2006年モノスキー日記 MONO SKI

 

 

  *ニセコイワオヌプリ 登山スキー * 2006/5/14 NEW

トランソニックモノスキー UNIZONUNIVERSE156 試乗 2006/5/10NEW

  *ニセコワイスホルン CATスキー* 2006/1/1

  * 2006年 マウントレースイ写真集 * 2006/4/3 追加


ニセコアンヌプリ北斜面 登山スキー 

  (五色温泉コース) 05/5/9

  懐かしのモノスキー写真館 

       05/4/28

北海道のモノスキー MONO SKI 

      (再編成版) 

 モノスキーコブ斜面連写 写真  

       05/5/13

MAJ 第8回モノスキー大会への旅

    (長野県 戸隠スキー場)  

* 2005 マウントレースイ 写真集 *

* 2004年マウント レースイ 写真集 *

 

 

 

2005シーズン スキー、モノスキー

  • ホームゲレンデ 夕張 マウント レースイ
  • ニセコ ヒラフ スキー場 春スキー
  • ニセコアンヌプリ 五色温泉コース 登山モノスキー

2004シーズン スキー、モノスキー

  • マウント レースイ 中山峠スキー場 札幌国際
  • 中山峠登山スキー 家族スキー
  • レースイ最後のサンタキャンペーン

2003シーズン スキー、モノスキー

  • Mt.レースイ ニセコひらふ 中山峠スキー場
  • 千歳市民スキー大会  ニューモデル試乗会
  • 子供達のファーンスキー(ショートスキー)
  • サンタクロースキャンペーン  餅つき大会

2002シーズン スキー、モノスキー

  • 今シーズンの出来事 ニセコ ひらふMt.レースイ
  • スキー検定や大会速報
  • スキー場レストラン名物紹介

2001シーズン スキー、モノスキー

  • ニセコ ひらふ スキー場 雲海
  • Mt.レースイ、スノーモービル スキー
  • ニセコ ワイス 圧雪車荷台が、リフトだ。
   

 

 ★クロスカントリースキー

(千歳市青葉公園コース)2004/2月

 *アイスキャンドル 作品展 

  2005年度作品 追加 

 *スキー帽子コレクション  

    2003/2月

 *夕張石炭の歴史村 キャンプと観光  

      2004/7月

 *千歳市支笏湖氷とうまつり

    2005/2月

 *千歳市 冬のイベント 2005/1月

 ・千歳川光と氷のオブジェ会場 

 ・ホワイトドリームフェスタ2005会場

  ★★ 掲示板 ★★

まるたけファミリー ダンス(エアロビクス、ジャズ)、温泉、名水探検

 


2006/7/8 チセヌプリ 攻略法

    

