TOPページ鑿コーナー>ご覧のこのページ

脇差し鑿 (わきざしのみ)

鑿鍛冶田斎作、大工作業で使用頻度の高い8分、9分で作られていて、 槌目、磨き、木目仕上げがある。

脇差は侍が常に携行する短い刀の方をさしの携帯用皮ケース付の鑿、各部の仕上げはグレードの高い仕上げとなっている。

皮のケースはグレードの高い仕上げですり抜け難いようにきっちり入り、出し入れの頻繁な脇差し鑿なので入口の部分は切れてしまわないように二重に皮が使ってあります。

武士が常に身に着ける脇差のように、あなたの腰道具として常に身につけられてはいかがでしょう。

 画像ではカツラが槌目の銀ですが、撮影後に変更され、現在はすべて黒の槌目になっています。


お急ぎ電話注文は夜11時まで   TEL/FAX 0956-46-0903   080-5247-6198
メール注文や問い合わせはこちら  cbk99780@pop06.odn.ne.jp
件名に「注文」、本文に右を明記→ 品名、住所、名前、電話番号、支払方(代引、振込、カード)
 詳しい、大工道具ご購入案内はこちら  
長崎県佐世保市上柚木町3703番地 大手ショッピングモールに負けず、注文からお届けが早い!



脇差し鑿 磨き仕上げ
8分 在庫有
9分 入荷待

ご注文の際は商品名とサイズをご指定ください。価格お問い合わせ下さい




脇差し鑿 鎚目作り
8分  入荷待
9分  入荷待

ご注文の際は商品名とサイズをご指定ください。価格お問い合わせ下さい



脇差し鑿 木目作り
8分  入荷待
9分  入荷待

ご注文の際は商品名とサイズをご指定ください。価格お問い合わせ下さい




脇差し鑿 桐箱入五本組
入荷待

価格お問い合わせ下さい
木目の品を5本組のセットとひsて桐箱に納めたものです。
3分、5分、8分、1寸、1寸2分と専用桐箱で、皮製の鞘は付いていません、すべて2枚裏です。

他の仕様は鞘入り単品と同じ仕様です。

どれも複雑な玉杢が入っており、軸の部分がねじってありますので木目がらせん模様に流れています。








磨きの槌目カツラと手打ちの口金付。裏はどれも黒裏の2枚裏。
柄は白樫でカツラはその場で使えるように下げてあります。

画像ではカツラが槌目の銀ですが、撮影後に変更され、現在はすべて黒の槌目になっています。



↓ ↓ 購入時プレゼント ↓ ↓
大工道具プレゼント