曼陀羅屋TOP鉋の調整道具 >このページ

鉋表馴染みスクレイパー

新品の鉋は表馴染みを削って硬さを調整します。削りは微妙で鑿で普通に差すと甘くなります。このスクレイパーは仕込みの時に削り過ぎて甘くなってしまう方や仕込みの経験が無い方、仕込みが苦手な方にお勧めです
とろろ昆布のように微妙に削りますので鉋の仕込みが緩くなることを防ぎます。新品の鉋はある程度は表馴染みは付けてありますので全体が当たるように少しづつ削ります。鉋の表に鉛筆を塗る方法もありますが汚ますので油を付けます 。
一本持っていれば失敗し難くなりますし一生ものかもしれません。

T型鉋表馴染みスクレイパーの価格

 

T型の研ぎ方は通常の大工道具と同じです。
カネタケ作、安来鋼白紙2号炭焼き入れ、幅3センチ

鉋表馴染用ハイススクレイパーの価格

 

鉋用の表馴染みを付けるスクレーパーで、材質がハイス鋼で作られています。
研ぎにはグラインダーが必要です要する時間は一瞬です。
薄いので小鉋の狭い押さえ溝の中、包みの薄い部分も削れます。

 大工道具、ご購入案内 
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 090-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

長く使っていたスクレイパー

下記画像は私が長く使っていたスクレイパーです追入鑿のちびた1寸サイズの物の肩を削って、押さえ溝に入るように使っていました。このスクレイパーはこの鑿を元に作った物です。スクレイパー専用にしていますので、刃先角度は、だいぶ鈍角に仕上げてあります

押さえ溝の中を削る

押さえ溝に入るように短く作っています、頻繁に使う物ではありませんので、このくらいの刃の長さで良いです。
幅が広いと、溝の中の削る際、突っ張ってしまいますので、幅は30ミリに控えています。
削ろう会、犬山大会では、好評で後日注文を沢山頂きました。削る時は、押さえ棒を抜いてから作業をしてください

溝の中も一緒に表馴染みを付けなければ調子がでません。
溝の中も一緒に表馴染みを付けられるように長さが極端に短くなっています。

ハイススクレイパーの研ぎ方

グラインダーを使って研ぎます。ハイス鋼ですので、極端な当て方をしなければ焼きが戻る事はありません。

直角に当てて削りバリを下側に作ります、裏返して同じようにバリを作り両面が使えます。そのまま鉋の表馴染みに鑿を差すように押し付て削ります、とろろ昆布のような屑がでればOKです。

直ぐに切れなくはなりません、切れ無くなれば再度研ぎますが、ハイスは硬いので砥石では研げません。

自由角面鉋などの下端に真鍮が貼ってありますが、この鉋用ハイススクレイパーで削る事が可能です、この場合は、木と違い切れ味はそう長くは持ちませんが良く削れます。

使う様子は、手柴流鉋仕込仕込編にも収録されています。

手柴流鉋仕込−仕込編

自分は、鉋の表馴染みに使用したり玄能の柄の平面の部分の仕上げなどに使用します。

関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

金床 鉋刃の叩き出し用

金床

鉋刃の裏の叩き出しに使用 や、裏金の耳の曲げ、大工道具全体の調整に使用。安価ですので早めに備えましょう。
鉋ウラ研器

ウラ研器

金盤での裏押しの時刃を固定す。木の棒よりも安定して固定しますので、裏押しに集中できます。
ヒッター 鉋刃の叩きだし機

ヒッター

鉋裏切れ時の叩き出し専用の工具、乱れやすい玄翁での叩きだしを直線的にサポート、刃を割り難くなります。

大工道具の曼陀羅屋について

 大工道具、ご購入案内