北海道 温泉チビッコ 探検隊


目次


ニセコ町 ニセコ東山 新館  2008年2月 NEW 

             日帰り入浴 1.000円

今回は、温泉入浴付きリフト券でスキーへ行ってきました。お風呂の場所は、写真のホテル裏側

1階に有り天候が良ければ正面に羊蹄山がバッチリと見えるはずです。ホテルの規模にしては、

幾分小さ目の入浴施設です。またオーストラリアのニセコブームで外国人の方も多く入浴しておりました。

洗い場は、大きめの一区切りごとに、石のつい立で、仕切られており隣が全く見えません。内風呂一つに、

同等サイズの露天風呂です。露天風呂から溢れた温泉水が目の前の池へと流れて行きます。

池の中では、全長50cmほどのコイが群れをなして暖かい温泉水の流れ込む場所に集中しており、手で

撫ぜられる距離におりました。温泉水は、薄い黄緑系で、源泉温度は、53度を水でうすめて温度調節

しているそうです。無味無臭。 加温、循環は、無し。


洞爺湖温泉町  天翔  2007年12月  

           

温泉街中心部湖畔に建つ天翔は、目の前に洞爺湖がドカーンと見えます。浴場は、最上階、屋上には、

ガラス壁で仕切られたスカイプールがあります。水温が40度ほどありプールと言うより露天風呂です。

水着に着替えて屋上へくるお客さんは、少なく私達家族の貸切状態でした。  最上階のお風呂は、湖畔に

面して横に長く、かなりの大きさが有り、何処からでも絶景が見れます。 全ての浴槽温度が41度とほどで

私にとっては幾分熱めで長居できません。また打たせ湯、寝湯、気泡風呂全てが同じ浴槽に有り湯温も全て

同じでメリハリがないような気がいたしました。1日交代で様式の違う男湯、女湯の入れ替えになっております。

   混合泉37度 循環加温 無味無臭でした。


札幌市 定山渓ビューホテル  2007年11月

              

水の王国ラグーンがリニューアルして、子供の遊具が増えたテレビCMが流れているので行ってきました。

ホテルには、午前10時に到着です。宿泊客の帰宅渋滞している駐車場を無理しゃり突進です。日帰り

入浴客も次から次へと来ております。系列ホテルで使えるカードを使用して大人600円で入場できます。

数えきれないほどのプール施設は、同じでしたが、巨大水鉄砲、シーソー、ブランコ、など遊具にも水鉄砲が

備わっており、施設全体が綺麗に修復されておりました。前回死海プールでは、塩分濃度に体のカキ傷が絶えられ

なくビリビリして一瞬しか入れませんでしたが、今回は、無重力状態のように浮いていられました。妻と子供達は、

ビリビリとしみて入られ無いと言っておりました。プールにも水着で入れる露天風呂があり雪景色の中

家族で入る露天風呂は、良い物です。お風呂には、馬油シャンプー、リンス、石鹸。炭シャンプー、リンス、石鹸

やノーマルな備品も充実しております。


千歳市 支笏湖 北海ホテル 2007年10月

          大人800円

内風呂の真中に高さ1.5mほどの日高石がドカンと置いてあり、露天風呂中央にも違う岩がドンと

置いてあります。露天風呂は、黄土色のプラスチック製の竹で塀になっており2箇所覗き窓が付いて

おりますが、外の景色を覗くと温泉街駐車場とスタンドが見え今一でした。 お湯の色は、透明で

無味無臭で肌触りが、かなりツルツルするお湯でした。源泉温度が35度で加温してあります。


札幌市 定山渓温泉 手湯足湯めぐり 2007年9月

     

