MONOSKI モノスキー2012年シーズン

同じモノスキーでも色々な楽しみ方が有る。滑り方も自由自在
圧雪されたゲレンデでカービングも楽しいし、コブ斜面でのモーグルも楽しい。
スノーシューで山を登り未知の新コースを滑るのも楽しい全てモノスキーの世界だ。



これで、2012年モノスキーシーズンの書き込みを終了いたします。次回2013年モノスキーシーズンへと
移りますので、皆さん閲覧宜しくお願いいたします。 marutake  2012.10.7


2012/10/7 苫小牧マラソン NEW   今年も10大会目

今年最後の大会です。毎年3Kと5Kのランナーが途中から合流して、同じゴールを目指してましたが、
コースの金太郎池外周が狭い為、今年から5キロ競技が終了後に、3Kのスタートと変更になってました。
今年は、3Kや5Kで良いタイムが出ません。最後までガムシャラに走っておらず、途中から10Kを走る
ペースになっており、無理をしてません。来年から10Kの大会をメインに参加して、新しい緊張感で
走って見ようかなと考えてます。 
結果 5K 65位 27分06秒

http://www.youtube.com/watch?v=0kyZoizyvnQ&feature=youtu.be


2012/9/29 千歳おはよう橋マラソン 

今回は、何時も練習している青葉公園を10Kです。JALマラソンの逆回り登りのキツイコースを2周です。
竹下総理の時の故郷創成金1億円で作った人道橋です。サイクリングロードから青葉公園中腹へと
掛った橋を渡り、スイッチバックコースを3度繰り返し山の上へと登ると青葉公園へ出ます。
スタートして陸上競技場を2周半この時点で私の後ろには、4〜5しか居ません。1周目真後ろに女性ランナー
が、付いており足音が気になりましたが、2周目に入ると後退して行きました。おはよう橋のジグザクの
スイッチバックで前方の男性ランナーを確認し追いかけます。ヘバッテる様でドンドン追いついて、陸上競技場
入口で抜きました。我ながらよく追いついたものだなと思います。 
結果 10K 41位 57分05秒
一緒に参加したI君は、スタート行こう目の入らない位置で居なくなり49分台でゴールしたそうです。

次回最終大会 10月7日 苫小牧マラソン5K ホッキおにぎりが待ってます。

http://www.youtube.com/watch?v=Jh9Te9H0Dpo&feature=youtu.be


2012/9/16 北広駅伝 

5人で一チームの駅伝です。今年は、皆さん昨年と同じメンバーに同じ区間のランとなりました。
私は、4年連続1区2.8キロです。が、練習不足から4年間で一番遅いタイムを出してしまいました。
2.8キロ 14分2秒 今年も雨模様です。

http://www.youtube.com/watch?v=KxCc4SbIIQY&feature=youtu.be


2012/9/9 士別オリンピックデーラン

今回で4回目の参加です。何時も通り高速道路を使わず、下道を走り休憩を入れて5時間。夜の9時に到着し
市内の美し乃湯でくつろいでから、陸上競技場の駐車場で自称キャンピングカーもどき車で、車中泊です。
昨年は、強風と雨でランは、中止となりましたが、今年は、2.6キロ走りました。距離が短いので、アップに、
3K強走り丁度良い感じでしたが、腕時計を忘れて行き自分タイムが解りません。(タイムが出ない大会)
参加者は、ラン300人、ウオーク300人の登録ですが全体的にもっと少なかった感じです。大会概要を
大きく宣伝しなくなった近年。年々参加者が減り、地元のイベントに縮小させたようです。
荻原健司さんは、背丈は、私と同じ位ですが体が引き締まってました。ランの先頭を走る子供達に余裕で
着いて走って行き私も追いかけていきましたが、途中から離されました。余裕で走ってるのに早い。
クロスカントリーの実力ですね。カーリングの南富良野出身の目黒萌絵さんも来てました。テレビで見た頃より
体が細い、筋肉もあまり付いてません。他数名来てました。帰りに近くのお寺の湧水を飲み士別を昼の12時
に出発して千歳へと向かいました。
 次回来週、北広駅伝

http://www.youtube.com/watch?v=cX1qQk20g3U&feature=youtu.be


2012/7/29 釧路湿原マラソン大会 

http://www.youtube.com/watch?v=uY6cYpfC5sk&feature=youtu.be

昨年に続き、今回も昼の2時半ギリギリまで仕事をし、車を自称キャンピング仕様にして、夕方の4時に
千歳を出発てす。日勝峠経由で釧路へと向いました。樹海ロード日高の道の駅で夕食の弁当を食べて、帯広へ
入ると、夜なのに異常に気温が高いです。生ぬるい空気が無風で漂っており、昼間30数度の気温がうかがえ
ました。更に車を走らせ7時間。夜の11時に、涼しい風を感じるゲートの締まった釧路陸上競技場に到着して、
近くの駐車場で、即座に後部の布団に潜り込みました。朝5時に競技場の駐車場に移動です。
霧の街釧路ですが、朝から太陽が降り注ぎ温かいです。嫌な予感です。朝の6時に、駅伝部長とも合流
出来ました。今日は、完璧な晴天で開会式の気温で25度暑いです。スタート前に、体から汗が流れており
予想外の気温です。釧路でも数日しかない夏日です。とアナウンスも聞こえてきます。全てのコースが平坦で
私は、3Kに参加。スタートダッシュしただけで、ペースが上がりません。呼吸方も何時もと違います。完璧
暑さにやられて、何時もの走りが出来ません。終始低ペースのまま終了。
3K 16分15秒 車で7時間かけて
夏でも涼しい釧路まで来ましたが、やられてしまいました。ちなみに、昨年は、開会式の気温17度 3K
13分58秒の好記録がでた場所です。また、来年もチャレンジしてみますか。今年も一番乗りで温水シャワー
を使わせてもらい。釧路の街へと繰り出しました。


