曼陀羅屋TOP鉋コーナー > 鍛焠火伝

百周年記念鉋、鍛焠火伝

山本鉋製作所は、令和元年で創業100周年を迎えました。現在三代目芳楽氏と四代目健介氏の二人で鉋の製作をされています。

その記念として今回販売されるのが「鍛焠火伝」(たんさいかでん)で芳楽氏と健介氏の共同作業の親子合作です。鍛焠火伝とは、火造、焼き入れ、温度、と、鍛冶屋の仕事を代々伝えてきたという意味があるそうで、記念の鉋にピッタリの銘です。

使用する鋼は火神、健介でも使用されている欧州青鋼(スウェーデン青鋼=特殊鋼)で鍛接の後5回鍛錬をして不純物を追い出し鍛えに鍛えた後、炭焼き入れをした品。

この品には山本鉋製作所の歴史を書いた、鍛冶四代百年史が付属しています。

鍛焠火伝台入の価格

台入り桐箱入

桐箱、台入り

鍛焠火伝台無の価格

鉋刃と共裏、桐箱入

鉋刃と共裏、桐箱入
大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 080-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

スウェーデン青鋼

この鍛焠火伝に使われているスウェーデン青鋼は、日本国内にない昔の古い製法で鉄鉱石から木炭還元された銑鉄から作られた鋼です。
他のページでも書いていますが、昭和の時代にスウェーデンに研修に行った際に、三木の鍛冶屋がストラ製鋼所に行った時に日立金属の青紙1号と似た元素配合で注文した鋼です。
スウェーデンは古くから有害な不純物が少ない優秀な鉄鉱石が採掘され、製鉄事業が盛んで、ストラ製鋼所の他にアッサブなどのメーカーがあります。
有害物質の少ない鋼は元素同士のつながりが強くなり、結果粘りがある長切れする鉋になります。

鍛冶四代百年史

山本鉋のルーツを辿る文章で明治から現代へと移り変わる中で和鉄から洋鋼へと鋼も変わり、戦中戦後、高度成長期を経て現在に至る鍛冶屋の仕事ぶりが綴られていて、私もその時代に入ったよな気持ちになれた百年史です。

鉋関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

ストレートエッジ400片刃

狂いの来ない鉋の下端定規、台下を良い状態に保つための必需品、調子よく削れない時は、まず確認。
金床 鉋刃の叩き出し用

金床

刃裏の叩き出し、裏金の耳曲げなど鉋の調整には必ず必要。安価ですので是非備え付けて下さい。
鉋袋二重刺子

鉋袋二重刺子

大事な鉋の下端と刃先を守るための丈夫な収納袋。 他の道具と触れて傷が付くのを防ぎます。

プレゼントコーナー

大工道具プレゼント

店主作の鉋仕込DVDなど1万円以上ご購入時に選択

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