように、一度押さえ棒を抜いて当たる部分をヤスリで擦って利き方を緩めます。詳しくは押さえ棒調整(←クリック)のページをご覧ください。

硬すぎると、裏金を締め込んだ時に、鉋の刃先が裏側から押されてお互いの刃先が歪んでしまします。硬すぎは禁物です。

ゆるかったら

裏金の耳を硬かった場合と逆に立てて押さえ棒の当たりを強くします。
平耳タイプの耳を曲げられない時は、、、、、、、、それを考慮して硬めに棒の位置決めをしておき、押さえ棒を通してから、硬い分をヤスリを使い緩める事をお勧めします。
このページで使われた関連商品
 
ステン自由スコヤ

スコヤ
ヤスリセット
ヤスリセット 
 鉋裏金(押さえ金)
鉋裏金
平耳鉋裏金
平耳鉋裏金 


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06,odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!