2012/6/3 砂川マラソン大会 

http://www.youtube.com/watch?v=4p3WJJE7bzc&feature=youtu.be

今年のランニングシーズン5回目の大会。参加人数372人中、砂川市民65名市外率の高い場所です。
目の前に、北海道の高速道路では、最大級の休息施設オアシスがあります。高速道路からも直接
大会に参加できます。しかし、ここのコースは、険しい。スタートから1K結構な登りに、1K急な降り、ここで
私の右足首故障の完治していない事が解った。登りも平地も何ともないのに、急な降りで一歩一歩が
ビキビキ痛く足首が曲がらない。半ピッコ状態で蹴れません。その後も緩やかな登りと、降りを繰り返し
最後に砂利道の地獄坂、毎年ここへ来ると少し前に私を抜き去って、力を使った人が必ず歩く場所
毎年私が通過する間に2人は、歩いてます。私も必死に走っているつもりですが、歩くスピードに近いと
思う難所です。しかし私が参加するマラソン大会の中で、参加賞の景品が一番良い場所です。
夕張メロンピュアゼリーのホリの社長らしき人も毎年参加しており、参加賞に3個セットが毎年入ってます。
結果 
5キロ 29分23秒 34位 過去2年より1分10秒遅かったです。

次回7月末 釧路湿原マラソン3K 歌い文句が、真夏でもすっぽりエアコンが効いてるかのような爽やか
な街釧路。その通りだが、霧の街釧路 日照率が低い場所だ。車中泊で行きます。


2012/6/7 2012年 MONOSKIシーズンを振り返り 

今年のベストモノスキー賞は、2月2日のメロン城山ですね。好天の青空が1日続き真冬ですがあまり寒く無かった

です。4時間かけて7本滑り、何かの壺にはまったのでしょう。雪質は、軽やかな深雪では無く、強風で密度の濃い

締まった真冬の雪でした。スノーシューで山の裏側にある作業道路を歩くと無理無く登れます。以前急斜面の

正面から登った事もありますが急過ぎて歩幅の1歩1歩を前へ出すのに大変で汗がダラダラ流れた記憶があります。

山頂からは、自分の滑る斜面が見えなく、目標の木を見たり、自分の滑ったシュプールの跡を見ながら滑りおりる

位置取りを決めて滑走しておりました。この場所は、スノーモービルの通過点となつており良く荒らされておりますが、

この時は、モービルのキャタピラで掘れた1本の跡も強風で埋まった後でラッキーでした。

  


2012/6/3 千歳JALマラソン 

娘達は、3Kに参加致しますが、私は、とうとう10Kに初チャレンジです。何時ものI君も参加です。

大会前日の朝からテントを張って陣地を確保。参加人数1万2千人の過去最高の人出でスポーツセンターに、

公民館が満杯です。10Kの練習最高タイムが1時間3分でしたが、本番当日5Kマラソンを走るペースのまま

走り続け時計を見ると6キロ地点で30分以内で走っておの1K5分ペースです。残りの4キロを1K6分ペースで、

走っており信じられない速さの
55分2秒(自分の時計で) I君は、流石に52分台との事です。

http://www.youtube.com/watch?v=U115G5c8jUE&feature=youtu.be


2012/5/27 MONOSKI 最終節 ニセコチセヌプリ 

 2012年 モノスキーシーズン26回目で終了です。

http://www.youtube.com/watch?v=fixazaaMKuY&feature=youtu.be

2012年モノスキーシーズン最終節。千歳を朝6時前に出発し8時過ぎに、先週冬季ゲートが開いた

ニセコパノラマラインの岩内へ抜ける峠最上部のチセヌプリ登山口へ到着です。もうこの時期ここまで

登って来ないと雪と会えません。しかし山の中腹から上が真っ白、雲のなかです。すでにモノスキーの

NAKさんの車がありました。晴れている下部では、レーシングJrチームがショートポールを立てて練習

しております。NAKさんが登っていると思われる雲の中の上部へ登って行きました。

中腹の滑るのに、適した広い雪渓に出ると、白いモヤの中から滑走してくる人発見。出ました、ミニモノスキー

のNAKさんです。お久しぶりです。NAKさんも中腹の雪渓から上部の雪渓へ行ける雪道を探しても笹藪に

阻まれ行けないそうです。と言う事で、中腹の雪渓を4本滑るうちに天候が回復して、青空が見えて来ました。

帰宅後、来週に迫ったJALマラソン10Kに備えて、夕方青葉公園でI君とランニングです。 疲れた。

NISEKO CHISE_MARUTAKE.AVI - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=NCy06zApesY


2012/5/20 Arimori Cupマラソン大会  鵡川町穂別  

マラソンのメダリスト有森裕子さんを迎えて、小さな町のマラソン大会です。限定人数300人、昨年は、
低温で異常な寒さの中走りましたが、今年は、好天に恵まれ半袖短パンで走る事が出来ました。
市町村合併で同じ町になった鵡川町出身のスピードスケートメダリストの田畑さんも練習の一環で
10Kに参加してました。ここのコースは、平坦で河川敷から街に行って帰ってくる5.2743Kで走り
やすいです。全コース共通の給水所があり5Kコースにも2か所あり始めて給水を体験しましたが、
紙コップの水が苦しくって飲めない、一口目は、飲み込めず口をゆすぎ、二口目も飲み込め無いのを
無理やり飲み込むと、力が湧きピッチが速くなりました。有森さんともハイタッチが出来てよかった。
5.2743K 25分12秒 27位 

