TOPページ色々な鉋 ご覧のこのページ

内丸鉋の販売ページ


内丸鉋はRの外側を削り、丸棒を削りだしたり板のコバを丸く削りだしたりします。このページでは信頼のできる問屋さんの品を販売しており、鋼は青紙を使っています。

刃の丸の部分と台の部分は良く合っており、使いながら微調整するだけで精度の良い丸の加工ができます。

最初は平であらかた削りだして、仕上がりに近づいてからこれに持ち代えて削ると台の減りが少なくなります。角が立った材料を削ると、台も磨り減りやすく台を直しにくい内丸鉋はそうした方が良いでしょう。

標記サイズより直径が少し小さい円はある程度の許容範囲で削れます。若干大きい場合でも微調整で削れます。
手作りですので半径5ミリほどはお届けの時に違いがある場合がありますので刃と台の微調整をお願いします。

多忙なためこの商品の直ぐ使いは行っておりません。


刀守作、内丸鉋
サイズに対してのRの大きさは下の表にRの直径で表しています。

注文サイズ
刃の身幅
 内丸の直径 台の長さ↓ 価格 在庫状況
 36ミリ   80ミリ  225ミリ 14500円 入荷待
 42ミリ   90ミリ  240ミリ 16150円 入荷待
 48ミリ  100ミリ  260ミリ 17500円 在庫有

刀守作

磨仕上、内丸鉋
サイズに対してのRの大きさは下の表にRの直径で表しています。

注文サイズ
刃の身幅
 内丸の直径 台の長さ↓ 価格 在庫状況
30mm 60mm 210mm 19000円 在庫有
 36mm  70mm  220mm 21000円 在庫有
 42mm   80mm  225mm 22700円 在庫有
 48mm  100mm  240mm 25200円 在庫有

磨き仕上げ

内丸の調整と研ぎ方

研ぎ合わせ
研ぎは専用の砥石を作ります。硬い砥石では刃の丸い形状が変わりやすいので柔らかめの砥石を使います。中砥石はキング#1000などがよいでしょう、柔らかめの砥石は内丸の形状が変わり難いです。中砥石はGCなど粗砥石である程度Rに近く削って使うとよいでしょう。ブロックなおで擦っても作れると思います。左右対称に研ぐには、20往復させたら砥石の前後を変えると次第に左右対称に近づいていきます。

内丸の台合わせ
刃と台を合わせるには次のように行ってください。表馴染みの調整が終わったら下端は直さないまま、多めに刃を出します、このままでは精密に削れませんが、Rに合った形状に削る事は出来ます。

用意した角材を内丸鉋で削ると刃に合った形で角材がRこ削り出されますので、このR面にサンドペーパーを貼りその面を内丸の台の部分に当てて擦ります、この時にRの角材の前後を時々入れ替えて削ると左右対称になって調整ができます。。
内丸の木片
始めに刃の圧力で膨らんだ台の刃口の上が削れますので、真っ直ぐなって来たら台尻側の透き取の部分、台頭側の透き取の部分をRの木片の前後の角付近を使って隙間を調整します。サンドペーパーから研磨合が剥離し台の中に入り込んだりしますので、作業が終わってからエアーなどを吹き付けて取さってください。



 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  商品の問い合わせ  メールからの注文

鉋仕込DVDなど、曼陀羅屋店主が作ったオリジナルDVDは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。