写真の山は、5月14日に撮影したチセヌプリです。チセヌプリとは、アイヌ語で家の形の山と言う意味だそうです。

夏場登山で登った時は、巨大岩石がゴロゴロしており手足を使い登る場所もありました。9合目付近は、ハイ松

群生地で高さ1.5mほどの横に伸びた松のトンネルをくぐり山頂へと向います。山頂より幾分後には、旧噴火口が

沼となっており雪山の時は、隠れて見えませんので気お付けましょう。

ニセコの各スキー場のあるアンヌプリから日本海側へ3山後に位置し、山のすそのには、オレンジ線ニセコ

パノラマライン高度1.000m付近に岩内へ抜ける峠道があり、5月末日か6月1日付近から冬の通行止めが解除され、

通行可能となり道路脇の駐車場から黄色い線出発点の登山道入口から1時間30分位で登る事ができます。

黄色い線は、2006/6/4に、IGAPONさんがミニモノで滑走した位置です。グリーン線は、2006/5/中に、ネットで

検索して見つけたメグさんが登った位置です。通行止めゲートからスキー道具を背負い1時間ほどアスファルトの

道を歩きグリーン線を登ったそうです。色の方へ滑り降りると登り無しでチセヌプリスキー場の駐車場まで

降りる事が出来ます。2段階の階段状で、チセヌプリスキー場の2倍の距離、グランヒラフスキー場の落差

距離に匹敵すると思われますが、私は、滑った事がありません。が、チセヌプリスキー場から登ってゆく人を見かけ

ます。5月14日の時点で道路の除雪もすでに終わっておりアスファルトの道が見えており、通行止めゲートまで

トラック荷台に、スクーターを積んで行き、ゲート支柱脇から侵入し緩やかな登りの黄色い線登山道方面から登り

斜度の急なグリーン線の沢地を滑り、道路を歩いてスクーターを取りに行く計画を5月中旬目指して練っております。

真冬だと上には、風雪で出来た尾根があり谷間沢地で雪崩の最も危険な場所ですが、5月なら大丈夫です。

通行止めゲート支柱の基礎コンクリートが、真中の支柱からコンクリート端まで60cmあり、スクーターのハンドル巾が

60cmなので通過可能です。念の為に雪堀できる剣先スコップを持参すれば何とかなると思われます。

通行止めの道路なのでモノスキーの板を飛行機の羽の用に縛り付けたり、リックへ横積みして巾を広くとったままで

走れます。ヘルメットも被らなくってもOKかな。


 

今シーズンのスキー日程は、全て終了いたしました。来シーズンも夕張レースイを中心に、

ニセコ方面にも顔を出します。来年5月の登山スキーは、今年不発に終わったチセヌプリへ

行く予定です。妙案が有り驚かないで付いて来てくださいよ、いとう君。羊蹄山2合目南コブも気になります。

 

2006/6/9 ニセコチセヌプリ 濃霧と雨で、不発 

 

今回は、日曜日に出かける予定でしたが、土曜日に行なわれる小学校運動会が天気予報によると、確実に雨の

予報が出ており、日曜日へ延期になるようなので、本日、朝雨模様の千歳を出発し午前中曇りの予報が出ている

日本海側ニセコ方面へと、一部の望みを信じて雪山へと向いました。途中ルスツ付近では、札幌で行なわれている

ヨサコイソーラン祭りへ参加する路上パレード用のじかた車(音響装置や踊り子を照らす照明車)きらびやかな大型

トラックが札幌へと走って行きました。美笛峠は、かなりの雨降りでしたが真狩村付近からは、どんよりとした曇り

空が続きニセコ連峰は、雲の中に隠れております。6月に冬の通行止めが解除されたばかりのニセコパノラマラインを

車で登り始めると雨が降り出し途中からは、雲の中に入り濃霧に雨の最悪条件のままチセヌプリ登山口へと到着です。

下界は、雨が降り出しそうな曇りでしたが、山の上は、悪天候で今回の登山スキーは、中止といたしました。

かつてチセヌプリに3度ほど訪れた時の写真は、こちらを参考にして下さい。→→懐かしのモノスキー写真館


2006/5/14 ニセコイワオヌプリ 登山スキー 

      

今日は、朝から雨が降っておりましたが、日本海側に近い倶知安方面から晴れ間が見れる

天気予報を信じ、千歳を朝8時に出発しゆっくりとニセコへ向かいました。

ルスツ経由で細川たかしの真狩村に入り、羊蹄山麓の湧水をペットボトルに汲みニセコ町へ

向いました。ニセコ町に入ると突然青空が顔を出し真っ白なニセコ連峰が青空に、くっきりと

浮かびあがっておりました。駐車場には、すでに10台ほどの車が着ており、スキーヤー

ボーダー、山スキー、登山と様々な人がアンヌプリとイワオヌプリへと消えていきました。

続きは、こちら→→ ニセコ イワオヌプリ登山スキー


2006/5/7 ニセコアンヌプリ スキー場

アンヌプリは、初めて滑るスキー場です。前回訪れた時は、強風で一番下のリフトしか動いていなかった

ので、食事だけして帰った事がありました。今日は、晴天の無風めったにない絶好のスキー日よりと

なりました。

 

ニセコ駅上空に掛かる橋の上から見たアンヌプリ。  スキー場駐車場から眺めるアンヌプリ。

ゴールデンウィークでしたが、千歳からトイレ休憩をはさんで、1時間50分で到着です。

 

 