   定山渓温泉街散策

今回は、宿泊も無し、日帰り入浴も無し、手湯、足湯のみを徒歩で定山渓温泉街を回ってみました。

宿泊や日帰り入浴に来ますと、定山渓の温泉公園を回る時間が無く、今回徒歩によりトコトン調査して

きました。何よりも驚いたのは、河童の銅像と石造の数の多さです。数えきれないほどありました。

   詳しい続きは、→→ 定山渓温泉 手湯足湯めぐり


長沼町 長沼温泉 2007年9月

        大人500円

隣町の長沼町です。自宅から車で30分で温泉に到着いたします。夕張レースイへ向かう時は、必ずこの前を通り

ますが近年この温泉からは、足が遠のいておりました。バブル時代に、2度ほど入浴いたしましたが当時は、長沼温泉

ブームだったのか、洗い場や大きな休憩室が何時も満員の為、敬遠しておりました。が、現在は、洗い場や休憩室で

くつろげる位のお客さんの入りで良かったです。温泉は、地下1.500mから湧き出た食塩泉で、お湯の色は、微妙な

薄緑色で、浴槽内には、黄土色の湯の花が浮遊しております。


伊達市大滝地区 御宿かわせみ 2007年7月

           大人500円

建物は、大正5年に料亭として始めた頃の面影を残した温泉宿です。手作りの変わった露天風呂が

有るそうですが、施設全てが老朽化しており、ミステリーチックな場所でした。

玄関を入りフロントで、入浴の方は、紙で出来た箱に500円をお入れくださいと書いてあり、その横には、

お釣りの100円玉が20枚ほど剥き出しで箱に入っており、セルフ料金支払いシステムの用でしたが

経営者の方を呼んで直接料金を払うと、初めての方ですね、と話だし、お風呂の行き方を教えてくれました。

5人ほど入れる内風呂は、建物の半地下にあり、洗い場は、1箇所でシャワーのお湯が少量しか出てきません。

そこから建築足場で出来た謎のトンネルを進むと、川の上に手作りの大きな露天風呂があり、中心部を左右に

分ける形で、長さ3mほどの木製の板で出来た椅子らしき物で深い場所と浅瀬にしきられておりました。

そこから建築足場用階段で川の中へ降りて行くと、ここにも川原の石を積んだ大きな露天風呂があり浴槽の

外には、川の水が流れております。完璧違法露天風呂ですが素晴らしい場所でした。

お湯の色は、透明、匂いは、無し。源泉温度が高い為、水で薄めておりました。


夕張市 ユーパロの湯(経営会社が変わりました) 2007年7月

経営会社が変わり温泉が復活いたしましたので、入浴しに行ってきました。

夕張市第三セクターが運営しておりましたが、市が破綻し温泉施設も閉鎖しておりました。

数ヶ月間休止を経て7月から民間会社が営業を再開いたしました。料金体制が変更となっております。

市外のお客さんは、600円+入湯税50円で650円。50円高くなりました。

市内のお客さんは、390円+入湯税50円で440円。160円安くなりました。

温泉設備、温泉水的には、変わりありませんが、無料大広間が、レストランの座敷化しており

前のように、昼寝をしたりして、のんびり出来なくなったような感じです。が、ソフトドリンク一杯100円

季節販売の夕張メロン四分の一カット500円などのメニューが見られました。私的には、夕張メロン

ソフトクリームのメニューが無くなったのが残念です。写真は、2004年7月の記事を参考にしてください。


蘭越町 ニセコ 鯉川温泉 2007年5月 

        大人500円

ニセコ昆布温泉郷の最初の宿で、開業明治32年だそうです。昭和初期の風情が残る内風呂は、

結構深く中腰で入る感じです。湯の温度も幾分高めに設定してあり、露天風呂は、40度程度で

長湯ができます。露天風呂の目の前に巾3mほどの小川の滝が見え絶景です。が、女風呂から

の方が良い眺めのようです。お湯は、源泉70度と30度をブレンドして温度調整をし、かけ流し

です。お湯の色は、薄緑の白乳色で、いかにも温泉と言う気分になれます。湯飲ができ味は、

濃厚な味の素に、鉄分が含んだ感じで、一口も飲み込めませんでした。残念なのは、洗い場が

2箇所しかなく、順番待ちでした。


新冠町 レコードの湯 2007年5月 

             大人500円

以前、判官館キャンプの時に、2度ほどお世話になった場所で、今回3度目となりました。

小高い丘に建てられたログハウス調の大きな施設です。温泉施設に増築された宿泊棟、パークゴルフ場

も完備しておりました。温泉水は、透明で幾分ぬめり感があります。源泉温度が33度と幾分低い為

内風呂は、加温、ろ過循環。露天風呂は、加温、ろ過の表示がありました。露天風呂からの景色は、

レーコード館 展望台や海が見え良い眺めです。また、施設の従業員の良さが目立ちました。


千歳市 休暇村支笏湖 2007年3月 

             大人700円

支笏湖温泉街を離れた小高い丘の大自然の中に、建っております。お風呂場は、湯船が1箇所と