次回 最終モノスキー予定後、地元千歳でJALマラソン10K 1万人参加のビック大会です。

http://www.youtube.com/watch?v=YSz16Vr2Whg&feature=youtu.be


2012/5/13 営業を終えた中山峠スキー場  

中山峠の札幌側が、土砂崩れで通行止めになってます。その影響で山頂の道の駅も休業中。スキー場は、

13日まで営業予定してましたが、札幌圏からのお客さんが来れないのでスキー場をクローズしました。

でも雪が残ってるはずなので、千歳からも多少遠廻りになりますが、美笛峠から喜茂別廻りで、中山峠

山頂のスキー場へ向かいました。札幌圏と後志を結ぶ大動脈ですが、喜茂別の街を過ぎると、工事車両が

時折通過する位で一般車両は、ほとんど走ってません。昼の11時30分に道の駅に到着しましたが

車1台のみしか駐車してません。スキー場へ行くと完璧スキーバカが5人いました。板を担いで残雪を登る者、

山スキーで登る者、自分専用のコブラインを掘ってる者に、モノスキーの私です。スノーボーダーが居ない事に、

驚きです。この中に札幌から美笛経由か、小樽経由で、ワザワザここへ来てる人が居れは、大馬鹿者です。

流石です。参りました。褒め称えるしかありませんね。

http://www.youtube.com/watch?v=11gcc7yY81U&feature=youtu.be


2012/5/6 ニセコ イワオヌプリ 

五色温泉付近の駐車場から登って行きます。駐車場の舗装にテントを張ってキャンプしてる人いました。
朝、8時に到着した時は、イワオヌプリもチセヌプリも雲の中に隠れていましたが、30分後には、快晴と
なり、絶好の春スキー日よりとなりました。

http://www.youtube.com/watch?v=NoJMb1-CEMw&feature=youtu.be


2012/5/5 登別 鯉のぼりマラソン 

雨の中、前半登り、後半下りゴール前だけ平坦 3K 15分33秒 一般男子 奇跡の2位

http://www.youtube.com/watch?v=mSEmY_qTjUo&feature=youtu.be


2012/5/2 ニセコ ヒラフ 春モノスキー 

              

連休後半戦に、雨マークが出ており急遽1日繰り上げてヒラフへ行きました。絶好の青空です。

自宅から2時間。昔は、良く通った場所です。朝一のザラメ圧雪を狙いセンター4運行前にI君と並びましたが

すでに長期リフト券保持者達が10名ほど並んでました。先頭のボーダーは、アロハシャツにサングラスだけ

手袋も、はめてません。フード付きリフトへと乗り継いで山の上部へと向かい、朝の一本目最高でした。

圧雪のザラメにエッジが食いこんだら、外れない、ハマったまま良い大回りでした。その後すぐにザクザク今一の

バーンへ。コブラインは、本物のモーグラーが作る縦へ下へ彫り込むラインでは無く、ズラシコブだったので何とか

滑れました。スノーボーダーもモーグルラインに入って、何人か練習してました。I君の古傷、腰が不調でコブを

一本も滑らず私を撮影してくれ感謝です。昼頃、センター4乗り場で、謎のボーダー集団を目撃。顔つきが、完全

ロコですね。背中のザックのボードの板を付ける位置に、全員スケボーを背負いリフトで上がって行きました。

I君の推測では、山頂まで登り、北斜面を滑走し帰りは、雪秩父方面、もしくは、花園方面へ両方の下り坂をスケボー

で帰るのでは、と想像していましたが、、。 今日は、暑い日でした。Tシャツとパンツの上にウエアー着てましたが

汗をかいてベチャベチャです。帰りにアルペンホテルの温泉に浸かり終了です。今日は、まさしく春のニセコ満喫てす。


2012/4/29 室蘭市民健康マラソン大会 

http://www.youtube.com/watch?v=qON25Zviaw8&feature=youtu.be

室蘭体育館施設外周を3周廻り3Kマラソンです。距離的に多少3Kをオーバーしていると思われます。
結果 
3K 16分26秒


2012/4/21 雪国温泉 春の巻き 

露天風呂の後ろを巨大熊が朝方歩いた新しい長さ30pの足跡がクッキリ残ってました。
2分の入浴で慌てて逃げ帰ってきました。

http://www.youtube.com/watch?v=1-quraEoGRU&feature=youtu.be


2012/4/14 ダムに沈んだ街 大夕張のズリ山滑走 

            

絶好の晴天に誘われ、午前中で仕事を切り上げて、明日の日曜日へ持ち越しです。午後から

大夕張鹿島へ残雪を求めて向いました。下界の千歳もまだ所何処ろ残雪残ってますが、流石夕張です。

全面60pの積雪が残ってます。大夕張ダムの手前へ、更に大きなシューパロダムが数年後の完成します。

以前住民が使っていた湖畔の道も水没する事になり、山の山頂と山頂を数えきれない数の橋で繋ぎ

新しく出来た道路を初めて走ります。 眺望は、抜群ですが、大夕張の遺産が見れなくなり残念です。

新道と、工事車両用の旧道が折り重なるダム湖の一番奥に大夕張のズリ山があり、スノーシューで登り

4本滑りました。夕張岳や鹿島の以前街だった場所が全て見えます。山頂には、ダム用測量点が雪に

埋もれてありました。今回は、リックの腰ベルトへ前方カメラ1、ゴーグルベルトの後頭部へ後方カメラ2

ストックに付けた自分撮りカメラ3の3台のカメラで1回の撮影で終了し、残り3本を真剣滑走できました。


大夕張 旧道452号線からの景色 2011.12.11
http://www.youtube.com/watch?v=TgG5lvlEa2g&feature=youtu.be


2012/4/8 日勝峠 ピーク 

           

