大工道具の曼陀羅屋
大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
TOPページ >大工道具鍛冶紀行

大工道具鍛冶紀行

このコーナーは私が訪ねあるいた大工道具を作る鍛冶屋さん、メーカーなどを掲載していきます。
このHPを見ていらっしゃる皆さんはなかなか製作の過程や作っている工場を見る事ができない事と思います。


日本になる大工道具産地は新潟県の三条、与板を中心とする地域。それと兵庫県三木市(播州)と、
あとは東京になります。どの産地も武将がおいた刀鍛冶から発達した道具産地なのです。

東京は意外だと思われるかもしれませんが、江戸幕府がおかれた時から栄えた大きな町です。
多くの火事や地震それに第二次世界大戦などで何度も壊れた再建された町です。
その再建に必要だったのが大工道具で、その需要と生産は産地として大きい要因でした。

馬場正行

馬場正行氏は玄能を作って40年あまり、師匠はあの有名な玄能鍛冶の長谷川幸三郎氏。
現在では鋼付きの玄能を量産できるのはただ一人になってしまいました。
その他、小刀から鉋まで作る大工道具の鍛冶でもあります。
作り出す作品には使う時に分る力強い耐久力があり、本人の言葉や作業風景から伝わってきます。
玄能鍛冶馬場正行

鉋鍛冶、水野清介

新潟の伝統工芸氏の一人でもある水野清介氏。鉋からナイフまで幅広く製作する鍛冶屋さん。
削ろう会の会場でもよく見かける方です。削ろう会の会報でも知足鉋が紹介されました。
下記画像は鉋の成形の画像で邪魔にならないようにそっと後ろからシャッターを押しました。

作業場の表には鉋ようの地金が山のように置いてあります。
鍛冶屋さんの仕事を知らない方は、ただのくず鉄に見えるかもしれませんね。
でも今では貴重な鉋に適した地金何なのです。

小森小鉋製作所

小森さんの作業場は与板の商店街がらちょっと入った所にあります。
小森小鉋製作所さんでは大工道具の中でも鉋専門の鍛冶屋さんで特に小鉋を中心に製作されています。
こちらは表から見るとっ鉋鍛冶屋さんとは分りませんが、裏手にまわると
タン!タン!タン!とスプリングハンマーが鉄を叩く音が聞こえてきます。
中では三人の方が作業していましたので、スプリングハンマーとグラインダーが鉋を削る音が聞こえてきます。
小森小鉋製作所さんでは大工道具の中でも鉋専門の鍛冶屋さんで特に小鉋を中心に製作されています。

直使い鉋の安兵衛

台屋安兵衛さんの作業場は三条の町の中にあります。ご自宅の横に作業場あり、ほとんど手作業で鉋台を作っておられます。機械が無かった頃はすべて手作りなのです、つまり機械を使わず鉋は作る事ができる構造なのです。
安兵衛さんのところでは以前はご自分のお父さんとお二人で作っておられたそうです。
手作業で作るため機械はほとんどありませんが、一つづつ微妙に寸法が違う事にも手作りのため対応でき、きっちりとした物が出来上がります。
背中さみしそうに見えますが、まったくそんな事はありません。
色々な深いお話ができました。

重房親子

重房事、飯塚さんには二人の跡継ぎがおられます。大工道具の業界では親の後を継ぐ方が少なく後継者がいないのが悩みなのです。
そんな中で息子さん二人が後を継がれているところは稀だと思います。

重房さんの主力は手打ちの庖丁ですが、小刀、槍鉋などの大工道具も作られています。
美しい仕上がりは、丁寧な手研ぎによって
お伺いした時は丁度OA機器の入れ替えでゆっくりお話を聞く事ができませんでしたが、職人さんの手を長く止める事はいけませんので、お聞きしたい事は多く有りましたが、また三条を訪れた時の楽しみに取っておこうと思いました。
今回の訪問では荒研ぎを拝見しましたので、次回は鍛冶場を拝見したなと思っています。


元寿舟弘

舟弘さんが住んでおられるところは、水野さんや小森さんと同じ、新潟県長岡市の与板です。
与板と言えば昔から大工道具を作る鍛冶屋さんが多く住んでいるところで元寿舟弘事、船津さんをはじめ沢山の大工道具を作る銘工がいる町です。
それとここ数年はNHKの大河ドラマ天地人の舞台でもあった町で、街中には城跡もあります。

伺ったのはこれで三度目になります。丁度手を休めておられましたが、せっかく来たんだからと炉に火を入れて
鑿の地金と鋼の鍛接の実演を見せて頂きました。

その後、試し使いを見せて頂いたりと時間の許す限り色々と勉強させて頂きました。



お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
注文からお届けが早い!