大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
鉋の薄削り「削ろう会」

TOPページ >鉋、削ろう会

鉋、削ろう会

平成9年に生まれた削ろう会も平成21年秋で代24回を迎えました。
最初は薄削りを遊び心で競う削ろう会も現在では大工道具を扱う方の一大イベントに発展したと思います。

今でも最初の趣旨と変わらず、いかに鉋屑を薄く綺麗に出すかと言う薄削りに変わりなく、毎回多くの参加者で会場はにぎわっています。
数値的には2ミクロン、3ミクロンと言うもう限界に数値も見ることが出来、最終的には薄く削れているのに計測器は0を示すだろうと言われています。

年二回の大会では二日に渡り講習、実演や薄削りが行われます。
又、鉋鍛冶、鋸目立てなど多くの大工道具職人のブースが設けられそれらの販売を行われています。

会場で話しかければ多くの方と友人にもなれ、技術向上、情報交換も盛んに行われています。
あなたもぜひ、削ろう会に参加して見ませんか?? 見学は自由で上記情報交換などは参加せずとも行えます。

それと地方の削ろう会も地域別にミニ削ろう会として行われており、私の住む九州でも、福岡、大分、宮崎などで毎年一回づつ行われています。

削ろう会全国大会

第28回 削ろう会 宇和島大会

平成24年11月10日(土)〜11日(日)
宇和島市総合体育館 (大競技場ほか、1Fエントランスホール)
愛媛県宇和島市弁天町2丁目1-27
問合せ、宇和島市商工観光課内  TEL:0895-24-1111  (内線 2751)

第26回、削ろう会廿日市大会
広島県で平成22年9月18日、19日に行われる全国大会の案内です。
久々の西日本での削ろう会、西日本の方、よい機会ですので、
お出かけ、ご参加下さい。

第22回与板大会 第22回与板大会
第八回に続き二回目の大会。大工道具の町だけあって、実演も多く実際指導も受ける事が出来て勉強になる大会でした。
この大会で私は久しぶりに鉋削りの方に参加し、薄削りを一日中楽しみました。

第23回削ろう会東京大会 第23回削ろう会東京大会
東京で行われた削ろう会、会場は幕張の高度ポリテクセンターでした。
この大会で私は大工道具の展示の方にいましたので、削りは行いませんでした。

その他の全国大会は私の木工の方のHP、木の工房花みずきの方に同じコーナーがございますので
後ほどご覧下さい。

九州のミニ削ろう会

ミニ削ろう会IN久留米

 ミニ削ろう会IN久留米

次回開催 開催日程 2018年5月20日 9:00 - 16:00

主催    福岡県筑後地方建築技術者組合青年部
会場    福岡県立久留米高等技術専門学校
       福岡県久留米市合川町1786-2

福岡ミニ削ろう会

こちらは3月〜4月頃に東区の職業訓練校で行われていましたが現在は行われていません。久留米の方で福岡は行われています。

参加者も多くにぎわっています。

乾燥した季節ですので薄削りは毎回数値は皆さん伸び悩んでいます。 

大分削ろう会 大分削ろう会

毎年6月に大分の職業訓練校で行われています。湿度も上がった時期で良い記録の出やすい会場です。 参加者も多く活気があります。高速道路のインター近くで交通アクセスも良いところです。別府温泉にも近いです。会場には超仕上げ鉋盤もあり、削り材の表面の通りが悪くなったら削り直せます。

宮崎削っちみろ会 宮崎削っちみろ会

11月の終わり頃に宮崎の職業訓練校で行われています。
参加者は大分大会ほどではありませんが、常連さんも多く直ぐに友達になれるでしょう。現在は行われていません。

前日の夜は近くの居酒屋で懇親会もあり、仲間内で鉋の話や、大工道具の話しや仕事の話など話題豊富に話しています。

「削ろう会」とは

削ろう会が誕生して20年です。全国大会は年一回どこかで開催されます。ミニ削ろう会も各地域、独自で開催されています。

この会は台鉋を使って、出来るだけ薄く、出来るだけ幅広く、出来るだけ長い、鉋屑を出そうという探求心から生まれました。

削ろう会と聞けば敷居が高くなっている方もいますが、削ってしまえば皆、仲間。
気兼ねなく言葉を交わせる仲になります。年配の方も若い方も多くの技を持ち、太古から受け継がれた日本の木の文化を守り、その技を高度に習得して次代に伝えようとする、技術習得の場に大いに貢献しています。