道央圏から道東の帯広へ向かう日勝峠最上部へ向かいます。本州の方には、トマムスキー場を更に

帯広よりで解るでしょう。朝6時、降雪3pの千歳を出発しブラックアイスバーン路面を夕張まで来ると

雪が真冬と同じく降り積もり道路も真っ白の積雪で、この先の樹海ロードも視界が悪ければ、山登れ

無いなーと、I君と落胆な気持ちのまま山奥へと進みます。日高町の街を過ぎ日勝峠を登り出すと

太陽の日差しと共に青空が見えて来ました。道東圏晴れてます。峠最上部のトンネル横の駐車スペース

に8時45分到着です。休憩後、隣の車のお姉さんの装備を見ると、モノスキー界では、有名な、デュレーの

山スキー板です。時代が古そうでしたが、デュレーの二本スキー初めて見ました。どのような販売ルート

で日本に入って来たかは、謎です。彼女の話では、登山学校の払い下げ品と言ってました。

彼女達の10数名の集団は、子供ボブスレー2台にコンロや炭、肉など積み腰紐で引っ張って登って行きます。

例年だと焼き肉には、最適なのかもしれませんが、今日は、気温も低く強風で、まだ冬です。

スノーシューで登って行くと最近降った真冬の雪が下地の茶色い雪に強風でベッタリ貼り付いて良い感触です。

山の下部は、硬め雪。中部は、10pほどの湿雪。上部は、真冬の柔らかい雪が20pほど積もってますが

風が強く降り積もった雪が横に流れてます。途中十勝平野が見えましたが、山頂に着く前には、雪が降り出し

強風もあり急いでモノスキー滑走の用意に変え、風の緩い低地を滑り降りて行きます。真冬の雪は、最高だー

と、雪煙りをだして滑り降りると突然、湿雪に変わり滑り方も変えます。最後は、木の最上部30pほど顔を出す

ボコボコ地帯の時折アイスバーンをトンネルまで、もう着いてしまいました。2時間登り短時間で滑り降りて

しまいますが、何故かまた、何処かへ登りたくなるのは、なぜでしょう。

モノスキーを滑り降りると、アルミの背負い子を地面に置き、高そうな基礎スキーにブーツをセットして、腰紐で

板を滑らせてスノーシューで登る女性二人。話では、スキーは、滑りたいが、背中にスキー背負って、重い

スキーブーツでは、登りたくないので、全て滑らせて引き上げます。でした。


2012/4/2 外国のモノスキー動画 

フランスのモノスキー界の危険な男たち  フランスモノスキー協会のリーダーこんな事して大丈夫ですか。

http://www.youtube.com/watch?v=2Krj5UjAQng&feature=digest_sun


2012/3/31 夕張レースイ ラストシュプール 

              

千歳は、今週末も先週と同じく朝から細かい雪が、降り続いております。地面に落ちると全て解けて、

水になっております。一山上の街夕張は、雪が積もってるはずと確信して、レースイのナイターへ向いました。

ゲレンデの一番下は、スキーブーツが5pほど埋まるザクザク雪です。コースへ出ると、硬めのバーンに

湿雪が3pほど積り、2種類の雪質がマダラ状況で滑りずらいです。朝から雪が降ってる はずですが、解けている

ようで思ったほど新雪が積もっておりませんでした。休憩後、日没となると、ゲレンデのコースに、ミルミル湿雪の

新雪が積もって行きます。夜の6時頃には、コース全面5pほどの新雪が積もり、モノスキー滑走に、バッチリの状況が

整いました。今日は、レースイ最後のナイターへ来て良かったです。雪は、バッチリ有りますが、明日4月1日は、

レースイスキー場の最終日です。今年も楽しい滑走有難うございます。また、来年も宜しくお願いいたします。


2012/03/27  レースイで映画の撮影現場目撃 

24日レースイで、誰も来ない駐車場の一番奥に滑り下りてくると、削り取られて原型の消えたズリ山に

大きなハートマークが雪面の斜面に掘られており何だこれと思ってました。

その後歩いて本コースへ戻って行くと雪降るスキー場の隅で傘をさす集団、ティク2のカチンコがなり撮影だ。

雪の中たわむれて歩く女性二人。

判明しました。ツイッターで、複数入ってきました。日中合作映画のようです。題 スィートハートチョコレート。

これでハートの正体がわかりました。レースイスキー場のパトロールと上海からの留学生の恋物語です。

夕張市長も夕張の名前が中国に広まるのを楽しみにしているそうです。映画が当たれは、中国から

映画のロケ地めぐりでドット観光客来ますよ。

http://pic.twitter.com/wMHoh2i7       日本では、来年の3月上映予定だそうです。


2012/3/25 夕張レースイ 降雪と共にIGさん登場

http://www.youtube.com/watch?v=Ab-42-zh_CY&feature=youtu.be

今日も細かな雪が降り続いて自宅前も10pほど雪が積もってます。

この日の夜に、札幌ドームへI君とランニングに行く予定でしたが、この日、2013年ニューモデルスキーの

試乗会があり、I君の強い要望でチラッと試乗しに行きましょうと言われ、またレースイへ来てしまいました。

駐車場でパソコン画面で見た事のある大きな、お子様がスキー担いで歩いていまして、車も見たことの有る

他地域ナンバーF車。怪しさを感じながらゲレンデに出ると、ゴンドラ乗り場の階段を登るIGさんを発見

本物来てましたか。ご一緒にグルリと滑り廻りデュレー社のカービング板を拝見。

その後、本題のニューモデルスキー試乗会へと、基礎系の板と今話題のロッカースキーを試乗。100本ほど

来てるスキーの2/3は、太い板かロッカー板で、新しい時代の変貌を感じました。と言う事で、チラリと滑る

予定が何時も以上に頑張り過ぎ、夜には、I君と痛む体のままランニングへ行き、次の日は、体ボロボロです。


同じ日のIGさん撮影編集動画 

http://www.youtube.com/watch?v=_iY242UXNac&feature=youtu.be


2012/3/24 夕張レースイ 春の降雪で冬に逆戻り 

http://www.youtube.com/watch?v=R5y-uWKDEvY&feature=youtu.be

朝起きて、車の作業をしていましたが、細かな雪が降り続き、雪が積もって行きます。、今スキー場へ向かえば、

まだ良いバーンが滑れるんじゃないかと思い、急遽スキー道具を車に積み込み、9時30分に家を出て、10時30分

には、ゴンドラに乗車してました。モノスキーのエッジが食い込む締り雪の上に5pほどの新雪で滑りやすいです。

雪が降り続き帰る頃には、10pの降雪となってました。


2012/3/18 長沼スキー場 

http://www.youtube.com/watch?v=q9MXS6EZEfQ&feature=youtu.be


下界の長沼スキー場へ今季初滑りの息子と行って来ました。雪質は、ザラメ雪です。
全面圧雪のかかった斜面は、9時のリフト運行から11時頃までは、非常に滑りやすく楽しいザラメ雪です。
次第に雪面が掘れらし荒れてきました。レースイスキー場へ行っているI君からガリガリのバーンです。と、
メールが入りました。


