TOPページ > 鉋押さえ棒の穴開け

鉋押さえ棒の穴開け

鉋の側面から刺さっている金属の棒を押さえ棒といいますが、位置決めと穴開けは非常に微妙でなかなか上手く開けるのは難しいと思います。

押さえ棒の位置が悪いと裏金が真っ直ぐ入って行かなかったり鉋身と裏金の間に隙間が開いたりして、刃先が密着せずに鉋屑が裏金との間に入り込んだり逆目が止まらなかったり、鉋に求められる機能が充分に発揮できなくなります。

そんな重要で難しい穴開けをできるだけ上手く開けるための手順や道具をここでは説明したいと思います。

上手くいかない方は今一度道具や位置決めそちて手順を見直してください。

かならず今以上に適切な位置に近づいて行きますし、ちょっとの修正で位置が決まり裏金の機能が充分に発揮できるようになり、結果として逆目が止まり材料表面の仕上りが良い鉋になっていきます。

ここでは穴開けにボール盤を使いますが、台を打つ方や入れ替える方はそれなりに道具類にも予算を使われている事と思います、そんな方はぜひともボール盤を揃えてください、鉋のメンテナンスなどだけでなく色々な面で活躍してくれる事と思います。

細かい要点を今回書きますが、それだけこの押さえ棒の取り付けられた位置は微妙で、このページのどの工程でも位置の誤差を出したくないのです。

大事な基準面

手押し鉋で基準決め

位置決め

スコヤ使い線を回して位置決めしていきます、できるだけ正確線を引き印していきます。なんどか穴開けをしてみれば分かるのですが、穴が上手く開かないのは位置決めが甘いからです。


鉋のどの位置か

自由スコヤで線を回す

位置決め冶具

位置だし治具

裏金の止まる位置を決めて印す。

外の一決め

内側の印付け

内側位置決め

機械とビット

一般の方が一番正確に穴を開ける機械はボール盤で、木工家なら必ず持っているでしょう、建築関係の方でも持っていれば鉋以外でも何かと役に立つ機械だと思います、最新の電動工具と比べれば高価と言えないぐらいの価格ですので是非揃えて頂ければと思います。ビットはどこにでも手に入る工具です、安価なものでもそこsこの精度は出ています。


ボール盤について。

ガタのつきの確認

ドリルビットについて

二本の錐

穴開け

穴の位置決めができれば今度はいよいよ穴開けけですが、鉋の側面に正確に引かれた線に沿って穴の外側合わせて開ける訳です。その線に完全に沿わせるための要点です。


上穴

穴の拡大

下穴

内側からの穴開け

押さえ棒を通す

押さえ棒を差し込む

片利きだったら


硬かったら


ゆるかったら



大工道具の曼陀羅屋について

店主は建具職人歴12年修行し独立して 無垢の家具製作と大工道具の販売の 二足のワラジを履いて25年以上になります。 長崎県佐世保市に実店舗を構え、ご来店の際には商品を手に取ってお買い求めできるようにしております。

詳しい案内
大工道具、ご購入案内

お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198

簡単メール注文
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)