サウナが有り、洗い場は、7箇所と、こじんまりしていますが、無色の温泉水は、ヌメリ感があり良い感じです。

源泉温度は、34.7度で加熱しているそうです。玄関には、歩くスキーやスノーシューが、各10台ほど有り、

宿泊者は、雪原の散歩が出来るようです。


白老町 虎杖浜(こじょうはま)温泉ホテル 2007年2月

                 大人600円

5階建ての立派な建物で受付を済ませ、渡り廊下を進むと昭和の匂いのする大きな休憩室があり各食事も

できます。続きの渡り廊下を進むと温泉施設とプールがあります。25mの本格的温泉プールと幼児プール

が有り、幼児プールには、滑り台も付いていますが、温泉水温が40度あり皆さんプールで冷えた体を暖める

ために、大人も首まで浸かっております。お風呂の方は、3種類の温度の違う浴槽とジャグジーと露天風呂が

ありました。3種類の温度の違う源泉バルブを調整して源泉掛け流しにしているそうです。

お湯は、濃縮昆布だしの色で無味、無臭。ヌメリの有るお湯で湯上りに肌がツルツルです。


白老町 虎杖浜 オオクラスパランド2007年1月

    

温泉水を使ったプールとウオータースライダーは、真冬の子供達にとって最高の遊び場です。

宿泊部屋数が10部屋なので、日帰りお客さんが来る前、帰った後のお風呂は、貸切状態になります。

早朝、露天風呂で撮影に成功です。海に面したこの露天風呂からは、低めの塀ごしに、太平洋が見られ

ます。女風呂は、塀が高く立たなければ海が見えないそうです。

お湯は、濃縮昆布だしの色で無味、無臭。ヌメリの有るお湯で湯上りに肌がツルツルです。

海岸沿いなので食塩の味かと思いましたが無味で、ヌメリ感が強く かなり良いお湯でした。

源泉温度が47.5度と高く温度調節後、源泉かけ流しの場所です。  日帰り大人1.000円

 続きは→虎杖浜(こじょうはま)温泉 オオクラ スパランド  


蘭越町 湯本温泉 紅葉音(あかはね)2006年12月

           大人800円

この場所は、1年ほど前には、ちせの湯と言う名前でしたが、高級感を出した温泉へと変わって

おりました。宿泊客数に合わせた大きさの内風呂と屋根付き露天風呂があります。内風呂は、床や

壁、天助、洗い場の仕切り、椅子全てが木製品で整えております。露天風呂の底には、湯本温泉

独特のライトグレーの湯の花が沈殿しており、湯の花を手ですくい泥パックの用にして使います。

お湯の色は、濁ったグレー色で、かなりの硫黄の臭いがいたします。源泉温度が56度有り、冷まして

から浴槽へ、かけ流しの温泉です。


倶知安町 ひらふ温泉 ぽぽろの湯 2006年11月

           大人800円

この場所は、ニセコ グランヒラフ スキー場の駐車場前に有ります。ホテルスコットと共有の日帰り温泉

施設で、1ヶ月前にオープンしたばかりです。コンクリートの建物ですが、施設南側は、全てがガラス張りで

2階のお風呂からも1階のレストランからも羊蹄山が目の前に、そそり立って見えます。

2階のお風呂は、内風呂、露天風呂共に、浴槽が同じ大きさで広めです。洗い場は、ヒラフに訪れるオーストラリア人

を意識してか1ヶ所、1ヵ所が広めの設定に、感じました。 お湯の色は、透明な黄土色で無味無臭です。


岩見沢市 北村温泉 やすらぎの湯 2006年11月

  

この温泉施設の前や裏手にあるキャンプ場の遊具施設には、立ち寄っておりましたが、温泉入浴は、

初めて入りました。駐車場には、近年作りあげた屋根付き足湯施設を無料で楽しむ事ができます。

源泉温度が43度と入浴温度に近い為、源泉から直接湯船に、かけ流している贅沢な温泉です。

内陸の温泉ですが、かなりシヨッパイ強塩泉で、肌にある傷にしみます。お湯の色は、薄緑で鉄分の臭い

もいたします。無料休憩大広間は、かなり広く、くつろげます。売店も充実しておりました。 大人500円


千歳市 支笏湖 丸駒温泉  2006年10月

台風並の強風の日に、支笏湖温泉街対岸の丸駒温泉に行って来ました。紅葉の始まった葉が

全て落ち、舗装道路が落ち葉のジュータンです。鉄分の含んだお湯の内風呂で暖まってから

地下通路と外廊下を小走りに歩き支笏湖湖岸にある露天風呂へ入ると、深い深い、私の胸までの

水位が有り、長男の肩まで水位がある露天風呂です。温泉水温がぬるいので源泉場所を捜して

暖まる事にしました。山崖下の溶岩石のすき間1箇所から緩やかな流れで温かいお湯が沸いて

おりました。   湖面と同じ高さにある露天風呂の排水は、支笏湖へと流れる為、支笏湖の水位の

上下動により露天風呂の水位も変わります。雪解け水が入る5月6月は、水位が高く露天風呂の水位が

170cmとなり入浴禁止の時などありました。前回訪れた時の水位は、50cmで座って入れました。

    2004/6月の前回書き込みも参考にしてください。    大人1.000円


千歳市(銭湯) 千歳(せんさい)の湯えん 2006年9月

         