2012/3/17 札幌ドーム NIGHT RUN 

http://www.youtube.com/watch?v=Yq31wB9exLM&feature=youtu.be

2月から4月までの札幌ドーム貸し切りイベント以外の日の夜6時から9時までの間、ランニングコースを
解放しております。3階の通路を一周して712m、雪解けが進み足元が悪いこの時期には、最高に有り難い
場所です。自宅から車で45分で別世界が味わえ新鮮で楽しいランニングが出来ました。


2012/3/10 支笏湖 恵庭岳 

            

今日も絶好の晴天となり、何時ものI君と、恵庭岳へと向かいます。支笏湖温泉からポロピナイへ

向かう湖畔の道路沿いには、相変わらず鹿が数十ぴき居て、鹿公園のようです。この道は、25年位前

以前有料道路でした。自宅から50分車で一番高い位置に来れる、冬季閉鎖のオコタンゲートに到着です。

恵庭岳と言う隣町の名前が付いてますが、地図上は、千歳市の火山山です。裏斜面は、札幌オリンピックの

滑降コースでしたが、現在は、植林され森林地帯に戻っております。私達が登る見晴らし台コースは、

山スキーヤーの登るコースの一つ隣の尾根ですが、全く違う場所へ向かいます。

見晴らし台は、行き成り急登の場所で、手と足の4WD登歩でグッタリときます。どうやら雪面には、

誰も登った形跡も無く、シュプールの痕跡も全くありません。スノーシューで登るにつれ木々からの光で

雪の結晶がキラキラと輝く柔らかい新雪が春の圧雪斜面の上に10p乗っており滑走には、最高の感触です。

登る事3時間、爆裂火口を一望できる1000m付近の見晴台到着です。I君とは、夏季ルートで一度、

私一人で数年前の4月に、この場所へ来てます。下界では、見れない火山特有の白銀の世界です。

モノスキー滑走ですが、このコースには、オープンスペースが無く、木々の狭い間をショートターンでクリヤーして

行きますが、肩でかわした木の枝が、背中に背負ったスノーシューに引っかかり、バキッと木の枝が折れる音が

響きます。I君の方からも奇声と枝が折れる音が静かな森に響きます。また、3mの波状地形や小さな沢の

ハーフパイプ地形さまざまに、起伏にとんで面白いですが、無数の小さな沢を本コースから一本間違えると、

登り返さないと戻れず、何処へ行くかわかりません。本コースのマーキングが視線に入る位置で山裾目指して

滑りおります。駐車場には、車が数台来ておりましたが、私達と同じルートの方は、いませんでした。

インターネット検索でもこのルートは、引っ掛かって来ません。


恵庭岳番外編 腰ベルト撮影

http://www.youtube.com/watch?v=WVLVGE1Whow&feature=youtu.be


2012/3/4 支笏湖 幌平山

             
 

何時ものI君と登山滑走です。地元千歳も最近春を感じる温かい日が数日続いてます。本日も絶好の晴れに
無風です。幌平山は、ポロピナイのイチャンコッペ山 登山口から登る冬季限定の山です。笹藪が多く

夏場は、登山道路が有りません。と言う事は、木がまばらで、モノスキー滑走には、最適ということです。

スタートの急勾配は、雪面が踏み固められた登山道をスキーブーツで登っていきます。中腹辺りの雪質が

柔らかくなった頃からスノーシューを履く予定でしたが、皆さんが歩いた踏み跡を進み、山頂手前の

尾根セッピを超えても、そのままスキーブーツで山頂です。地元人にとって街からも見える支笏湖周辺の
山々の景色は、最高です。絶好の日に当たりました。滑走する斜面の雪質は、湿雪です。過去にスノーボーダーが数名

滑って薄れたシュプールも見えます。過去に、ここを滑った事のある私達二人は、他の人が入らない札幌方面よりの斜面へと

移動しながらシュプールの無い場所を滑りおります。最後は、支笏湖から札幌線の道路に出ますが、雪崩止めフェンスに、

堰き止められ横から脱出し、道路を歩いて駐車場まで帰りました。帰り道、支笏湖湖畔の雪解けが進む山裾には、

雪下から出た餌を求めて道路沿いに鹿たちが30匹ほど点々と冬季、生と死の掛った必死の食事中で車が通過しても逃げません。

鹿から3mほどの道路に飛び出してきたら、私の軽自動車が大破損もしくは、廃車です。鹿さんから離れて走りますか。



2012/2/26 夕張 福住滑走 

             