左の写真は、リフト最上部のチャンピョンコースで、綺麗な圧雪で一番滑りやすかったコースです。

右の写真の中斜面も綺麗に圧雪され、お客さんの少ない事もあり、昼頃まで良いコースが維持されておりました。

ジャンボペアーリフト乗車には、ローディングカーペットシステムが付いております。平らなゴム板のエスカレーター

の上にスキーのトップを乗せると自動的に前方へ進み移動しながらハンキの座席に座れる物ですが

初めての私達家族は、全員ローディングカーペットに乗った瞬間前方へヒックリ返りそうになり係りの方に

支えてもらいました。

 

 

アンヌプリスキー場から東山スキー場を経て見える羊蹄山、丘の向こう側がグランヒラフです。

立ち入り禁止個所や雪崩注意報、雪崩現場写真を使って事故予防防止の呼びかけです。

 

             

本日は、無風と最高の天気に恵まれ、スキー場上部は、ウエァーがいりますが、レストハウスの有る

下界では、雪の上でも暑くTシャツで過ごせる日となりました。本日でアンヌプリ、東山は、今シーズン

の営業が終了です。グランヒラフは、5月13日、14日と延長営業が決定しております。


2006/5/5 キロロスキー場 トランソニック来季モデル UNIZON プチ試乗会

 

当日の天気予報では、午前中雨の予報が出ていましたが、時折パラツク程度の雨で無事試乗会開催と

なりました。日本のモノスキー界で有名なMさんのご好意で、北海道にもUNIZON1本が届きプチ試乗会を

行うことができました。参加者は、6名でしたので順番に試乗する事が出来ラッキーでした。

私もこの日からMさんのご好意で、カービングモノスキーUNIVERSE156pの使用者となり板の使いこなし方

を模索中です。

 

トランソニックモノスキー UNIZON、UNIVERSE156 試乗 2006/5/10


2006/4/3  夕張レースイ まとまった降雪 

 

左の写真は、昨日の夕方から降りだした雨が雪へと変わり、朝8時まで湿雪が断続的に降り続き千歳は、

融けながらも10p積雪となり、真冬に逆戻りです。悪天候に伴い仕事が出来ないので、春のビックチャンス

車にスキー用具を詰め込み自宅を朝8時に出発しました。

右の写真は、朝8時40分頃に、夕張市内へ入る峠の入口です。ここへ来るまでに、長沼町の農道では、

吹き溜まりや、シャーベットにハンドルを取られ、畑や田んぼに車が2台落ちておりました。

 

 

ダンシングAラインは、綺麗に圧雪された上に3cmほど新雪が乗っていました。ダンシングBラインには、

7cmほどの湿雪の新雪が積っており、久しぶりの降りたての雪は、格別に面白いです。

他コースにも7cmほどの新雪が積っており最良の1日となりました。

 

 

以前から残っていた雪の上に新雪が積り15cmほどの深雪を楽しめる場所も残っており、平日とあって

お客さんが少なく何度も何度も4月最後の深雪を堪能いたしました。


2006/4/1  レースイ ナイター営業最終日 

 