高速道路千歳インター側で、千歳インターゴルフ場の銭湯です。今年の春にオープン致しました。

ゴルフ場専用のお風呂を一般のお客さんも入浴出来るシステムです。内風呂もいろいろあり

珍しい物は、深さ120pの浴槽に立ったまま入り、手すりに捕まり背中にジェットバスを受ける物を

初体験いたしました。また、立ったまま入る水風呂も珍しかったです。露天風呂は、3浴槽あり

高温の風呂、低温の檜風呂、薬湯の岩風呂と広々とした作りでした。低温の檜風呂に入りながら

テレビを見れる用になっておりました。


鹿部町   間歇泉と足湯 2006年8月

  

鹿部町間欠泉です。12分間隔で温泉が、12mの高さまで吹き上がります。石壁内部は、間欠泉の仕組みや

各国の間欠泉の紹介など博物館の用になつておりました。目の前の足湯に浸かりながら時間をつぶし

吹き上げる温泉を見るシステムの用です。


北斗市大野地区 せせらぎ温泉 2006年8月

         

キャンプで、2日間お世話になった北斗市健康センターせせらぎ温泉です。建物が横へ3棟つながっており、

浴場が横長でかなり広かったです。お湯の色は、透き通った黄色で、少量の塩分の味に、お湯の臭いが

鉄分臭いです。住宅街の奥まった所にあり看板が出ておりますが少し解かりずらい場所です。


洞爺湖温泉 ホテルグランドトーヤ2006年7月

          

洞爺独特の無味無臭で、湯の花には、赤錆のような粉が湯船の底に溜まります。

湯船は、中浴場位の大きさで、熱め、ぬるめ、ジャグジー、露天風呂に、サウナがあります。

洞爺湖温泉街の真中にあり、湖にも近いのですが、露天風呂からの景色は、見えません。

多分、露天風呂からの景色を望むと、観光客からお風呂が丸見えになるような気がします。


ニセコ町 五色温泉 2006年5月

  

お風呂は、メインの立派な浴場と、サブの右写真の浴場があります。私は、サブ浴場が気に入っており

露天風呂に雪山が、かぶさり雪崩が起きたら生き埋めになるぞ、て、感じです。小屋の中には、内風呂

もあります。左の写真は、五色温泉の源泉と聞きました。お湯は、透明度の無い、グレー色で、かなりの

硫黄の臭いを含んでおります。湯船の底には、グレー色の泥が溜まり、それを身体に塗るのも一つの

入浴方では、ないでしょうか。高度がかなり高い位置にあり、5月中旬でしたが一面真っ白の残雪でした。

10年前に入浴した頃と建物が全く新しくなり以前あった屋根が大風で吹き飛んで、壁だけの浴場などは、

無くなっていました。


苫小牧市 アルテン ゆのみの湯2006年4月 

        

苫小牧市と千歳市は、隣接していますが、ゆのみの湯は、反対側の白老町側、境界ぎりぎりの

所に有ります。途中の大手パン屋 三ッ星に寄り、昼食に出来たてパンを買いアウトリゾート施設

アルテン、ゆのみの湯へ向かいました。キャンプ場のお客さんがほとんどいない時期を狙ってみました。

お湯の色は、黄土色で味は、しょっぱく、髭剃り後や爪でのかき傷にビリビリと、しみて痛いです。

内風呂には、紫色のハーブ湯や発砲湯が有り、露天風呂は、源泉そのままの濃厚な黄土色で

透明度が全く無く、肌がツルツルになります。休憩室も和室。テーブルと椅子。軽食休憩室と広めでした。

ゆのみとは、ハスカップとも言い、小木に実る紫色の小さな果実で大陸から渡り鳥が運んで来たと言われて

ます。苫小牧、千歳、美唄などの特産物となっております。


登別市 登別温泉 大湯沼川 足湯2005年10月

 

登別温泉の源泉、大湯沼から湧き出たの白乳色の高温湯に川の水が混じり、この場所でちょうど

40度前後の好立地に天然の足湯施設を今年の1月に腰掛け丸太や腰掛け石を整備したそうです。

遊歩道を歩き解かりずらい場所ですが、紅葉の時期テレビ局数社で紹介していましたので、大勢

の人が訪れていました。私達もテレビを見て早速浸かりにきました。

大湯沼側から向いますと歩いて10分ほどですが、オロフレ峠側の道から散策路を入り2分で行けます。

 