朝起きると、天気予報に反して晴れてます。I君に電話入れ夕張へ。炭鉱全盛期の住宅街福住を

滑る予定です。現在は、無人地域で建物もありません。谷底から山の斜面最上部まで続く階段状の

元炭住斜面滑走です。何時ものメロン城ゲートからスノーシューで入り、メロン城山の前まで来ると

I君がチヨット寄り道で1本滑りましょう。と、言い、山を迂回する裏斜面に入る時に、山間全面に響く

爆音が鳴り続いて聞こえます。その時、下斜面から駆けあがって来たスノーモービルが、顔を出しました。

また一台、また一台結局5台のスノーモービルが、私達がこれから滑る斜面目がけて、臨戦態勢で

エンジンを蒸かし、全速力でメロン城山の急斜面をウイリー気味で、失速寸前まで次から次へと駆け上って

行き、一気に斜面がキャタピラで掘れグチャグチャです。しかしスノーシューで歩いて登っている私達に、

気を使ったのかは、解りませんが、反面を残して、更に最上部の斜面へと爆音を残し一気に去って行きました。

I君と取りあえず残り物の斜面を一本ずつ滑り、メロン城山を後に、福住へと、横へ上へと進んでいきます。

すると、白い斜面に、こげ茶色にサビて、ぼろぼろの鉄製の遊具が目に入りました。ブランコです。

あまりに多い積雪で、私達の背丈より低い雪に埋もれた昭和30年代のブランコです。

ここが福住7区最上部の公園付近から、一区の谷底目がけて階段状斜面滑走の始まりです。

帰りは、20分ほど道路を歩いて上部にあるメロン城ゲートに車を取りに帰ります。


私達が福住をウロウロしていると、対岸の斜面のキャラメル村に、黒い米粒大の人間が巨大ジャンプ台で

滞空時間の長いエアーを5人ほどで飛んでいるのを見掛ました。帰りにその場所へ行き、ノーマーターボードの

撮影かなと思い、注意して観察してましたがテレビ局では、無いようです。エアー台に、指示者。少し離れた

丘に撮影専門のカメラマンの本格的撮影してました。それにしても全員凄ボーダーだ。


Monoski 2010年〜2011年 Mount Racey まるたけ編

http://www.youtube.com/watch?v=QLk5qxhJYa8&feature=youtu.be

MONOSKI 樽前山 惨敗 7合目ヒユッテから引き返す。2010年

http://www.youtube.com/watch?v=mEmNKOehNLQ&feature=youtu.be


2012/2/18 夕張 マウントレースイ

          

 
朝、夕張向って車を走らせていたら、家から電話がきました。ソファーに、上着のウエアー置いてあると。

ピンチです。長沼温泉まで来てるし。直後に、何時ものI君から電話が入り、今起きたんだけど、今日レースイへ

行ってる?。チャンス到来です。I君家から10分の我が家に寄って、ウエアー持ってきてと、頼みました。

I君の車早い、9時30分には、レースイ駐車場到着です。有難う御座いました。

今日のメニューは、圧雪バーンをデジカメ追跡撮りと、後頭部のゴーグルバンドに、挟むアタッチメントを

作ったので、後方撮影です。後方撮影は、滑走者がカメラレンズの向く方向へ合わせて滑るため大変です。

どちらも、どのような滑走ラインで、どのように滑るか、打ち合わせが有っても、そこそこ程度の撮影しか出来ません。


2012/2/11 夕張 マウントレースイ ナイター

            

睡眠中の朝6時に、I君から明日レースイ行きますと、メール来ました。明日か、と、また寝るが

朝9時過ぎに、レースイ晴れてきました。新雪30pの追加メール。何。明日のはずじゃー無いのか?

携帯を見ると昨夜の11時過ぎに、発信となってる。もー寝てたし。夜中は、携帯の電源切ってるし、

間に合わなかった。と言う事で、皆に、新雪踏まれ凸凹のレースイナイターへ行って見ることにしました。

毎年4人乗りリフト線下に、コブラインが出来ますが、今年は、降雪が多く、すぐに埋まってしまい、

なかなか掘れて来ませんが、最近やっと、小さく掘れてコブラインが出来初めて来ました。

レーシングBにもコブラインが有りますが林に囲まれ何処からも見られず、滑っている数人だけです。

やはりモノスキーヤーは、リフト線下滑走ですよ。


2012/2/5 夕張 マウントレースイ 

            


変形小型三脚をデジカメにセットして、後頭部ゴーグルバンドに挟んで後方撮影で追いかけてくる

スキーヤーを撮る実験に行ってきました。晴天の千歳を出発しレースイの圧雪グルーミングバーンを

想定しておりましたが、夕張の山だけ雪雲の中にスッポリと覆われてます。ゲレンデには、朝方降りたて

の新雪が30pほど積もってます。一緒に行ったI君と取りあえず新雪楽しんでから撮影にしましょうと

なり、リフト線下へ飛び込みました。一ターン事に、硬い底当たりで圧雪を滑ってる感じで今一。

林に入ると一気に軟雪深く3m進んで失速停止。風により雪の積もりぐわいに波があり読み切れません。

後方撮影やコブ撮影をして、最後の一本スリリング経由から駐車場へ落ちる深雪が、今日の最高の

1本となりました。私が滑り駐車場に、出て上を見上げると、目線の上部1/3が青い空に、白い壁を黄色い

ウェアーのI君が腰まで埋まりながら真っすぐ下へとターンして来ます。
カッコイイ。。と思った瞬間、後ろにいた

帰り支度の女性ボーダー達からカッコイイと、黄色い声が聞こえます。40代のオヤジI君がカッコイイ?。

いゃ、このシュチェーションが素晴らしいのです。ヤッタと言う気持ちで、ストックを漕ぎゲレンデへと戻ります。


2012/2/2 夕張 メロン城 山 

インフルエンザも治り。気力も回復致しました。冬季閉鎖中の行き止まりの道、メロン城ゲートに車を止め屋外で

着替え中のズボンを脱ぎスキータイツの状態の時に、ちようど下のカーブからパトカーが現れました。ピンチ

慌ててスキーパンツを履きました。私の前でパトカーもUターンして、ボードで登りますかと尋ねて来て、遭難

しないように気おつけてくださいと、言葉を掛けられました。その後すぐに、道路パトロールカーに、工事現場監督

と連続車が上がってきます。なかなかゲートをくぐるチャンスを与えてくれません。普段の冬は、ほとんど人が

近寄らない場所なのですが。道路工事の関係でゲート内の道も完璧な除雪がなされ15分でメロン城山へ

到着です。山の裏側の林道から山頂へめざします。風の影響で密度の濃い締り気味の雪でスノーシューで歩くには、

楽な感じです。撮影をしながら4時間かけて7本滑りました。青空の晴天で山頂以外風も無く気持ちの良い

一日に納得の滑りで終了です。

                


