大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について

大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
鉋台の口埋め

TOPページ >鉋の口埋め

鉋の口埋め

鉋台は台直しを何度もするちに刃口が広くなっていきます。鉋台の刃口が広くなると引きが重くなったり、何により逆目が止まりにくくなってきます。

そんな時は刃口を他の木で埋めて狭くして、鉋の刃口を元の状態に戻します。その方法にはいくつかありますので紹介します。紹介した文章の下に私がお勧めする刃口の口埋めの方法の手順を説明します。


鉋の台の口埋め方法の種類

左側の鉋
  • 鉋台が薄くなったため、刃口が広がり、口埋めと厚を厚くするため、樫材を貼り付け台を厚くし口を切りなおした物で比較的簡単です。
  • 下端の、鉋刃口台頭の部分に割れが入っている時などはきわめて有効です
  • それと刃がゆるくなった時も、台が厚くなるのですから、台が厚くなった分仕込が硬くなります
  • 材料は台の広さが必要です、薄い材があれば大丈夫、厚い木を下端外側に当ててFクランプなどで圧着する 、一度、鉋台下端は平面を出しておきます 。画像は白樫より硬い赤樫を貼り付けています
中央の鉋
  • 鏡(鉋の刃の反対側の斜めの部分)の下のコッパ返しを、一度台の刃口角まで鑿で落とし、その屑溜まり側面に蟻溝を付けて、口埋め材のコバに蟻溝と同じ角度に加工し差し込む方法
  • 最初加工するには時間がかかりますが、次に口を狭くする時は口埋め材を、深く差し直せば、自然と口は狭まり、余分な口埋め材が、鉋台下端に飛び出るので、その分削れば良いので、後からは楽です
  • 口埋め材が鉋台下端になる部分は、コグチになり、鉋台の刃口部分の減りは少なくなります
  • 欠点は加工に手間と技術がいります。
  • それと長く(何年も)使っていると、どうしても口埋め材がゆるくなる傾向があります
  • 天候により、口埋め材を台の木の通りに対し、斜めに口埋め材を差し込むので湿度の変化により、若干段差ができる場合がありますので、その時は台直しで対応します
  • 口埋め材は、台上端から長く出るように作っておきます 長さ15センチぐらい 長い方が鉋で巾を削り易いですし、先元で巾のテーパーが付いているので、差し込んだ時、硬く止まったところで、上下を切れば良いのです、最初から丁度の長さに作っても上手く行きません
  • それと良く乾燥した口埋め材を使います、口埋めする鉋台も先と元でテーパー(滑り勾配)を付けます
  • 鏡(鉋の刃の反対側の斜めの部分)の下のコッパ返しを、一度台の刃口角まで鑿で落とし、蟻加工なしで口埋め材を口の直ぐ上だけ接着し、上部をネジ締める方法は、上記の段差が起こる事はありません、再度口を狭める場合は、ネジをはずし、間に鑿を入れ、接着材を引き剥がし、口が狭まるよう位置をずらし、再度接着、ネジ締めしてもいいです、口入れ材が緩む事はありません。屑溜まりの巾に口埋め材を作れば良いので楽です
右側の鉋
  • 口の部分をトリマで彫り、最小限埋めて、刃口を狭める方法。
  • 加工手間はかからないが、再度狭める時は、同じ事を行う。
  • 加工面積も狭い。
  • 口埋め材を、台の横方向に蟻掛けして、通してしまう方法もあるが、台に溝を横に通してしまい、台が薄くな事と、同じであるのでお勧めしない 。


お勧めする鉋台の口埋め方法

この方法は私が推薦する上記の右側の方法を加工手順を追って説明したものです。
加工難易が低く、加工時間、材料が少なく、木の性質に逆らわない方法ですのでお勧めできます。
埋める木と、彫った様子

台を掘って埋める

埋め木は、硬い木の同じ白樫や、それよりも硬い黒檀などです、黒檀は台下刃から鉋の刃先が黒く見えて、黒檀と重なり刃先の見え方が見えにくい時があります。白樫の方が見やすい。

埋め木は幅は台の刃口巾に合わせ深さは8ミリ程度、長さは10〜15ミリ程度です。大きさはお好みで良いと思います。

埋め木材は掘る深さよりも厚くします。

トリマにストレートビットを取り付け深さを決めます。トリマで取れないところ、直線部分は鑿を使います。
接着剤は強力なので、埋め木の両端は蟻にせず真っ直ぐで問題ありません。
埋め木をしたところ

口埋材の接着

接着材は木工ボンドなど、油台の場合はシンナーで接着剤の付く部分を脱脂してから(シンナーを十分に染み込ませ、その後エアダスターなどで素早く揮発させます。接着剤が付き易い様にします、油台の場合、接着剤はエポキシ系などを使います、硬化速度が速い物の方がこの場合は作業が早く進みます、また、硬化速度が速い物の方が、あとで台直しをする場合など鉋刃を傷めにくいようです。

塗布後、隙間が無いように楔で埋め木を寄せます。
養生してクランプで押さえます。

口埋め後の養生

楔で寄せた部分を今度は上からも押さえてFクランプなどで養生し台に密着させます。

接着剤が乾くまでは十分養生しましょう。

あとで外れて浮いていると、鉋を削る時に調子が悪くなります。
鉋での銘違い削り

鉋で目違いを削り取る

接着剤が乾いたら台下端面まで、埋め木が出ている分を鉋で削り取ります。

画像で分かるように鉋を斜めに持って削ります。出てきている鉋屑でも分かります。

そうしないと、埋め木の角がむしれてしまい、角に隙間が生まれます。

終盤の鉋削りは刃を少なく出して丁寧に作業しましょう。
刃口のライン

刃口のライン

目違いがなくなると刃口の線が分かりやすくなります。

矢印の押さえ溝の角が刃口のおおまかな仕上がりになります。

この線に合わせて次の工程の治具を取り付けます。

ここでこの線を割り込まないように鑿で大まかなところを取っておいても良いでしょう。
鑿を使い刃口を切る

刃口の仕上げ

治具をFクランプで固定して鑿を使い少しづつ削ります。

治具は最初から上記矢印の線まで合わせるのではなく、埋め木の先端から1ミリぐらいづつ鑿で差して鉋の刃先が出る刃口まで削っていきます。

そうしないと、硬い樫の木、黒檀は削れません。

刃口まで鑿で広げたら、鉋刃の先を刃口まで出して、刃口の開き方を確認し、狭いようならば更に治具を固定し直し鑿で広げる作業をします。
口埋めの完成

口埋めの完成

鉋の刃先と刃口が平行になる事を確認し試し削りして削れる事を確認しましょう。

刃口が狭くなるので鉋屑が上がってこない時があります、鉋屑が詰まったり上がらない時は裏金の二段研ぎの量を減らす、角度をかえるなどして対処します。

刃口は0.5ミリ程度でも裏金の条件を満たせば鉋屑は上がってきます。


コニシクイック30

砥石と砥石台の接着などに使用します。混ぜ合わせて30分経ってから硬化が始まります。硬化後の体積変化がほとんどありません。


鉋刃口用「口切り鑿」 口切鑿

開けにくい包み台の鉋刃口、コッパ返しの仕上げ専用の鑿が口切鑿で刃先の厚みが薄く包み台の狭い刃口でも仕上げる事のできる。鉋台を打つ場合、手鋸で仕込み勾配を挽いた時の修正にも役立ち、ハンマーヘッドシャークのような形が特徴、お客様から高い評価を頂いています。 


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06,odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!