大滝村 北湯沢温泉 名水亭 足湯2005年10月

       

第一名水亭側の川ふちへ降りた所にあり、駐車場から見えなく解かりずらい場所です。

出水口を見ると高温の源泉に水をたして、温度調節をしておりました。

4段の階段状に作られ、最上段が42度近い高温でしたが、一段下の浴槽へ移ると1度温度

が下がった感じで、一番下の浴槽は、39度位に感じました。100人近く座れる足湯でしたが

この日は、私達家族で貸切のままでした。ここは、穴場で知名度が低いようです。

 


蘭越町 湯本温泉 大湯沼 足湯2005年10月 

 

ニセコの名所大湯沼です。隣には、国民宿舎雪秩父温泉があり泉質的に同じです。湯沼の排出口に、

簡易的な足湯があります。国民宿舎雪秩父温泉の泥パック同様に、グレーの粘土状の湯の花が、

たっぷりと溜まっており、硫黄の臭いも強烈です。温泉たまごも1個50円で販売しておりました。

 


北広島市(銭湯) ワンディスパ  2005年9月 

          

手ぶらOK。料金大人1.000の中に、バスタオル、小タオル、サウナウェアーをかしてくれプールが

あるので、水着だけを持参しました。プールは、丸型のメインプールに流水プール、ジャグジー

などありますが、休日には、お客さんが多く泳げません。(子供メインのプールです。)

お風呂の方は、遠赤外線ブラックシリカ天然鉱石を使用した鉱石温泉と書いてあります。

露天風呂、泡風呂などあり快適でした。また、サウナウェア−を着て飲食コーナーにも移動できます。

 


洞爺湖温泉 洞爺観光ホテル 2005年7月 

          

虻田町 有珠海水浴の帰りに寄りました。先月の手湯足湯巡りで目を付けた場所です。

洞窟風呂が有るとパンフレットに書いて有りましたが、私の勘違いで2週間後のオープンで

まだ改装中でしたが、ガラス張りから覗くと面白い作りが見えました。完成した後には、

また訪れたいと思います。お湯の色は、薄い茶色、味は、無し。洗い場には、炭を使った物や

オレンジ成分のシャンプーやボディーソープが有りました。

 


洞爺湖温泉街 手湯 足湯 14箇所巡り2005年6月

         

今年の春に、洞爺湖温泉街の新名所手湯足湯 が全てオープンし、手湯足湯のスタンプラリー形式

のガイドブックも用意されておりました。なんと言っても全て無料で楽しめるのが素晴らしい事です。

私達は、中央公園駐車場へ車を止めて、昼食を挟んで、前半、後半と歩いて周りましたが、昼食時間を

除けば、1時間半程度の時間で全て浸かりながら楽しめます。車で周っておられる方も結構いましたが

歩いて周りますと温泉街の新たな発見がいくつも見受けられます。

洞爺湖温泉街 手湯 足湯 14箇所巡り 続きは、こちらをクリック

 


函館市 湯の川 渚亭 2005年1月 

          

お目当ての客室の露天風呂からは、函館中心部の夜景を見ながら温泉に浸かり最高です。

1階の大浴場には、低、中、高の三種類の大きな湯船が有り、露天風呂3m前から、砂浜が広がり

冬場でしたが、津軽海峡のイカ釣り舟のいさり火が二つ見えました。温泉は、薄緑で結構しよっばい

味がしました。 宿泊中の二日間で、大浴場と客室風呂に、計7回入り大満足です。

 


夕張市 ユーパロの湯 2004年7月

           

夕張市街中近くに有りますが、ちょっと奥まった解りずらい所に、温泉ユーパロの湯が有ります。

ここも三度目で、夕張一大きな温泉施設です。浴槽も熱め、温め、ラベンダー風呂、ジャグジー、打たせ湯

露天風呂と色々有り、お湯は、黄緑がかった高食塩泉です。飲泉もありましたが、あまりのしょっぱさに、

味見程度で、一口は、飲めませんでした。休憩所も大きな和室とソファーの有る場所の二つ有り広々です。

 


千歳市 支笏湖 丸駒温泉 2004年6月

         

