砂川市 子供の国キャンプ場  2002/6月

 

このキャンプ場は、子供の野外研修が主で、持ち込みテントは、20張り分のスペースしか

無く、しかも予約制。2日前に予約の電話を入れたところ、まだシーズンで無いので空いて

ます。との事、即座にここへ決めました。


   

砂川までの途中昼食をとりPM1:00にキャンプ場に到着。最近に無い好天で、キャンプ日

よりです。受付を済ませ、さあテント設営。休憩をはさんで、メインの不思議の森へ。

料金は、大人のみ300円を払いピラミットの入口を入ると、子供の遊具が、いっぱい有り

中でも6階のピラミット最上部から2階へ向けてのチューブ滑り台が、目を引き大人の

私達も子供達と一緒に滑りました。

 

   

ピラミットを出ると、次の世界7不思議のひとつイタリアのピサの斜塔は、中の階段も

傾いたまま建っており平衡感覚が、合わず転びそうになりました。また中国の万里の長城

イギリスのストーンヘンジーなど世界7不思議が私達を待っていました。

 

   

夕食は、炭火焼きと豚汁です。子供達もお手伝いして作りました。食事の後は、歌志内市

かもい岳スキー場麓のかもい岳温泉で、歩き回って疲れた体を癒し温まってきました。

写真は、暗くってあまり見えませんが、建物の屋根の上に、大きな時計台の付いた

ヨーロッパ風の綺麗な温泉でした。

 

   

寝ぼけた顔の長男は、コーンスープを飲みながら朝食のパンが、焼けるのを待ってます。

テントをたたんで、キャンプ場を後に次の目的地ラベンダー畑です。ここのラベンダー畑

には、小動物コーナーも有り楽しかったです。

 

   

最後に、ハイウェイオアシスに寄り、まずは、ラベンダーソフトクリームを賞味、また砂川

特産ハスカップ(千歳と同じです。)のジュース ドラキラーの葡萄と、数年前、美深町に、

キャンプでおとづれた時、季節限定で飲めなかった森の雫 ( 冬の白樺から取った

樹液100% ) ここでやっと賞味できました。


感想や意見

        このページに関する感想や意見などをメールにてお送りください

 


  増設 2002/7/2