TOPページ色々な鉋善正作、南京鉋

善正作真鍮埋南京鉋

(ぜんしょうさく、しんちゅううめ、なんきんかんな)問屋銘「善正」、日立金属安来鋼青紙1号を使用した小森鉋製作所の刃を使用し、実際私も使っていますが非常に削りやすい南京鉋です。

曲面を削る鉋はどうしても下端の刃口部分が普通の鉋に対し磨耗が激しくなりますので、負担のかかる台下端の刃口に真鍮が埋め込んであります。

椅子の脚の曲線の削り出しなど、曲線部分の削り出しに使用します。ルーターなどで曲線を整形しても見た目ほど綺麗に削れておらず、塗装をすると艶の上がりが切削の具合でムラができたりしますのでルーターの切削後に、南京鉋を一鉋当てると表面の透明感が上がります。

サイズは一般的な36ミリサイズで、南京鉋では一般的なサイズです。南京鉋で削れないくらいRが小さくなるとその部分の加工には繰り小刀を使います。

繰り小刀は小刀のコーナーにあります、TOPページメニューからご覧下さい。

善正作、南京鉋の販売価格

商品の本体の全体像

善正作、南京鉋、刃のみの販売価格


大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑
お急ぎ電話注文
TEL 0956-46-0903 出ない時 080-5247-6198
簡単メール注文 cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に注文、本文に下記を記載
品名,住所,名前,TEL,支払方法(代引,銀行振込,カード)

刃口に真鍮を埋め

真鋳は深さ5ミリほど入っていますので、押さえた力には負けないようになっています。細く入れてありますので、あとで下面のRを変更しても真鋳を削らなくてすみます。南京鉋の真鋳を埋める角度を変えましたのでコッパ返しの角度を好みで変えられるようにしました。

真鍮部分の拡大画像

南京鉋の使い方

普通の鉋とは使い方がちょっと違う南京鉋、少し使い方を見てみましょう。

上手く使うコツ

減りやすい南京鉋の台を上手く使うには、削る時に力を入れて押さえつけない事です。
押さえつけるとその分台も凹みやすくなり、台直しの頻度を上げてしまいます。そうならないように真鍮を埋めているのですが、力は入れ過ぎずに南京鉋を使いましょう。

南京鉋を持ったところ

実際に持ったところです、小ぶりなのが分かります、手で持つと言うより、指で持つと言っても過言ではありません。 手首を返しながら刃の当たるところを探し削れ始めたらその角度を維持しながら削ります。この品は材料に当てた時に丸く反った下端の鉋の刃先が自然と材料に当たる様になっており、刃先が材料の当たりを探しやすくなっている使いやすい南京鉋です。

実際の持った時の大きさが分かる手との画像

小ぶりな作り

整形に使う南京鉋は普通の同じサイズの鉋よりも刃の丈と厚みが薄く整形してあり、軽く作ってあります、軽く作る事により、連続して前後運動する事を楽にしています。画像は36ミリサイズです。

薄目の斜めからの画像

玄能での刃の抜き方

南京鉋は他の鉋とちがう台の形ですが、、基本的に叩く位置は他と同じような位置です。角を叩くとつぶれがちになりますので、その時は前方の面を叩いて下さい。

玄能で叩く位置

南京鉋の仕込みが硬い時の抜き方

刃の仕込みが硬い新しいうちは右手で持って反対側を作業台に打ち付けると、刃が抜けますので、左手で受けます。受ける手は充分に気を付けてください。偏って抜ける場合は、南京鉋を持つ手を入れ替えて真っ直ぐ抜けやすくなるように対処してください。

硬い時の端を叩く位置

プレゼントコーナー

大工道具プレゼント

店主作の鉋仕込DVDなど1万円以上ご購入時に選択

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