TOPページ鑿コーナー>このページ

元寿舟弘作山蟻鑿

蟻部分の加工時は中ほどは厚(叩)を使って掘り進み、蟻隅の加工の時に使うと良いでしょう。コバの角度は他鍛冶屋の品より寝かせ気味で、本人の作風が伝わってくる全体的な仕上げ
与板の鑿鍛冶、元寿舟弘作
手打ちハカマ、槌目カツラ付、幅1寸

販売価格

 大工道具、ご購入案内 
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 080-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

全体の長さ

山蟻鑿は他の構造材用の叩き鑿よりも少し長く作られるのが一般的です。これは太い桁や梁の蟻掛けに対応するためです。

蟻溝に適したコバの作りになっており、角が薄いので、蟻加工専用としてお使いになり、前後にゆするような使い方はしないでください。

山蟻鑿の各部寸法画像

鑿の関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

ベアリングプーラー

一個あれば全サイズの鑿の下がり輪(カツラ)が傷を付けずに簡単に外せます。
皮鑿巻

皮鑿巻

破れにくい皮鑿巻で刃先が欠けないように守り、一目でどのサイズが分かります。

下り輪打  

全サイズのノミに使えます。下り輪打は是非お買い上げ下さい、楽に打ち下げる事ができます。
 プレゼントコーナー 
大工道具プレゼント

店主作の鉋仕込DVDなど1万円以上ご購入時に選択

大工道具の曼陀羅屋について

 大工道具、ご購入案内