TOPページ鑿コーナー>ご覧のこのページ

底さらい

現在でも技能検定の使用工具の一覧表に底さらいのみは、名前が上げてあり、技能検定を受ける時に有利な大工道具である事が分かります。

ホゾ穴の底の欠き出しをする特殊な形状をしており、先は直角に曲がったように鑿の先端が付いています。

ホゾ穴の中は角ノミ盤で穴を開けても角はどうしても機械で取りきれず、なかなか綺麗に仕上がりませんので、そんな時に役に立ちます。

ホゾ穴の深さに余裕をもてればそのままでもかまいませんが、深さに余裕無い場合はこの底さらいを使って底の角を処理します。

価格的にも他の鑿より安価で一本手元に置かれると良いと思います。


 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ

カネタケ印底さらいのみ

5700円 入荷待
充分な厚みがありますので深い穴でも曲がらず使えますが無理な使用は禁物です。
根元部分が厚くなっています。

カネタケ印の底さらい


カネタケ印ろ定規


赤樫柄さらいのみ

3850円 在庫有
柄の部分に赤樫を入れた品でニス塗りの柄 曲がらないように全体に焼き入れが施されています。

赤樫柄さらえのみ

使い方

下の画像は机の脚部のホゾ穴です、深いホゾ穴でで直角方向からそれぞれのホゾ穴が開けられ、ホゾ穴の底は深めに掘る余裕がありませんので、底の隅の欠きだしが普通の鑿ではできません、そんな時はそこさらいのみが役立ちます。ギリギリまで掘り仕上げます。

角を一度に取ると欠けやすくなります、角の部分を小さく刻む様に鑿を入れてから、そこさらえのみを使用してください。




下記画像はホゾ穴に差し込んで刃のある方向に動かします、ホゾ穴の角は角鑿で掘って残った部分がありますので底をさらえる必要があれば使用します。ホゾ穴の底に余裕があれば使用する必要はありません。

先端形状

カネタケ印の先端部分のUP画像です、小さい刃先ですが刃先には焼き入れ処理が施されています。先端の寸法は鍛冶屋が手作りで作りますので、そこさらえのみのそれぞれで微妙に違います。

底さらえのみの研ぎ方

狭い面を研ぐため冶具を使った方が綺麗にでき易いです。
研ぎ方はこちらをご覧ください→ 底さらいのみの研ぎ方 その要点を説明、直ぐに研げます。

基本的に切る鑿ではありませんので鑿のように鋭利に研ぐ必要はありません、尖っていれば良い程度です。


店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