TOPページ鑿コーナー

鑿についての質問と回答

Q、善正の鑿の柄にかけてあるのは、蝋でしょうか?
一つお聞きしたかったのですが、今回買いました善正の鑿の柄にかけてあるのは、蝋でしょうか?
持っている他の鑿に蝋が塗ってあるのですが、
ある程度使用していますと、柄にかけてある蝋のつやが消えてしまいますが、
その場合、もう一度蝋を塗ってやった方がよいのかどうか、
また、蝋も種類があるようですが、柄には何蝋がよいのか、教えて頂けないでしょうか?

A、
お問い合わせの件ですが、鑿の柄に塗ってあるのは蝋です。
本来なら、何も塗らない方が手がすべらずに良いのですが
お客様の手元にお届けするまでの汚れを防ぐため、蝋を塗るのです。
ニスのような物を塗ってある物もありますが、使ってもなかなかはがれずすべってしっかり握れません。

ですから曼陀羅屋の鑿は全て、はがれやすい蝋にしてもらっているのです。
汚れやすいですが、気にされずにはがれたままお使いください。

又、何かご質問ありましたらご連絡ください。よろしくお願い致します。 
Q、鎬鑿ってどんなのを選べば?蟻とかの・・・?

A、
鎬鑿については、蟻や、ダブテールの加工に使われると思いますので
曼陀羅屋の埋め木鑿がお勧め、側面の角が尖っているのってなかなかありません。
サイズは6ミリ、9ミリ、12ミリがあれば大丈夫です
それより大きいサイズは側面の角度が低くなり、
つまり鑿断面の三角形の頂点が低くなり、刃先角が欠けやすくなります
追い入れ鑿で入らない部分を鎬鑿つまり、埋め木鑿で取れば良いです。
鎬鑿で10本組を揃える場合は、幅が広いサイズは無理しないように使わなくてはなりません。  
Q、三つ裏と、普通の裏は具体的にどう違うのでしょうか?

A、回答
当曼陀羅屋のラインナップに三つ裏が無いのは、意匠的な部分が強く実用的とは言いがたい部分があるからです。
それでも利点は、巾の広い鑿で、鑿の巾以下の狭い材料を突く場合、一枚裏のように浮いている部分が無く、安定して突ける利点です。
欠点は、裏の平面部分が、裏押しするほど広くなり、裏押しがし難くなり裏透きが早くなくなる点です。

一枚裏のように浮いている部分が無く、安定して突ける利点は狭い材料ならその材料の巾に合った鑿を使えば良いので一枚裏でも良いと思います。
三つ裏、一枚裏と比べると、一枚裏の方が使い勝手が良い鑿と言えますね、値段も安くなりますし、、、、

ご職業が大工さんであれば、コバの尖った追い入れ鑿は
一般的な埋め木鑿(鎬作り、添付画像、画像は磨きです)が良いと思います。
大工さんは、やはり家具製作などよりも強く叩きますし、端が綺麗に取れると言う利点はありますが、その分確かに大工さんの使いでは弱くなり気を使いますよ

一枚裏と、コバをと尖らせない分のご予算で浮いた分を使い
コバを尖らせた埋め木追い入れ鑿4分を足されたらいかがでしょう??
↓ ↓ ↓
http://www2.odn.ne.jp/mandaraya/2a-5.htm  
Q、青紙の鑿と白紙の鑿はどちらが良いか?

A、回答
一般的に鑿は白紙で良いとなっています。それは鉋のように持続的に磨耗が起きないためです。
ただ、青紙の方が粘り強い事は間違いなく、硬い木を使う方は青を使う方も多いです。
一般的に白紙より研ぎに時間がかかると言われる青紙も最近の人造砥石の技術向上により、研ぎにくい事はあり得ません。 
Q、木工作業で追い入れ鑿と木成平待鑿はどちらが良いか?

A、回答
追い入れ鑿は小ぶりで取り回しが良く、短く薄鑿、木成よtり太い作りは、ガンガン叩いて使う仕事に向いていますね。
長い木成平待鑿は裏が平坦で定規面になり、深く平面を差すには重宝しますし、追い入れより長めで太目の柄は持ちやすく疲れません。

例えばホゾ穴を手加工で掘る時はまず、追い入れでガンガン荒掘りし、仕上げに平待鑿を使います。
手で差してもいいし、堅木の場合は叩いても使えます。 
Q、鑿研ぎを上手くなるコツ
鑿を研ぐとどうしても丸刃になってしまうのですが、どういったことを意識すれば上手く研げるようになるでしょうか?
砥石は手柴さんのやり方を真似て、GC砥石やアトマを使い平面維持には気をつけています。鉋よりも砥石に接する面積が少ない分安定しないからだとは思うのですが・・・。
そうですね、やはり鉋のように安定するシノギの面積が狭いためで、
狭い鑿ほど安定しにくく、シノギ面が崩れやすくもあります。

A、回答
まず気をつける事は、研ぐ時のストロークで、刃の幅の三倍がストロークと言います。
3ミリの鑿なら、ストロークは1cm
ただ、30ミリの鑿で9cmはちょっとストローク長いかなと思います。
そして、砥石全面で研ぐように少しづつ、ずらして研ぐのです。