誕生して20年になりますが、国内で職人が減る中で会員数の維持ができています。
薄削り参加者は1000円〜2000円で参加でき、見学や講習会を見る事は無料で、営利団体とは違います。


大会を開催する意義

その地域で開催する事により、参加、見学者、行政、マスコミへと、日本の木材の良さ、大工建築の高い技術を持った多くの職人がいる事を知ります。
そして、これから家を建てようとする方には、日本の在来工法、木材への関心を高め、将来施主となる方の関心を高めます。

将来的な後継者の育成にもつながり、将来大工になりたいと思う人も必ず出てきます。
そのための子供たちの関心を引くイベントも用意し、削りに参加しない家族でも楽しめる大会で、次世代の職人開拓の場です。

参加するうちに友人もでき、交流も盛んになり、就職へとつながっています。
鉋での薄削り、手斧、鉞、槍鉋、そんな道具の使い手を実際に見ていると、職人が職人として自分を誇れる場です。

大会でのつながりは、各地のミニ削ろう会へとつながり、継続して職人の更なる技術の向上につながっていきます。

技術の伝承の場

削ろう会に行くと直ぐに分かるのが、圧倒的に若い方が多い事です。
それだけ、上手くなろう、技術を身に着けたいと思う方が多いのです。
職人が減る現在、熟練工がその技を若い次の世代に伝える場で、技術の伝承に大きく貢献しているのが削ろう会です。

削ろう会は、大工道具の使い手作りてにとっては玉手箱のようなものです。
知らない事がまだまだ多いことを知り、疑問の答えが見えてくる場。

技術の向上は、作業効率の向上、仕上がりの美しさにつながります。
研ぎ、削りは、今でも探求されています。

*杉のシラタも3分研げば光る削りができるようになる。
*幅の広い板の送り削り。節材の削り。
*鋸、鑿、槍鉋、手斧、鉞、、、、色々な大工道具の使い方を伝える場。
今では使われる事のないような道具の実演もされており、その使い方も教えてもらえ、実際に使う事もできます。

削ろう会の世界への広がり

発足から20年経った今、世界各地からの参加も見られ、世界にも削ろう会が広がっています。

サンフランシスコ、ニューヨークでもミニ削ろう会が開催され、薄削りや日本の大工道具の使い方などのセミナーを通じ、世界の方に技術の伝承が行われています。

又、削ろう会のつながりから、ヨーロッパ各国へ招待される職人さんもいます。
日本では衰退する大工道具も、世界では逆にその使い手が広がっているのです。

会報の会員紹介リレー投稿

前号の久留米のYさんから依頼され会報の会員紹介リレーを各事になりました。この文章は2017年の9月の削ろう会会報へ掲載される文面です。

私の父方の祖父は、削り台と道具箱だけで建具屋を立ち上げ、父も兄弟と共に後を継いだ建具職人です。母方の祖父も指物師で、数寄屋作りの邸宅の池にかかる屋根付きの太鼓橋をかけたり、箪笥や彫り物まで一人でこなす職人だったそうです。そんな血筋からか私は幼い頃から建具の端材を切り、鑿で削り釘を打ち想像した物を自分の手で作り出す楽しさを知り、遊びの中で大工道具を使う基礎も自然に身についたようです。

父の後ろ姿

父の建具を作る光景は機敏で無駄が無く、道具を使う手つきは正確で子供ながら見入っていたのを覚えています。父の背中を見て育った私はパイロットだったはずの将来の夢は、いつの頃からか建具屋になったのです。中学になると、夏、冬休みには強制的に父の職場に連れて行かれ建具製作の手伝い、現場の小取りをさせられました。今になって思えば亡くなった父に削ろう会を見せてあげたかったですね。