仕事が3時に終了となり、ナイター営業最終日に、行ってきました。レースイ到着4時45分まだ明るく

雪湿は、コース下部のザラメ。上部は、湿雪でまだ柔らか味が残っております。まずは、リフト線下の20cm

ほどの深雪に入ったとたん転倒。パリパリのモナカ雪で、3ターンするのに3回転び、いたる所にある

深雪を断念。知り合いのテレマーカーさんに合い。今日の美味しい所を案内してもらいました。

ナイター営業の時間帯でしたが、右の写真の状態で残っている場所もありました。

        石狩平野への日没

日没と伴い、コース全般が凸凹のまま硬くなり、モナカ雪攻略中に、転倒で肩を負傷し本日のナイタースキーは、

1時間の滑走で終了としました。自宅から1時間で夕張レースイへ到着し、1時間20分のスキー場滞在後、車で

1時間後の7時10分に帰宅です。 まさしくスプリントスキーでした。


2006/3/19  長沼スキー場 

           山頂から撮影

本日は、朝から雨が降っておりましたが、千歳では、11時頃に青空が見え隠れし始めたので、アイスバーンが

無さそうな下界の長沼町民スキー場へ行ってきました。千歳から車で40分の距離にありますが、雪が降って

おりました。コースは、締まったザラメ雪で滑りやすかったです。このスキー場上空の山並みに、夕張レースイの

コースが見えるはずですが、雪雲の中にすっぽりと入っており、今日は、降雪が続いているようです。


2006/3/5  ニセコ 東山 

暖気の影響で標高の低いスキー場のゲレンデが硬いカチカチバーンとなり、標高の高い

ニセコ最上部リフト付近のパウダーを求めて来ましたが、寒さは、真冬並みに寒く顔が

痛いですが、最上部のコースは、カチカチに凍っていてがっかりです。最近は、降雪が無い

ようで、一部有った深雪も底荒れに、ハード最中雪でてんてこ舞いでした。

     

プリンスホテル新館とゴンドラステーション        ホテル内の顔出し

     

スキー場上部は、顔が痛くなるほど寒くリフト2本分滑走で、子供達が寒くって滑れないと言い出し早めの

昼食です。コース上部に有るアンヌプリヒュッテのレストランでは、ニセコの名水が飲み放題でした。

 

          

東山の名物リミテッドコース、ゴンドラ1本分の距離を非圧雪パウダーエリア(初心者立ち入り禁止)ですが

最近降雪が無いようで、出だしは、底荒れの凸凹で、後半は、氷のコブ斜面が続き、これには、参りました。

 

  

今話題のオーストラリア人の方が東山にもそこそこ来ており、ゴンドラ内で合い席となってしまい

怪しい板に怪しい帽子の私が標的となり英語で、4つの質問をされ、英会話がわからない私は、一言、二言

の単語で難を逃れました。彼らは、私の板をボードスキーかと尋ねモノスキーですと言うと存在を知っている

ようだった。帰りに、ニセコのメッカヒラフスキー場へよると、メインストリートの店屋街にオーストラリア人が沢山

歩いている。何時も寄る売店へ入ると、怪しい漢字Tシャツに、何でこの文字がカタカナなんだTシャツ。

スキー用品の横には、浴衣に番傘、ひょっとこお面に、お祭り半被。ここは、浅草か(行った事がない)

ニセコのお土産ではなく、日本のお土産屋に変身しておりました。


2006/2/25  夕張 モノスキー祭り 

   

モノスキーチームからかさのとある夫婦がスキーツアーで、レースイへ訪れることになり、レースイを本拠地

にしているモノスキーチームマルタケさん達と、一緒滑りたいと言うことになり夕張モノスキー祭りとなりました。

2つのチーム合わせても今回4人、残り人たちは、インターネットのモノスキーサイトで知り合った人達が集結し

てくださり、第1次モノスキーブーム世代から現在のカービングモノ世代まで様々で、どんなセッションになるか

心配でしたが、技量的にひとまとまりとなり、めったに無い大人数で、常に集団滑走となりました。

怪しいモノスキーで集団となり滑りますと、リフトに乗ってる方の3分の1が振り向いて、何モノか確かめておりました。

 

   

皆さんミニモノスキーを持参していると聞き、昼食後、新旧7本のミニモノスキーが集結し滑走となりました。

ミニモノ集団滑走も異様な光景でモノスキーアピール度満点でした。7本ものミニモノスキーが集まるのは、

北海道で始めての出来事と確信しております。

 

      

今回2月でしたが、長い暖気の後の寒気とあつて、ゲレンデは、ストックが刺さらないほど固かったですが、

前日降った数cm粉雪で幾分すくわれました。同じモノスキーでも皆さん各自の滑り方やスタイルが異なり

勉強になった1日で楽しかったです。いろいろな地域からわざわざ夕張レースイへ集結してもらい

皆さん有難う御座いました。


2006/2/19  夕張レースイ 

     

本日スウインギングBコースでワンメイクジャンプ大会が開催されておりました。段々畑のような

コースを利用して高さ1.5mほどのジャンプ台と2mほどのジャンプ台を使い、落差のある

急斜面コースへと落ちて行きます。10mほどの距離を飛び、滞空時間も2秒から3秒でスキー

部門とボード部門で演技しておりました。

 

