TOPページ鑿コーナー>向待鑿(のみ)販売ページ

向待鑿(のみ)販売ページ

ホゾ穴掘りや深い穴開けに威力を発揮するのが向待鑿で、刃先巾が口金まで同じ巾で出来ていますので、深い穴を加工できます。 この鑿で建具のホゾ穴を両側から開けて貫通穴として、ホゾが反対側に出てからクサビを締め込み抜けないようにしました。

機械の無い時代は木工のホゾ穴用の鑿で、主に建具職、家具職の方が使い、現在も技能検定を受ける為に揃えらます。

穂(刃)の甲の厚みは高めで幅の狭いサイズでも強い強度を保った品です。 追入より長めで一回り太い柄が付いていて握り易く、ガンガン叩けるようになっています(向待ノミの一般的な長さで製作)。

向待鑿4種類

向待鑿のサイズ1分刻で5分まで、それより大きくても6分ぐらいまでです。刃先から口金まで同じ巾で作るのがこの品の特徴ですので、形状的にそれ以上は無理です。
現在この鑿を作れる職人が大変不足していますので、販売できる品がだいぶ限られています。

販売商品

大内作、向待鑿(おおうちさく)

正確な寸法に製作されていますので、技能検定に最適です。

  • 1分(3mm) 14000円 入荷待
  • 2分(6mm) 14000円 入荷待
  • 3分(9mm) 14000円 在庫有
  • 4分(12mm) 14000円 入荷待
  • 4サイズ同値
善正作、向待鑿

善正作、向待鑿(ぜんしょうさく)

1分〜3分巾 1分刻みで製作ですが、現在は入荷未定です。

  • 入荷未定

正繁作、向待鑿(まさしげさく)

播州三木の正繁作安来鋼、白紙2号炭焼入、白樫柄 。ご本人は亡くなられましたので、現在在庫のみの販売です。
  • 1分 10300円 在庫有

高橋和巳作、向待鑿(たかはしかずみさく)

1分〜4分巾 1分刻みで通常在庫。播州三木の高橋和巳作安来鋼、白紙2号炭焼入れ、白樫柄、現在超多忙で製作には至っていません。

  • 4分 16400円 在庫有

向待鑿(のみ)構造

画像は善正作ですが、どのノミも同じような構造をしています


鑿(のみ)の巾よりも厚みが厚く、叩いても丈夫な構造です。

向待鑿の穂先の拡大

下端は、口金、コミの部分まで真っ直ぐに仕上がっていますので、奥まで正確に掘れる作りです。

向待鑿の側面

巾も同じように向待鑿(のみ)は口金、コミの部分まで同じ幅ですので深く掘る作業に適しています。1分幅の長いホゾで貫通穴を掘る事はないので、1分に関しては口金の付け根まで同じ幅で軸の部分を作る事はなく、口金付近になると幅をやや膨らませて、耐久性を上げる構造になります。

向待鑿の使い方

時代背景

それでも使われた場合の状況

現在の使い方

発展型の向待鑿



大工道具の曼陀羅屋について

店主は建具職人歴12年修行し独立して 無垢の家具製作と大工道具の販売の 二足のワラジを履いて25年以上になります。 長崎県佐世保市に実店舗を構え、ご来店の際には商品を手に取ってお買い求めできるようにしております。

詳しい案内
大工道具、ご購入案内

お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198

簡単メール注文
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)