TOPページ鉋の調整など関連品


鉋下端スクレイパー
  • 鉋下端を立カンナで削った後の仕上げ削り用です。
  • 下端を立鉋で横擦りして調整した後は、台の下端(下面)が毛羽立ち荒れてしまいます
  • このスクレイパーは荒れた下端(下面)を削り、毛羽立ちを取り鉋の下面を整えるスクレイパーです
  • 又、立鉋の刃が出すぎていると、目には見えないほどのビリつきが起きたりします
  • 使う時には縦に削りますので、ビリつき部分も、整える事が出来ます
  • 6センチでも充分なのですが、一発で削りたい方には9センチサイズもあります。9センチサイズは砥石の平面を維持できる方でないと上手く研げません。

刃先角度は、だいぶ鈍角に仕上げてあります
高橋和己作、安来鋼白紙2号炭焼き入れ
幅6センチと9センチの二種類

鉋下端スクレイパー二寸(6センチ)  11400円 在庫有 鉋下端スクレイパー三寸(9センチ) 15500円 在庫有
   
 大工道具、ご購入案内

お急ぎの方は TEL0956-46-0903 注文は簡単です。品名、お届け先など伝えれば迅速発送
夜のお電話ご注文は、080-5247-6198 店主の携帯へつながります

下記画像のように持って、自分の方、つまり手前に引いて使います
削る量は、とろろ昆布ぐらいの極微量です、左画像のサイズは二寸(6センチ)、右の画像は三寸(9センチ)です
立鉋の調整が悪いといくら削っても横方向の直線が出ない時があります、そんな時の微調整にも威力を発揮します