本日の午前中は、前回、私がインフルエンザでドタキャンしてしまい迷惑をかけたNAKさんと初めての

対面です。レースイの遊び場を一通り回ってみました。NAKさん本人が思うほど見た目では、安定して

小回りターンを繰り返し、未圧雪の浅い湿雪コースも圧雪コース並みに滑り込んでおりました。

 

昼食後、妻と、いとうくんもミニモノに変身、板が左右に細かくぶれておっかないと言いながら未圧雪の浅い

湿雪に飛び込み前転に、尻餅を繰り返しリフト4本目には、コブ斜面へと向かう二人に私も加わりコブの

3人トレインを2本滑りゼイゼイと息が上がりました。昔とった杵柄、数本で2人共モノスキーの感を取り戻して

おりました。ミニモノは、バランスを取るのに疲れる、長い板の方が楽だと2人共言っておりました。


2006/2/1  夕張レースイ 

  

平日の午前中に行きましたが、スキー学習で3校に、自衛隊員さん途中から修学旅行も加わり休日なみ

の混みようでした。本日より女性限定割引が始まりました。なんとリフト、ゴンドラ1日券が2.250円

購入できます。お得です。なぜか男の私も来てしまいました。

シャトルベース入口の3、4段の階段が2月初めで埋もれています。例年ですと2月末の光景ですが、

今年の2月末には、ゲレンデから雪階段で下へ降る光景になるのでしょうか、無意味になった手すりが

目立ちます。  右の写真は、小動物が走ったシュプールとモノスキーのシュプール。

今日は、カービング(43度)コース下脇の深い沢地で、角が立派なオス鹿が木の皮を食べていましたが

かなり離れた所にいたオレンジ色のジャケットの私にすぐにきずき逃げました。数年前には、ダンシング

コースにねずみが走っており、きずいた小学生がスキーの板をハの字にして行く手を阻んでいました。

以前、別なスキー場ですが、誰も何もいない場所なのに、何かが動いている気配がするので、5分間身動き

しないで立っていると、雪原を走る白ウサギで、雪と同化して透明人間が空気の乱れを残して移動しているようでした。


2006/1/22  夕張レースイ ナイター 

        レーシングA

昨年のナイターは、スウィンガー2リフトが動いていなくっても外回りのスウィンギングAコースが

滑れて楽しかったですが、今年は、メインのダンシングとビギナーコースしか滑れずネットで封鎖しています。

スウィンギングAコースは、何時もナイター照明が点いていますが、今日は、レーシングのナイター照明が

点いておりました。以前モーグルブームの頃は、休日の前日ナイターでは、レーサー2リフトが動き

レーシングAコースも開放していた頃あったのですが。


2006/1/20  2日間で125cmの後の夕張レースイ 

  

レースイ本日のゲレンデ情報によると2日前朝までに、50cmの降雪。1日前朝までに、75cmの降雪。

合計125cmの降雪と聞き本日朝行って参りました。夕張市までの途中から吹雪に合い愛車が粉雪だらけ

となりました。今日も雪降りかと思いきや、朝9時から昼12時頃までに天候が回復し青空となりました。

ゲレンデ脇のネットがほぼ埋まっており、パトロールの人達、スクールの人達で胸まで雪に埋もれてネットを

引っ張り出しておりました。

 

  

ダンシングコースは、圧雪の上に10pの新雪が乗っておりスピードが出ず、直滑降で8本滑っても安全

でした。メインコースを離れると1mほどの深雪がいたる所に残ってます。

 

      

レーシングA、Bコースは、未圧雪で1メートルの深雪そのままです。普段は、コブ斜面ですが

直滑降でもスピードが出ずに降りられます。

スインギングA下部コースには、故障した圧雪車が放置され周辺一帯が60cmほど高い雪面の

未圧雪状態のままで放置です。


2006/1/2 夕張 レースイ 新春餅つき大会 

 

