TOPページ大工道具の玄能玄能柄>ご覧のこのページ

刀守作、四方反鉋

(たちもりさくしほうそりかんな)
36ミリ   12800円 入荷待
42ミリ   14700円 入荷待
48ミリ    15400円 入荷待
刀守作、四方反鉋 刀守(たちもり)作の四方反り鉋は椅子の座面掘りや器の皿掘りなどに使う鉋です。

刀守の鋼は粘りのある青紙を使用していますので、四方反り鉋を使い形状を削り出す場合など削る量が多い時も長切れします。

裏金も付いていますので、木目に逆らって削っても裏金をしっかり締め込めば逆目が止まります。

私も使っていますが、仕込み易く使い勝手の良い四方反り鉋です。

更に小さいサイズは当店の細工四方反鉋をお買い求め下さい。

販売は、現在職人不足で入荷に時間がかかります、お早目の予約をお願いします。

刀守作、四方反鉋


四方反鉋の大きさ 

四方反り鉋のサイズは3種類用意しています、作業に合せてお選び下さい。
裏金も鋼付きを入れており、安価な全鋼製ではありません。
サイズ 刃の巾(ミリ) 台の長さ(センチ)
36 36 14.5
42 42 16.0
48 48 17.5


 下記の黄色い枠内はご購入、ご注文に関してです。 
注文からお届けまでが早い!
電話注文は夜11時まで

TEL / FAX  0956-46-0903   携帯 080-5247-6198  
詳しいご購入案内  入力ふぉーむからの注文  メールからの注文
商品の問い合わせ



文章
大工道具の使える店主と、新潟の削ろう会で大鉋の使える問屋さんとの間で話合って選んだ鍛冶屋と台屋が作り出した品物です。
四方反り面の均一さ、刃の持ちの良さを気に入って頂けると思います。


手に持ったところと、下面

研ぎ方

四方反鉋の研ぎは、硬い砥石は使わず、柔らかいキングデラックス#1000などを使い研ぎます。
理由は硬い砥石では四方反り鉋の、丸い刃先の形状が狂い安いのです、柔らかい砥石なら面が減って刃先の形に合ってくるのです。
  • 最初に粗い砥石の角を使い、キングデラックスの表面に真っ直ぐな溝を作っておきます。
  • 丸い曲線の四方反鉋の刃は少しづつ研ぐ部分をずらして研ぎ、砥石面が凹むように研ぐと自然に砥石面と刃先の形状が同じになっていきます。
  • 硬い砥石では、砥石面が減らないために刃先の形状が変わり鉋屑が綺麗に出てこなくなります。

刃の様子と反り


店主制作の鉋仕込DVDなどは、1万円以上ご購入時にプレゼントコーナーから選択下さい。
新しいウインドーで開きますので、見終わったらページは閉じてください。
↓ ↓ ↓