私も鑿の研ぎは上手い方ではありません。
それでも平面に研げるようにシノギ側はシャプトンの黒幕#1000を使っています。
硬く研磨力が強研ぐ時間が短くて済み、シノギ面が崩れにくいのです。
逆に修正もしやすいです。
崩れた面は、研ぐ毎に少しづつ直しましょう。
又、しのぎ面の刃先とシノギの終わりの中間部分にグラインダーで丸くなった部分を透き取るのも
一つの手です。

少しづつで良いので直していきましょう、あとは経験だと思います。 

当曼陀羅屋の鑿の販売ページはこちらから → 鑿コーナー
鑿の保管 
 
長期の保存で鑿が錆びないためには、まずは洗剤でよく刃物を洗うことです。
一見乱暴に見えますが、塩分、ほこりを表面から綺麗に取り去るためなのです
表面に付着したこれらの物質で錆が起こるのです、その後は完全にふきあげて乾燥させます。
その後防塵油を塗ります、椿油やシリコンスプレーを一度油坪に吹き込み、気化熱で冷えた油を常温に戻します。
そのまま吹きかければ、気化熱で刃物表面が冷え、刃物表面に油とともに、水分も呼び寄せるからで冷えたコップに水滴が付く原理と同じです。

又は鑿の長期の保存なら、刃にクリアラッカーをどっぷり塗ります。
表面をコーティングしてしまえば、錆びつまり酸化は起こりません、酸素がありませんから。
剥がす時にはラッカーシンナーで綺麗に剥がす事ができます。クリアラッカーは薄めて塗ります。

それと同時に防錆紙で包みます。防錆紙は手軽な所では、Zソーのビニールパッケージです、読むと防錆加工と書いてあります、捨てるののはもったいないです。又は、玉鳥のレザーソーの包み紙、茶色い防錆紙に包んであります。

鑿の刃先が欠けないように木箱に入れます、湿気を吸いますが中までは伝えません。木箱の中には吸湿材を倒れないように入れておきます。

保存は木箱に入れず皮製のノミ巻きで巻いただけではいけません、皮は水分を吸収します、皮のノミ巻きはあくまで、携帯用だと考えてください、皮製を使う時は木箱に保管しましょう。
布製より、皮製の良い点は、刃先により布製は皮製より破れやすい点です。

鑿の保管するところは、鴨居より上では熱気が窓から逃げ難く、高温になりやすく、ノミには問題ありませんが
鉋台によくありません。梅雨時期でも晴れれば高温になります、5月〜10月は注意が必要です。

足元は湿気がたまりやすいです、雨の日は家の中であれ、湿度は85〜90パーセントになります。
家の中でも雨は降っていると考えた方が良いでしょう
高くもなく、低くもなく、風の通らない気温の変化の少ない場所が鑿を初めとする大工道具の保存には良いと思います

一番いけないのは、鑿の汗や汚れの付いたままで触りそのまま出しっぱなしにする事でしょう指紋の通り錆びる事もあります。
まとめて言えば鑿を綺麗に洗い、油をひき木の箱に入れ気温の変化の少ない場所に保管する事だといえます



鑿の裏についての質問 
手柴さま、みんさんこんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。
裏についてお尋ねしたのですが、鑿には、1枚裏や3枚裏などありますが、見た目以外に何が違うのでしょうか?
3枚裏を使った事がないのでわかりません。見た目以外に何か、良いところ・悪いところってあるのでしょうか?

鑿の裏についての回答


こんにちは、Tさん、御返事おそくなりました。良いところは、裏透きが分けてあるので、鑿の巾より狭いところを縦に突く場合、裏透きが縦に残っているので、安定して突けることでしょうか、、、ただ、材料に合った巾の鑿を使えばその場合問題はないのです
難点は、裏押しを重ねるうちに、一枚裏よりも、砥石に乗る面積が広くなり裏押しに時間がかかるぐらいだと思います


 鑿の研ぐ時の持ち方の質問
みなさんは鑿砥ぎの時、どのように持っていますか?
私は、親方と同じように柄の所を右手で持ち、左手で刃を握るように持って研いでいるのですが、
先日、応援にこられた大工さんの研ぎ方を見て、「こんな研ぎ方もあるんだ」と勉強になりました。
その方は、右手は同じようにもたれているのですが、左手は人差し指と中指の先で刃先を押えて砥いでいらっしゃいました、皆さんはどのように砥いでいますか?

鑿の研ぐ時の持ち方の回答

こんにちは見習大工さん、私の研ぎ方も左手は人差し指と中指の先で刃先を押えて研ぐやりかたです
私の場合は木工ですので、比較的短い物が多く右手も刃に近いところを持っています。
左手で刃を握るように持って研ぐ場合は、強く押さえられ、研削も早いと思います。
押さえが強い分返りが厚く、仕上げの研磨に少し時間がかかります、そのため先だけを研磨する二段研ぎをする方もおられます。
刃の幅が狭いサイズの鑿などは後者の研ぎ方が良いかと思いますが好みのスタイルもあると思いますよ