レースイでは、新春餅つき大会を行なっておりました。司会のスタッフも数年前より口調が滑らかになって

おり、間が開かないトークになっておりました。我が子に杵で餅つきをして来いと言っても恥ずかしくって

出来ないと言いだし、柔らかいお餅だけ食べさせてもらいました。以前は、進んで杵つきの順番待ちに

並んでいたのですが、幾分成長したのでしょうか。


2005/12/29  ニセコワイスホルン 

ニセコワイススキー場の運営は、2社に分かれており、リフト運行を行なわず、リフト3本分の

距離を圧雪車荷台に柵を取り付け立ったまま山頂近くまで運んでくれるCATスキーが

売り物のマニア向けスキー場です。多分日本でここだけです。 

       

CAT移動で、斜度のある斜面を登ると硬いスキーブーツですと足の踏ん張りが効かずずり下がる

のを両手で柵にしっかり捕まり耐えます。滑るより疲れるかも、最後尾の人達は、柵を背もたれ

にして楽ちんの用でした。     

  

距離的にリフト3本分非圧雪を滑りますが、連日の雪で深すぎて斜度が緩むと失速で停止です。

スキー場に居た時間の3分2は、降雪で視界があまりきかず、降雪が途絶えた時や晴れ間をみて

撮影いたしました。青空は、30分だけ見れました。

        

 続きは、こちら ニセコ ワイスホルン CATスキー


2005/12/22  夕張レースイ ナイター2 

    

この日は、小学校の終業式で明日から冬休みです。ナイターの始まる4時にリフトへ乗り、

ダブルスパイラルへ一直線、スィンギングの深雪も楽しめました。ダンサーズ4を降り、さて2本目

と思いきや外回りは、一切ネットで封鎖しておりスィンギング方面のナイターは、まだ営業してませんでした。

長男と2人で訪れた今日は、後半モノスキー講習会となりました。ターンしているはずが、クルクル回り

だしたり何処へ行くか分りません。新雪を滑る用にターンをしてみろと言うと、テールブレーキで減速し

ニセ滑りで何とか滑走です。


2005/12/16  夕張レースイ ナイター 

   

今年初のレースイです。12月6日オープン致しまして、12日からナイター営業が始まった

そうです。 夕張は、全て真っ白の真冬真っ盛りでした。コースの雪もアイスバーンは、無く

最高の状態にすでになっておりました。この日の日中に夕張では、7cmほどの降雪があった

ようでサラサラです。照明の明るい所で雪を見ると大粒の雪印結晶がいくえにも折り重なって

おり自然の神秘を感じました。

今日からゴンドラ運行が始まったそうです。これで、4コースオープンですが、後ひと雪で外回りの

ワインディング方面がオープン出来そうな予感がします。日曜日に天候が荒れるので、19日の月曜日

から外回りコースがオープンすると予想してみました。

       

本日は、メインコースは、凸凹に荒れておりましたが、リフト下には、40cm級の深雪が結構残って

おり、1本目から5本目までリフト線下、リフト一本分深雪ノーストップでごちそう様です。

コース両脇にも25cm級の深雪があり楽しめました。リフトマンに、外国人の男性がおりました。


2005/12/4  ニセコ 東山 

東山スキー場は、第一、第三日曜日に小学生が、リフト ゴンドラ無料とスゴイ企画を実施して

おります。また、大人も12月16日まで初滑り料金で滑る事が出来ます。今回家族4人でリフト代が

6千円で済んでしまいました。

    

当日最高の天気に恵まれ、これぞニセコと言うロケーションです。プリンスゴンドラは、何時も訪れる

夕張レースイと全く同じ背面式のゴンドラを使用しておりましたが、このスキー場リフト3本分の長さ

があり、夕張レースイのゴンドラ距離の二倍は、ある長さで一気に1000m台地へと運んでくれます。

最上部のコースは、圧雪がかかっておりますが、リフトは、運休中です。最高の雪を求めて、歩いて

登り、独り占めのコースを楽しんでいる方もおりました。

 

 

前日の悪天候のおかげで、今日は、至る所深雪三昧です。アンヌプリ山上部は、木が少なくコース

規制もルーズなので何処でも深雪を楽しめました。

ニセコエリアで最高層のプリンスホテル新館の目の前に、ゴンドラステーションが有ります。今回駐車場も

ガラガラで、滑っている人もまばらでしたが、ゴンドラから見えたヒラフ第一駐車場は、満車でした。

 