2012/1/22 レースイ スパイラルコース

http://www.youtube.com/watch?v=6zJghMwkTZk&feature=youtu.be

千歳では、冬季小学校の体育授業は、グランドに、作ったスケートリンクで、スケートをしますが

中学生になると、たいていの学校がスキー授業へと変わります。始めてスキーをする子達が40%ほど

いるようです。娘の友達が初スキー体験で、近所の丘で妻が指導しました。また、同じ場所で学校の

スキー授業を行い、2月に夕張レースイへ2回滑りに行来ます。 その前に、リフトの乗り方やゴンドラの

乗り方、レースイのどのコースが自分の実力で滑れるか、初めてのスキー場練習に娘の友達を

連れてレースイへ行ってきました。 スキー3回目でここまで滑れれば上出来です。


2012/1/16 大雪警報発令中 夕張マウントレースイ  

              

2日前、降雪がありナイタースキーへ行った時から3日間雪降りの夕張です。レースイHPの降雪記録によると

1日目朝30p。2日目朝40p。そして今日の朝70pと発表してました。アメダスの24時間降雪量でも57p

完璧な
大雪雪害です。当日夕張には、大雪警報が発令されておりましたが、体が疼き昼目がけて夕張へ

行って来ました。千歳は、この3日間で3pほどしか雪は、降ってませんが、自宅から1時間山上の街夕張は、

やはり大雪降り続いてます。コースの圧雪も半分位しか掛っておらず、80pの段ちの高さで深雪三昧です。

ゴンドラを降り、圧雪のかかって無いコースへ突っ込むと、10mほどで失速停止です。ビンディングを外し

圧雪までラッセルで出て来ます。中斜面のダンシング系の深雪に入るや、3ターンで失速停止腰まである

雪をかきわけて出てきました。ダメだ。今日は、雪が深すぎて楽しめない。急斜面のあるレーシング系に

移動して、深雪でも止まらず滑れる感じです。雪が肩から抜けゴーグル下の顔に雪煙りが掛り濡れ痛いです。

素手で拭き二人乗りリフトへ乗ります。完璧コース内でも悪戦苦闘の雪害でした。


2012/1/14 夕張レースイ ナイター

新雪マップや雨雲レーダーを見ていると、夕張へ目がけて、巾の狭い範囲で断続的に、レースイへ雪を降らして

おります。結構な降雪の昼間を滑走しても、雪面の凹凸も見えなく、思い通りの滑走が出来ないと思われ

暗くなりナイター照明がつくと、降雪も気にならなくなり雪面の凹凸の影が出来て滑りやすくなる時間目がけて、

I君とレースイへ行って来ました。夕張市内へ入る峠の道路端が降雪で見えなく大変でしたが、駐車場に着き

入り口ですれ違った妻の知人の車の窓からは、凄い雪降りだと声を掛けられました。外気温−10度でカメラの

設定を素手で行っていたら、手が痛くなり固まり始め慌てて、センターハウスへ掛け込みストーブの温風で温めました。

サラサラの良い雪が積もってましたが寒かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=oYxS3GYDSD8&feature=youtu.be


2011/1/9 夕張 キャラメル村

今まで3回目のキャラメル村です。車を駐車する場所を掘り、スノーシューでの登り口に階段を掘り
スノーシューで、25分ほど登るとズリ山の山頂の御手軽コースをI君と3本ずつ滑りました。

            


2011/1/3 夕張レースイ

            

モノスキー大回りの良い動画が撮れました。今年は、この撮り方に、はまりそうです。シーズンはじめに

メインのデジカメ液晶にボードズボンのベルトの金具が当たったと思われ液晶がガラスの割れた模様で

真っ黒となり使えなくなった物をストックに取り付け動画専用に使ってます。滑走の風を浴びてより一層

低温状態が続く為か、バッテリーもすぐになくなります。この日の朝は、強風でゴンドラが運行していません

でしたが、途中から動き出し、行動範囲も広くなりました。


2012/1/  駆け巡るI&M   悪者は、この二人だ。

http://www.youtube.com/watch?v=3wm-LLIOf04&feature=youtu.be


2012/1/2 二人目のストック撮影

日本のモノスキー界二人目のストックカメラ撮影動画が届きました。
新潟のぺい さんが、早速やってくれました。ストックに取り付けた小型防水カメラで、斜め上前方からの
撮影でかなり深い新雪を上手に撮っており流石です。私も今度前方からの撮影に挑んでみます。

http://www.youtube.com/watch?v=Ld-fr6ZmNoY&feature=youtu.be


2011/12/26 夕張レースイ ナイター

            

千歳にも30pほどの雪が降り自宅などの除雪を終わらせ、I君と夕張のナイターへ行きました。

時間が昼間の3時から夜7時までの変わったナイター時間帯です。レースイHPでは、40pの降雪に

午前中強風で停止していたゴンドラが昼から動き出したと、書き込みを見て、ゴンドラも乗れるなーと

思ってましたが、スキー場へ到着すると、ゴンドラ搬機がしまわれありませんでした。

1本目からリフト線下の誰も入っていない新雪に突入するやいなや、前転です。新雪の雪質のはずが

違いました。強風で雪面の表面が多少固まりクラスト気味に、雪の密度が濃く重い。雪付きの良い場所を

見つけては、突入しますが、モノスキーの板のトップが沈むと、前転ぎみに急ブレーキがかかります。

新しく買ったフリースタイルストックのリングに自在三脚でカメラを取り付け最近ユーチューブなどで

外国のスノーボーダーが撮影用アルミポールに、専用の広角カメラで撮影しているのを真似して見ました。

多分日本のモノスキーヤー初の試みと思います。ポールを持つ手を肩近くまで上げカメラを頭上から

撮影する感じで撮ると、全身とモノスキーの板も入りパッチグーでした。I君の撮影法は、真横からの

撮影で上半身は、綺麗に写ってますがスキーの板が全く写って無く、次回の撮影法のヒントになりました。

また、大回りを撮影すると格好良く撮れる事が解り、次回ゲレンデに行った時は、大回り専門動画を

撮影してきます。


2011/12/11 神通抗 跡地散策 

夕張石切神社の更に上部の真っ白い山中に黒く土が露出した所があります。大正13年に自然発火で坑口を閉鎖。
現在も山中の石炭が燻って燃えており水蒸気が発生し雪が積もらない場所です。