鉋の疑問から大工道具屋へ

高校卒業後そのまま就職し建具製作を覚えました。手柴建具店は仕事が綺麗な建具屋です。分からない
事を聞くと的確な答えが返ってくるのですが、鉋に関してはそれぞれ答えが微妙に違いました。私はどうしても鉋の疑問について納得いかずいつも大工道具を購入していた、大川市の志岐大工道具店で聞く事にしました。
当時はインターネットもなく、削ろう会も有りませんでしたので、詳しい方に直接会うしかないのです。
その店は当時九州では有名な鉋に強い店で直ぐ使いの鉋がずらりと並んでいました。ご店主に鉋に悩んでいた疑問にうついて話すと的確なアドバイスをもらい、その通りに調整すると鉋が別物に生まれ変わったのです。引きは軽く、建付けで思うままに削れ格段にスピードが上がり、疲れも減り自分の技術が一段上がったのを体で感じました。

それからは鉋にのめり込み更に探求するようになり、志岐大工道具店に通うようになりました。目の前で手掘りの台打を見せてもらい、毎晩台打ちし翌日仕事で使う事が楽しくなり、大工道具全体の奥深さに魅せられていきました。そしていつの頃からか大工道具屋をやると決めたのです。8年間のバイクライフに終止符を打ち、愛車を売り払いそのお金で宮崎県都城で赤樫の丸太を買い、鉋台に製材しました。周りは何を考えてるんだと思っていたでしょうけど、私は本気でした。

大工道具店の開業

道具店の開業については削ろう会の世話人をされていた故松田豐先生と知り合う機会があり、多くの方をご紹介頂き開業できたのですが、大工道具の商売は簡単でない事を直ぐに痛感しました。一番ショックを受けた言葉が「今頃鉋を売っているのか」と言われたのです。もはやそんな時代では無いと大工道具について現実を突き付けられ落胆しました。この頃が私が一番苦労した時期であり人として成長した時期かもしれません。

1999年インターネットを始めると直ぐに、売る側と買う側を結びつける強い力がある事がわかりました。買って頂いたお客様から、代金と共にお礼の品が届く事が何度も続いたのです。聞いてみると自分が住むところには無い良い品だから嬉しいとの事。それからは昼間は家具製作など木工業、夜はネットの世界で大工道具を売る日々。
まさに二束のワラジ履く生活でした。いつの間にか家具製作と大工道具の販売の比率が逆転し、どちらが本業かと聞かれますが、もちろんどちらも本業です。

ホームページを持っていると、たとえその内容が実際やってみれば簡単に分かる事でも多くの質問を頂きます。インターネットの出現により疑問はまず自分で考えて解決するのではなく、ネットから簡単に引き出すものと思っている方が多いようです。もちろん鉋についても自分でやってみて分からない事や疑問に思う事は削ろう会などで聞かなければいけませんが、今の日本はまず自分で考えやってみるという力が減少しているように思えます。資源の無い日本に技術が無くなってしまったら何で発展すればよいのでしょうね。人手不足が現実になった今、職人になっても仕事がきついと直ぐ辞めてしまうなど、楽な仕事を希望する人が増えていく傾向は残念です。

削ろう会との出会い

削ろう会については当初小規模な集まりが数千人規模の大きな集まりになりました。薄削りを競う場、技術や伝統継承など、学びである削ろう会の意義は大きく、私も第8回の与板大会からほとんどの大会に参加しています。
削ろう会では多くの方々と巡り合い、道具を使う側として、また販売する側として多くの事を学んでいます。
鉋を購入されたお客様を削ろう会へお誘いすると、興味はあるけど上手くなってからとか、見学だけとか、敷いが高くてなどと言われ残念に思います。薄く削る事、それは研ぎや調整、削り方などの鉋の基本を追求した結果でもあります。
この応用が色々な加工場面に生かされる事を、木工業に携わる私は実感しています。よく見てい
くと手道具の切削理論は木工機械の基礎となっている事も見えてきます。手道具を使いこなすことは、木工機械や電動工具を使いこなす事につながり、綺麗な加工は工期短縮へとつながります。

日本の伝統技術の継承は、人口減少、熟練技術者の退職、後継者不足などにより消滅の危機を迎えています。削ろう会はそれを防ぐ大きな役割を担っている数少ない集まりです。多くの地域で全国大会を開催し多くの方に賛同会員を増やし、参加して頂きたいですね。




 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