 

ゴンドラステーション降り場は、樹氷が見られ 雪は、サラサラのふかふかで、圧雪では、自分が

レベルアップしたように、滑らかにスキーが動きます。

 

          

ニセコ東山からグランヒラフへの連絡通路です。最後に、妻と子供達2人は、ヒラフを滑り降り 

私は、1人で東山を滑り降り、車で10分 隣のヒラフ駐車場へアッシーとして、3人を迎えに行きました。


2005/11/20  ニセコグランヒラフ 

  

朝6:00起きる予定でしたが、5:00に目覚めてしまい朝一リフトを目指して6:00に、我が家を出発し美笛峠

を越えると今年初めての真冬の道となり緊張して運転して行きました。昨夜から15cmほど雪が積った

らしく絶好のコンディションです。リフト運行15分前に、ヒラフへ到着し運行前の高速4人乗りリフト前に並び

ました。

     

例年スキー場中腹の斜度が緩めなコースのみの営業ですが、今年は、昨日オープンしたと思えない

雪質と量でゲレンデ裾のホテル前まで滑って降りる事ができます。この時期にしては、最高です。

最上部は、雪下に木が埋まる12月までは、運行できないと思います。リフト料金は、1日券2千円と

安く12月2日までこの料金で滑る事が出来るそうです。リフト待ちは、一切なく、この人出ですと本州からの

スキーツアーが始まるまでは、キングライン、エースライン両方の運行は、無いような気がします。

 

  

下部は、湿雪でしたがエース第三リフト付近は、圧雪コースも深雪もサラサラの粉雪で真冬並でした。

スキー場の考慮と思いますが、コース両脇に深雪を残して圧雪しており、初滑りから深雪三昧で楽しかった

です。今年のヒラフは、バス待合所を改装しウエルカムセンターとなり、トレーラーハウスで軽食所と近くのロッヂで

オーストラリア観光客などの外貨交換所が12月1日に、オープンするそうです。またキングコースから花園

方面への移動を考慮したリフトも1基増え。交通の便では、尻別川に新しい橋をかけて5号線から真っ直ぐに

泉郷貸し別荘付近へ出られる新ルートが12月1日に開通と言う話です。


2005/11/19  積雪  

          

千歳もとうとう積雪になりました。今年は、結構遅めの積雪です。今年の千歳地方は、雪が少ない

年となるのでしょうか。明日は、ニセコヒラフへスキーに行ってきます。


2005/11/9  初雪  

下界にも雪の季節がやってきました。千歳も朝から雪が降ったり止んだりの繰り返しでした。

雪は、降りましたが、積雪とは、ならなく地面に落ちて融けてしまいました。

1日、2日前までは、11月とは思えない暖かさが続き最高気温が18度まで上がり、何時雪が

降るのか心配でしたが、突然の寒波で10度も気温が低い最高気温8度となり寒さが身にしみます。

 

2005/10/16  雪虫発見

家の前で息子とキャッチボールをしていると、数ミリの白い綿のような物が空中に漂って

いました。この時期に登場する雪虫君です。辺りを観察すると2匹発見、雪虫を見ると近い内に

初雪が降ると言われています。

 

2005/10/10  自称ワックスルーム

          

我が家前の森も紅葉が3割ほど進み下界も寒くなってきました。自宅の壁面の一部を利用して

自分で作った物置に、夏場の間ダンボールや要らない物で占領されていた自作のワックス台

周辺を綺麗にかたずけて、冬を迎える準備をいたしました。

スプレーや液体のワックスやリムーバーしか使いませんが、自称ワックスルームです。

夜間の作業も出来るように天助には、蛍光灯も付いております。写真撮影後、自転車を4台しまいますと

人が身動きできないほど狭くなってしまいました。

 


  スキー滑走日数

11月 ニセコヒラフ        
12月 ニセコ東山 夕張レースイ 夕張レースイ ニセコ ワイス    
1月 夕張レースイ 夕張レースイ 夕張レースイ      
2月 夕張レースイ 夕張レースイ 夕張レースイ    
3月 ニセコ東山 長沼スキー場      
4月 夕張レースイ 夕張レースイ      
5月 キロロ ニセコアンヌプリ イワオヌプリ    

