TOPページ大工道具、毛引コーナー>現在ご覧のページ


割り毛引

筋を入れる言もできますが、名前の通り板を割る事ができるのが割り毛引きです。毛引きの中で一番大きなタイプになり以前は建具職の方が組子を割って巾の揃った組子作りなどに使用しました。

割毛引きは、他と比べて全体が大きく、各部太く、大きく作られ、強い引きや押さえにも耐える構造をしています。

針葉樹の薄板なら両側から刃を入れれば簡単に同じ幅に板を割ることができます。

刃の幅は15ミリで筋を一番深く入れる事ができる毛引きでもあります。定規になる台の部分に段欠きがあるのも割り毛引きの特徴です。

(刃だけの販売もできます。)


カネタケ印毛引刃
(カネタケシルシ、モロバケヒキバ))
 諸刃 6000円  在庫有
カネタケ印の高橋和巳さんが、健在な頃に作られた品、青紙で作られた耐久力のはる刃です。諸刃ですので中心の鋼の両側に地金があります。刃先は使われる方が研ぎ下ろしてください。 厚さ2ミリ弱



優美堂、割り毛引
(ゆうびどう、わりけひき)
4800円  在庫有
竿の固定は台の手前のネジで行います。優美堂の刻印が入っています。

割り毛引きの全体


持った時のイメージと大きさが分かります。



 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ



優美堂割毛引きの大きさ、各部画像

  • 左の画像は黄色い部分は、毛引きの固定が緩くなった時に木でクサビを打ち込む部分です。販売の時点ではクサビは打ち込んでいません。打ち込んだ場合は、竿の下に突き出た場合、その部分は刃先の邪魔にならないように切り取ります。
  • 右画像の赤い点線は、刃先を欠けにくくする時の研磨線です。深く刃を材料に入れた時、刃先が欠けやすくなりますので、このように裏側も研ぎ下ろすと刃先が欠けにくくなります。
  • 2段目画像は割り毛引きの大きさが分かるように定規を置いています。

店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓
大工道具プレゼント