20年前に一度訪れた事のある丸駒温泉に行きました。お湯の色は、透明に近い

薄緑で、鉄分の多くふくんだ臭いと味がします。内風呂は、3浴槽有り、屋外には、支笏湖に

浸かっている錯覚をする展望風呂。ここからは、支笏湖でのチップ釣りのボートがいく艘も見え

素晴らしいロケーションです。また地下通路をへて、20年前に入った事のある湖畔とつながって

いる天然露天風呂にも入りました。また飲泉も有りましたが、キツイ鉄分の味で飲みづらかったです。

  丸駒温泉 展望露天風呂は、私の体験の中でNO1のお勧めの露天風呂です。

 


恵庭市 恵庭の湯  2004年2月

           

ここは、4、5年前までは、キリマンジャロと言う温泉施設でしたが、カーボーイに、

経営権が移り恵庭の湯へと変わりました。料金が1600円なので、私の家から

一番近くに有る温泉施設ですが、今回が始めての入浴となります。

お湯は、この地域に多い、濃いコーヒー色で、ツルツルとするお湯と、薄茶緑色の

食塩泉の2泉もあり、また、試飲温泉もありました。

入浴料金が、1600円とあって、歯ブラシや髭剃り、シエービングクリームの他に、

バスタオル、小タオル、浴衣を使える用になっておりました。

 


恵庭市 恵庭温泉 ラ・フォーレ 2003年12月

         

今の建物に建替える前にも一度訪れた事がありますが、温泉の質は、同じでした。

内風呂には、ジェットバスや打たせ湯も有りますが、お湯が無色透明で、温泉でわ

なく、沸かし風呂だと思います。内風呂と同じ大きさの露天風呂は、この辺の地域

で見られるコーヒー色で塩分の入った温泉でした。

 


月形町 月形温泉 ゆりかご 2003年11月

         

6年前頃に一度入浴していますが、改装工事後、初めてで、全て新しく

なっていました。休憩所は、座敷と椅子の2フロァーに、分かれています。

お湯の色は、薄い黒で、しよっぱい味がします。


東神楽町 森の湯 花神楽 2003年8月

     

二泊三日のキャンプに行った時に、二日続けて入りました。お湯の色は、透明で、

露天風呂が、上下二段風呂になっており、上の浴槽から岩滝になって下の浴槽へ

とお湯が落ちて来て50人ほど入れそうな大きな露天風呂でした。

お風呂の入口や休憩室は、ニ階にあり。各フロアーは、広々として建物分材を

表わし、木を見せる作りの建物で立派でした。


壮瞥町 来夢人の家(きむんど) 2003年7月

 仲洞爺のキャンプ場密集地に有ります。

 ログハウス建ての温泉で、中には、食事処

 もあります。お湯は、透明で硫黄の臭いが

 します。また、ここの温泉を飲む事ができ

 コップが用意されていました。

  大人360円  小人140円

 


札幌市 定山渓 山水 2003年5月

     

スキー帰りに寄りました。以前お邪魔した時は、建替え前でしたが、立派で綺麗な

鉄筋コンクリート作りに替わってました。温泉水は、薄い黄土色の水で、苦味の有る

味がしました。露天風呂も有り、川の上を泳ぐ鯉のぼりが30匹ほど見えます。


夕張市 レースイの湯 2003年4月

          

昨日オープンしたてのレースイの湯に、行ってきました。午前中でしたが、8割方の人の入りで、

にぎわっていました。浴場は、加工された石をふんだんに使い、洗い場は、1人づつ石板で仕切られ

個室のような感じでした。お湯の方は、ヌルミの有るお茶色で、臭いは、ありません。

各浴槽には、大きなデジタル温度計がついており、熱めの浴槽かぬるめの浴槽か一目でわかります。

また内風呂からは、スキー場上部のまだ白いコースが見え景色もいい。

露天風呂には、高さ3mほどの石板を伝わりお湯が流れ込み、あずまやもあります。

また、ミストサウナには、テレビが有り長居には、気お付けましょう。

2Fには、屋台村風レストランと休憩所が有り、メニューの中では、夕張名物長いもかき揚げ丼

と、マイタケそばが、一番売れていたように思います。

先頭に戻る


登別  石水亭 2003年1月

       

