大工道具の曼陀羅屋

大工道具の曼陀羅屋TOP

大工道具類 測定具 砥石 締め付ける大工道具 その他
包丁、剃刀 コーナー分岐

鉋についての話 大工道具に関する話 曼陀羅屋について
大工道具店の管理者情報 ご来店の方へ 〒857−0126
長崎県佐世保市
上柚木町3703

手柴外販
大工道具の曼陀羅屋
TEL/FAX   0956-46-0903

メール
cbk99780@pop06.odn.ne.jp
 
TOPページ鑿コーナー>鑿の裏押し

鑿の裏押し

平成25年7月の話、組み手を鑿で仕上げて小さい棚を作りました。巾は60センチ弱、材料は楢、材厚は25ミリで硬く厚い材料で巾が小さい棚を作りました。書き画像はその時のもの。45度の留めと組み手は隙間無く作るには一切の妥協が許されません。そこで鍵となるのが鑿の裏です、鑿の裏は定規になり組み手を隙間無く作るのため鍵です。

木に弾力があると言っても、無理やり押し付けて組み立てて、隙間を埋めようとしても無理な話で、弾力により後でそこが開いてしまいます。

正確な鑿使いと、正確な罫書きとが隙間なく綺麗に作るには必要です。

正確な罫書きは、その線上の外でもなく内でもなく、あって無い様な、線上0の点に鑿を正確に入れるのです。

その0の線は白柿で罫書いた溝に鑿を入れれば良いのですが、その後は、鑿の裏が真っ直ぐでなければ、刃先は真っ直ぐに進まないのです。

出来上がった時に隙間無く作るには鑿の裏をいかに作るかとと罫書きがカギなのです。

ここでは正確な平面の鑿の裏を作り鎬を研ぎ上げる話です。このページであなたのノミ研ぎのレベルが上がり、仕事に役立つ事と思います。

当曼陀羅屋の鑿の販売ページはこちらから → 鑿コーナー


正確な鑿の裏を作るには

新品の鑿の裏は鍛冶屋さんによっても状態は違いますが、完全に平ではなく使い手が何度か裏押しを重ねて平面を作り出します。何度かの裏押しが悪ければその後の裏透きの残り方が少なくなり、裏押しの時に平面が出にくくなります。

鑿裏の平面を見る正確な平面の出た金盤や、砥石を使えば良いのですが、これらの凹んだ物で裏を押すと真っ直ぐな平面にはなりません。

そのため、裏を押す砥石、金盤の平面が大変重要になるのです。

金盤に関しては、巾の狭い鑿では使えませんので、このページでは金盤に関しては除外します、別の機会に書きたいと思います。

上から押さえる位置も重要で、力のかけ方が悪いと刃先の方が下りずに側面の脚と呼ばれる平面の細い部分が先に下りてしまい、刃が減らないうちに裏透きが無くなってしまうのです。

番手が高い砥石や、研磨力が弱い砥石でうらを押すと、鑿の裏が下りるよりも、砥石が凹んでしまう方が早く裏が丸く歪む事になります。、長時間研いでも思ったほど平面にはならないのです。

もちろん、裏押しの途中で頻繁に面直しを適切に行えば良いです。上手いかないからと見せて頂いた鑿裏を見ると、原因が裏を押す砥石の面である事が推察されます。

画像は私木成平待鑿1寸4分です、裏の角は指を切らないように軽く面取りしています。
先で書きますが、イボタを削り取らないようにする効果もあります、面は浅い角度です。


私の鑿の裏押し

自分も最初から上手く鑿の裏押しが出来た訳ではなく、今でもアッ!と思う事あります。気付くのが早いのでさほどひどい事にはなりません。ここで書く方法は失敗を繰り返しながら多くの方からの話を元に自分で検証し自分なりにアレンジして現在たどり着いた最適だと思う方法です。

一番カギとなるのが平面維持力と研磨力が高い砥石と、裏の脚(裏の横の平面んお細い部分)を減らさない工夫です。
使うすべての砥石の平面をそれぞれ出しておく事が大事
裏押しを行う前にすべての砥石面を平面に揃えておきます。

砥石は現在裏押しで主力に使うのが焼結系のダイヤモンド砥石です。この粒度の違う砥石を数種使います。この種の商品も多くのメーカーがありますが、外国性では粒度が安定しない物もあり、一番自分が良いと思うのがエビ印焼結ダイヤ砥石です。

細い脚は少しでも強い力が入れば、直ぐに研げて脚が広がってしまいます。もし鑿の肩(刃の終わりのくびれるところ)が当たる部分が滑って研げなければ肩や脚は減らずに刃先が先に下りる、、、、そう思いませんか??? その状況を作れば、裏は刃先の方から研ぎへる綺麗な形になると思います。刃先から研ぎ減るようにするには。
まず使うのは、ナニワの焼結ダイヤモンド砥石の#800です。商品はこちら→エビ印焼結ダイヤ砥石