SIAフェスティバル マウントレースイ 2006年4月に開催

数年前、初めてレースイスキー場へSIAフェスティバルが来ました。私は、何の事か分リません

でしたが、2週間続くSIAフェスティバルで、スキー場営業が1週間延長になるので喜んでおりました。

開催中の最初の日曜日には、手稲の校長や女性校長などSIAの有名人がセンターハウス前をウロウロ

していたり、スクワローと言うボードとモノスキーをたした板を練習している人が5人もいたり異常なゲレンデ

でした。次の日曜日には、SIAデモ選が行なわれており、朝一からもの凄いカービングのアップで一般人は、

メインコースに入る余地が全くありません。リフトの上から日本のSIAトップ選手の滑りを見せてもらいました。

デモ選大回りの時間には、ターン切り替えしが一番近くで見える場所で研究しようとしましたが早すぎて

何がなんだかわかりません。レースイ校長さんが切り返しの瞬間に奇声をあげてターンしていた印象が残って

おります。 何人ものSIAトップ選手の滑りを生で見れるチャンスです。4月のレースイへ行きましょう。2005/11/14

 


  モノスキーリンク

*夏は、インラインスケートに、冬は、モノスキーやスキーボードの NAKさん→ →なんだかなぁモノスキーライフNEW

*夏は、バイク、冬は、モノスキースキボーの IGAPON さん→ →北海道のおじさん生態日記NEW

*夏はバイク、冬はスキボーモノスキーに、はまりアドレナリンフリークス→ →北海道はぐれ雲おじさん日記NEW

* MAJ ホームページへジャンプ → →  日本モノスキー協会

( 1998年MAJ 第8回競技会 大回転、フリースタイル→ →「 結果 」 に、私しの写真載っています見てください。)

*自然を楽しむ日常生活を求めて北海道に移住してきた。→ → 今日も晴天なり!

   モノスキーカタログなどあります。

*友達のホームページ、モノスキー、ファンスキー、キャンプ、→ → the chomin's

   スケート、ファミリー、あるよ。  

*北海道の大自然と遊びまくる夫婦のページです。 → → ASOBI FACTORY

 トランソニックのモノスキーご意見番、テレマークスキーに、エアロビクス。

*モノスキー チームKARAKASA、パリダカ、ポルシェ、あり。→ →ABBY ROAD 閉鎖

* もっと夕張 リンク 個人のページでお世話になっている→ →夕張市ホームページ

*夕張市の全ての観光スポットが、一目でわかる→ → ワンダーバレーゆうばり

*スキーの時や、色々お世話になっている夕張の→ → マウント レースイ スキー場


        開業 昭和10年 屋根板金工事業

親子三代建築板金一級を取得し、千歳の屋根を守っております。

        竹内金物店 板金部

千歳市の情報の事ならすぐにわかる 千歳市民マルチネットの会 「ちとせランデヴー」

千歳市近郊の個人のHP情報で満載です。千歳の各種掲示板有り。 「ちとせ くらぶ」

千歳科学技術大学の学生の技術と千歳商工会議所、千歳商店街が、3年がかりで完成に  

至った。千歳の情報発信ホームページ。買う、生活、学習、観光で、構成されています。  

           「ハロー千歳」

インターネットショッピングが出来る。千歳バーチャルモール、21店舗の色々な業種が

参加し、千歳商店街振興組合の総括で、運営しています。 当社も出店ております。

         「バーチャルモール」

      千歳のそば屋の名店

  錦町本店  千歳空港ターミナルビル 3F  

    そば処 八天庵    


感想や意見

 * *意見や感想、アンケートは、こちらへ。* *

竹内金物店板金部のページに戻る

まるたけファミリー ダンス(エアロビクス、ジャズ)、温泉、名水探検

      T a m a k i ワールド

スキー モノスキーに、関する感想や意見などをメールにてお送りください

 


  ★移動開設日 2006/11/13.