TOPページ柄の仕込

打ち込む前に私は、先端だけ少し木殺ししておきます。
殺し過ぎると緩くなったり、木の本来の性質を傷つけますので、先端だけ面を取るように軽く行います。
、金床などの硬い面に真っ直ぐ当てましょう、そのあと、先端に角度が付くように軽く叩きます。

軽く面があることにより、ヒツに対して真っ直ぐ入りやすくなります。

金床は鉋の叩き出しに主に使いますが色々と役立つ大工道具ですので、ぜひ一つ揃えて下さい
柄が入ってしまった後に、柄の先の部分に水を一滴垂らすと、柄が膨らみ強く強固になります。

布を用意し、木の台の上に玄能を置き柄をヒツに対して真っ直ぐ立てます
他の玄能で少し叩き入れ真っ直ぐ入っているこ事を確認します
少し斜めになって入っているなら少し修正して更に入れます。

その後は玄能をお持ち、柄尻をっもう一つの玄能で叩き打ち込むと、反動で入っていきます。
入って行くかは、カチーンと言う金属的に響く音がしますのでわかります。
硬そうに見えてもこの方が入っていきます
特に軽い物は柄も細くなり手に持って叩く方が入ります

もし、硬過ぎたり、上手く行かない時は、玄能の金属部分を叩くような事はしないで下さい
せっかくの良い玄能も傷が入ってしまいます
柄の先に合った硬い木などで叩き戻して下さい、樫の木を鉋で削り作ると良いでしょう。
一度に全部入れヒツの表面から少し手前で止めておき、使って行って少し時間を置いて全部入れましょう。

もし、硬く入らず緩いならクサビを使って硬く締めましょう


少しヒツの周りに面が残っているのが分かると思います、それと柄の表面がめくれずヒツの面取りした部分で絞り込まれ緩み難くなっています

柄の仕込の完成です
柄のが緩くカーブして下がっているのが分かると思います
柄も時間をかけて丁寧に作ると愛着のある手放せない大工道具になっていきます。