800番は平面維持度高く早くザックリ平面を作る事に適し、手振れでひずむより早く鑿が下りて平面が出来て行き、良い平面を楽に作る事ができます。

平面維持力が高く、この砥石は使用中に砥石面の修正をしなくても大丈夫です。

イボタは、砥石表面目詰まりさせるのに使います。
砥石面に擦り付けるだけで目を潰します。洗い砥石で擦れば元に戻ります。

名倉は使った方がよく、20回ぐらい研いだら少し名倉を擦って砥石の目を立てて、研磨力を強く引き出す事に使います。

#800で裏が付いたら、あとは#1000で20回ほど研ぎます。#800、#1000共、充分に平面が出ていれば、20回も研げば#800の傷は消えます。

自分は#3000まで使いますが、#3000を揃えることが出来なければ、仕上げ砥石に移って仕上げても良いと思います。

研ぐ時のストローク

研ぐ時は砥石の端から端まで使います、一部分を使研いで、減っていない部分を使うと研ぎ面が変わり、裏のそ平面が綺麗にそろいません。ストロークを長く端から端まで研ぐのも良いし、ストロークを短くして、端から端まで早めに移動する事を繰り返すのも良いと思います。往復するスピードが速いといくら減りにくくても刃先の方が歪みやすくなります。車で急ブレーキをかけるとフロントが沈みますよね、鑿の裏押しも同じ、右端、左端の方が強い力がはいりますので、その部分が歪みやすくなります。あまり早く鑿を動かさない方が良いでしょう。
歪みを抑えるためにはストロークも大事ですが、砥石を確実に固定する事も大事で、ストロークが長いと布の上では砥石がゆらゆらと前後に動きます、自分も使用しているステン砥石台がお勧め

細い鑿の場合

横研ぎで裏押しできるのは3分ぐらいまで、それより細い鑿は、砥石のコグチの方から縦に鑿を置いて前後に動かし裏押しします。同じようにイボタも使いますが、厚く塗った方が良いようです。

仕上げ研ぎで大事な事は二つ、傷を無くす事と仕上げ砥石の平面維持。

前の段階で平面維持力が高い砥石を使っていますので、鑿裏の平面が出来上がっています。仕上げ研ぎでは平面を崩さないように硬いものを使うか、硬くないものは、途中で何度か平面修正を入れる、もしくは、研磨力の高い砥石ですばやく傷を消すかです。
私は硬く下り難いものより良く研磨して、ほどほどの硬さのものですばやく鑿裏の傷を取り、ダイヤモンド砥石で作った平面と合うようにして、長々と研がないようにして、全体が傷の無い裏にします。

面直しをしないまま、長々と研ぎ続けると、鑿裏が舟底のように丸くなり、次に面直しして裏を研いでも刃先に砥石が乗りません。

仕上げ砥石はすっきり仕上がるように、程よい硬さの天然仕上げ砥石の巣板を使い、名倉で砥汁を多めに出してから、すばやく仕上げます。裏で押しで平面ができていて、次の段階の仕上げ砥石の平面が出来ていれば、直ぐにぴったり合って傷は早く消えるはずです。もちろん人造の仕上げ砥石でも同じです。

心得て欲しいこと

新品の鑿でも平面は出来ない事があります、先がスキーのように微妙に上がった品、逆に刃先が微妙にお辞儀している品、それが何度が裏押しするごとに完璧な平面に近づいていきます。この裏押しで完全ではなくても良い状態の裏は出来ていて良い仕事が出来ると思います。裏切れしたら同じように裏押して全体が完璧な平面になるようにしてください

裏の叩き出し

鑿の裏切れで叩き出すかと質問を何度か受けましたが、基本的に鑿の裏押しでは叩くことはありません。例えば、1分の追い入れ鑿をたたき出す事は不可能です。例外として薄鑿の巾の広いサイズなどでは、叩いて裏を出すこともありまが、鉋のように厚くありませんので軽く叩き、叩く部分も狭いので割らないように用心してください、この作業は自己責任です。

完成した鑿の裏

上記の手順で裏押しした鑿です、硬い楢材のコグチを差しています。食い込まずそして浮き上がらず、平面に沿って楢のコグチに平面を作り出していくところです。正確な鑿の裏は隙間無く仕事をするための大事な要素の一つ。

平面を作り出すには、平面の鑿の裏が大事、そしてそれを作るには砥石の平面が大事。

このページでは鑿の裏押しに関する事項をを書いてみました。鑿の切れ味はこのページプラス、良く鍛えられた鋼と適正な刃先の角度、そしていかに鋭利に刃を研ぎ上げるかです。

あなたにとってこのページがお役に立てるようにと願います。

このページがあなたの役に立てば、このページをあなたのホームページやブログからリンクを貼ってください。
それがこのページを作った私の一番嬉しい事です。
 http://www2.odn.ne.jp/mandaraya/nomi-uranodaijisa.html


ここで書かれている事を引用される場合は、無断使用はルール違反です。
このページか当曼陀羅屋のHPにリンクを貼ってください。
http://www2.odn.ne.jp/mandaraya/index.html




お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06,odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!