石水亭は、4館から成っており、その内2館が、最上階の空中風呂。1館が、半地下の

日本庭園風呂があります。私達の宿泊棟の方にある二つの空中風呂をハシゴして、次は、

いよいよ別館( 右の写真 )の紅葉館へ、冬道の道路を渡り川に掛かった橋も渡らなけ

れば行けないのですが、私達は、浴衣に丹前、足元は、スリッパのままで道路を横断を決意

危ないですが、足元を滑らしながらも別館へ到着。無理して来た回がありました。日本庭園に

囲まれた露天風呂が有り大満足。子供達も3館のお風呂をハシゴして回り、とても楽しかったと、

言ってました。 どの館も内風呂は、少し緑がかった硫黄泉、露天は、乳白色の硫黄泉でした。


 北湯沢 第一名水亭 2002年8月 

 大露天風呂

 第二名水亭と建物は、まったく同じ

 すが、お風呂は、違います。

 25m室内プールも有りますが、テレビ

 のCMで、おなじみの大露天風呂が広く

 子供用露天風呂や打たせ湯もあります。


鵡川町 四季の館  鵡川温泉

 棟続きで、全てシルバー色の巨大な建物

 の中には、プール、温泉、スポーツプラザ

 図書館、イベントホール、食堂、福祉室

 全て一つにした四季の館です。

 入館料大人500円、子供200円で、プール

 と温泉両方に、入れます。

プールは、25m競泳プールの他に、子供プール、ジャグジー、採暖室、サウナも有り

充実しています。また温泉の方は、黄土色のお湯で、すごくシヨッパイ味の強塩水

これぞ温泉と言った感じです。露天風呂には、強塩水の湯船と、週替わり風呂の抹茶

の緑色の湯船があり、お茶のいい香りが、漂っていましたが、今回の露天風呂も

雨降りの露天風呂でした。

先頭に戻る


厚真町 こぶしの湯 滝の有る露天風呂

 今日は、雨でしたがこぶしの湯に、

 来ました。この場所は、小高い丘に

 有り、畑や水田を眺めながらお風呂

 に入れます。また露天風呂には、

 屋根が有り、今日のような日には、

 最適です。温泉水は、無色透明です。


歌志内市 かもい岳温泉 スキー場前 

 砂川市 子供の国へ、キャンプにおとづれた

 時に、入浴しに行きました。写真は、暗くって

 よくわかりませんが、かもい岳ゲレンデ真ん前

 に、ヨーロッパ調の建物が建っており、屋根の

 上には時計台が、付けられています。

 温泉は、無色透明です。また同じフロアー

 には、ガラス張りの大きな部屋に、トレーニングマシーンが、20台ほど並んでおり、

 体育会系の我宿には、最適のようです。


千歳市 勇舞湯  温泉風銭湯

 私達の家から一番近くにあるお風呂場です。

 料金は、380円と銭湯料金です。湯船は、

 ジェットバス、寝湯、紫色の高麗人参風呂、

 週替わり風呂は、緑色のローズマリーの湯

 なんと言っても露天風呂が有り、おまけに

 高温浴槽と中温浴槽二種類有り、お湯は、

青色のミント湯でした。湯上りには、最近取り入れたと言うソフトクリーム、180円値段もグー !


北湯沢 第二名水亭  温泉ビーチ 

今日は、雨でしたが昨年と同じゴールデンウィークに、日帰りで行ってきました。

まずは、大滝村の名物長いもパンを買いに、看板を頼りに販売所へ向かうが、

舗装道路が切れて、砂利道の林道を登りやっと到着、こんな所にお店が、

有るなんてスゴイ。 お店に入るとパンが、ひとつもない。

全てのパンは、冷凍して有り、その場で食べたい人は、電子レンジで、

解凍してくれます。長いもパン 450円でした。

 

雨が、降ったり止んだりの天候の為、気温が上がらず外プールに入ると寒さで、

水中から上半身を出したくないほどの寒さで、監視員も冬用のコートを着ていました。

あまりの寒さで、外プールから25mの内プールへ遊び場を替え、最後は、温泉で、

体を暖めてから帰ってきました。

先頭に戻る


定山渓 ビューホテル ラグーン  

ここラグーンは、1年ぶりのご無沙汰です。最近イスラエルの死海プールが出来

たので、日帰りで楽しんできました。イスラエルの死海湖で取れた塩を使い

海水の10倍の塩分濃度のプールだそうです。

私達大人は、すぐに死海プールに、入れますが、12歳以下の家の子供達は、

制約書に、親のサインをしてから死海プールに、入れます。

プール内で、横になるとすぐに浮きましたが、1分の入浴で、体のあちこちの  

ちよっとした、カキ傷に塩が、しみて痛くなり、すぐに上がりました。

2度目の入浴は、3分位入っていられましたが、長男は、腰の辺りまで入ると、

すぐに上がり、シャワーを浴びていました。後で聞くと長男は、チンコが、ヒリヒリ

痛かったそうです。 また、外には、水着を着て入れる温泉露天風呂があり、

冷えた体を癒してくれます。が、ここにも上層風呂から下層風呂へと、滑り台か、

付いていまして、ここでもお遊びです。

 