http://www.youtube.com/watch?v=PtY4Zrdtxwk&feature=youtu.be


2011/12/8  雪国温泉

50pの新雪をスノーシューで歩いて1時間。山の中の温泉へ行ってきました。

http://www.youtube.com/watch?v=87QZ6EssW8k&feature=youtu.be


2011/12/6  夕張 レースイ 

マウント レースイスキー場オープン4日目に、行ってきました。前日と今日の午前中の降雪で、新雪が30p

積もり、絶好のモノスキー日よりです。雪不足で圧雪車が入れ無かった場所やコース脇には、50pの深雪です。

コース内の圧雪の上へも、20pの乾いた新雪です。レースイの斜度では、50pの新雪失速してしまい

途中止まってしまいますが楽しかったです。 今日は、平日とあって お客さんも午前20人、午後も20人ほどで、

11時頃から太陽も顔を出し、裏側コースも滑れれ、自由自在に滑走できた日でした。


 http://www.youtube.com/watch?v=EWLFi1xeS4c


2011/12/2  フランス モノスキー協会プログ らしい 

フランスモノスキー協会のリーダーの方からユーチューブ動画登録がありました。

また、メッセージが届き フランスモノスキー協会プログらしき所に、私のモノスキー動画が掲載された

ようです。 光栄です。 フランス語の文章が有ったので、和約サイトに入れてみると、こうなりました。
 ライジングサンの国のモノスキー。誰もがはっきりと雪不足です。と、昇る太陽の側に、

それが発生しているように見えます...。

    


2011/11/26 THE 万字 

人工の山、ズリ山です。石炭を掘った残土を積み上げた山です。現在は、森林公園となっております。

夕張の山裏にあたる万字地区大正時代石炭を夕張へ向けて10キロの道のりをリフト輸送していたそうです。

夕張から万字峠を通れば、近いのですが、1年間道路封鎖しており今年は、岩見沢経由で来ました。

昨年I君と来た時には、雪が胸まで積もっており、これは、スノーシューでも歩けないと引き返しました。

例年、小さな万字地区の住宅街から除雪されていない林道を歩いて向かいますが、今年は、ずーと

山奥まで除雪した道が出来ており、突き当りまで車で行ってみました。土木工事事務所があり車が何台も

駐車できるスペースです。現場監督さんの許可を頂いて、駐車出来ました。片道徒歩で20分ほどの短縮です。

また、現場監督さんいわく、山の中腹を熊が横切った足跡が以前雪面に有り気おつけてくれと忠告を頂きました。

いきなり、滑走可能な位置からのスノーシュー登りでラッキーです。以前降った大雪が固まり下地が出来て

おり、地面の階段を全て覆いかぶし平らな上へ、新しい柔らかな雪が25p積もってます。登るにも、滑走にも

丁度苦がなく良い感じでした。山頂手前の松に道を封鎖されましたが、迂回して山頂へ到着。

1本滑り、再度登り封鎖松の所から2本目の滑走しました。

 http://www.youtube.com/watch?v=2n-cwnLp6sA


2011/11/18 初滑り

テレビニュースでは、連日岩見沢や夕張の同じ位置に連続的に雪雲が流れ込み、1日で40pの降雪に、

更に翌日も降り積もると言ってます。3日間の雪マークが消え、空知南部に、晴れマークが出たので

夕張へ向って見ました。

夕張に雪が積もると、例年万字峠の最上部、丁未風致公園へ滑りに行きます。レースイスキー場の山頂より

幾分高い位置で良い雪が残っており、地面も草地で多少雪が少なくとも何とか滑れる場所で気に行ってました。

しかし万字峠の一部の路肩崩れの恐れで、冬季のみの封鎖が丸一年通行止めです。夏季は、丁未風致ゲートまで

行けましたが、夕張に大雪が降った次の日には、手前のメロン城ゲートが締められ、何時もの初滑りの場所へ

行けなくなった今年です。

天然雪のスキー場は、何処も雪不足でオープン出来ない状況の中、岩見沢を中心に一部の地域集中の

大雪でラッキーでした。

昨年の4月に滑走した場所へ向かいますが、歴史村の上に掛る橋が除雪されておらず、ここからスノーシューで

歩いて進みます。スノーシューで歩くと、膝下まで埋まりストックを雪面に刺すと50pの積雪です。

雪面には、雪の結晶が重なりあって見え軽い良い雪でしたが、太陽の日差しにより、段々重たい湿雪へと

急変して行きます。キャンプ場脇の木の少ない斜面を6本滑り、遅い昼食へ夕張名物カレー蕎を食べに

行きました。帰りにレースイスキー場を見ると、圧雪車が斜面を登って行きますが、キャタピラで踏みつけても

緑の草や土が出ておらず、こちらも結構雪が積もっておりますが、オープン予定が12月3日のため

従業員が揃っておらず、雪が降っても営業のお預けのようです。


http://www.youtube.com/watch?v=VYxCW8_o9c8&feature=player_embedded


2011/11/6 THE 対決

仮想コブ対決。相手の揺れに巻き込まれないように、自分のラインを真っ直ぐ滑り下りる

http://www.youtube.com/watch?v=yDQYnIBwbYU


2011/11 ニセコ ヒラフへ

ヒラフゴンドラ横に、センターハウスを建設中との事で見に行って来ました。場所を移動してバスターミナル
駐車場へ来ると、バスターミナル裏手に建つ ぽぽろの湯 と ホテルスコット が消えてます。
何も無く更地でした。新聞によるとアジアのお金持ちが買い取り、新しく外人向け高級温泉ホテルが来年
建つそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=T4cYLUeh_EQ




アクセスカウンター


現在の閲覧者数:


web拍手 by FC2


トップページに戻る


 2011.11.5開始