 定山渓 温泉の新名所  手湯 足湯

手湯は、カッパの口から出てきた温泉をヒシャクで、すくい手にかけて清めます。

足湯は、ベンチシートに座り、深さ25cmの浴槽に足だけを漬け、浴槽底に

 敷いてある玉石で、足の壺を刺激します。

     

先頭に戻る


洞爺湖 サンパレス  2002年1月

 なんてったって宇宙一

ここサンパレスは、宿泊で3回目、日帰り入浴で、2回目の我が家の子供達の

お気に入りの場所です。今回は、子供冬休みプランなので、子供達には、いろんな

特典が、付いていました。宿泊者は、昼12時からプールの利用が、できるので

洞爺湖に、12時頃到着するように、出発しました。

サンパレスには、本館とクリスタル館二つありそれぞれに、内風呂と露天風呂が

有り、どちらも入浴する事が出来ます。今回は、冬にもかかわらず雪の露天風呂

ではなく雨の露天風呂でした。 残念。

   

真冬に、浮き輪を持って歩く不思議な光景です。

●部屋からは、洞爺湖の絶景が見え、遠くには、真っ白な羊蹄山が、クッキリと見えます。

   

●早い時間帯に、チェク インして人のまばらな、プールを楽しむ何時もの作戦です。

 時間帯に、よって出る波のプールは、最高に、面白いです。

●今回のプールには、何故かレンタルの浮き輪が、いっぱいあり遊び放題でした。

    

●夕食は、お決まりのバイキングでしたが、この季節とご時世も有ってか、品数など

 今までより、少なくなったような気がします。

●夕食後は、子供フリーパスポートで、頂いたゲームコインなどで、競馬ゲームや

 いろんなゲームをしました。


北湯沢 ホロホロ山荘 2001年8月

     岩風呂 

 海水浴の帰りに、寄ってきました。浴場の奥に25mの

 温泉プールがあり、そこでも泳いでから温泉に入りに行きました。

 全ての浴槽は、岩を積み上げて作った岩風呂で、水温高めの浴槽、

 水温低めの浴槽、水風呂、サウナなどあり、水色は透明で、プールも浴場も   

 屋根の半分が、ガラス張りのため、明るく開放的な所でした。

先頭に戻る


由仁町 ユンニの湯  2001年6月

     

     ログハウス建て

ユンニの湯は、ログハウスふうの建て方で、この辺に数件有るゴルフ場と、

間違えてしまう温泉です。雨なので久しぶりに温泉ユンニの湯に行きました。

お湯の色は、コーラと同色の黒で、ヌルヌルします。

日曜日に初めて行ったが、ものすごく混んでいて、びっくり!

以前行った時は、いつも平日の雨の日で、すいててよかったなぁ〜


北湯沢 第二名水亭 2001年5月

   

     温泉ビーチ

  4月20日に、オープンしたての第二名水亭に、日帰り入浴に行ってきました。

  第二名水亭の売り物は、温泉ビーチ 室内には、25m競泳プール外には、

  砂浜を思わせるような作りの温泉ビーチが有り、深さ30cmの幼児プール

  深さ60cmの子供用プール、そして1m20cmの大人用プールここには、目玉の

  本物のヨットが、浮かんでいて、中にも入ることが出来ます。

  外の温泉ビーチは、冬でも遊べるそうですが、私達が行った5月2日には、

  上半身を水面から出していると1分で寒くなり、常にお風呂のように肩まで

  浸かっていたプールでした。 料金は、大人900円 子供400円です。

先頭に戻る


定山渓 ビューホテル 2001年3月

   水の王国ラグーン 

卒業記念旅行でラグーンに行ってきた。いろんな種類のプールがあり親子ともども楽しかった。

でも、長男が使っていた浮き輪が盗まれて残念だった。それは、私が子供の頃に使っていた

ディズニーのおしゃれキャットというキャラクターがついた赤い浮き輪でした。長男は、ショック

だったようです。これから、プールや海に行ったとき私たちはきっと赤い浮き輪を見かけたら

チェックをしてしまいそうです。

      


感想や意見

このページに関する意見や感想などをメールにてお送りください

           Click Here!

新せつこの部屋

趣味の部屋 スキー モノスキー

竹内金物店板金部のページに戻る

先頭に戻る


著作権情報
最終更新日 : 2008/02/15.   開設日 2002/1/9   カウンター始動日 2002/1/9