遠近両用レンズ 中近両用レンズ 近々両用レンズ 近用専用レンズ
遠くを見る × × ×
室内を見る ×
デスク周りを見る
近くを見る
書類を見ながら
お客様と商談
×
黒板を見ながら
手元の資料を見る
×
講演者を見ながら
手元の資料を見る
× ×
屋外を歩く × × ×
室内を歩く ×
どちらにしても、ビジネスでは近用専用レンズは使い勝手が悪いと思います。
当店ではすべてのテストレンズが揃っていますので、装用テストでじっくりと
体感されてお決め下さい。

当店のお値打ち遠近両用セットはこちらをご覧下さい。
Shop Guide Child Young Adult Middle Senior
最適です
適しています
度数によっては可能
× 全く出来ません
遠近両用レンズ・・・手元から遠方までオールマイティに見たい方にお勧めです、ただ近くの見える
             範囲は若干狭いですから、近用作業の多い方には別のタイプがお勧めです。
             近視の方はメガネを外す事無く、手元の文字が見えます

中近両用レンズ・・・手元から室内約5メートルの範囲が見えます、接客業、理容店、美容店などで
             お客様の髪をカットしながら鏡を見るなどには最適です.
             メガネを掛けながら顔を上げても、ご自分の周りがご覧になれますし、お店の中で
             歩く事も可能です。

近々両用レンズ・・・デスクワーク、特にパソコンを長時間される方には最適です、近用専用レンズでは
             見えない机の奥まで良く見えます、手元の見積もり書を見ながらお客様のお顔が
             ご覧になれます。
  
近用専用レンズ・・・長時間、同じ距離で物を見る方におすすめです。ただし、お顔を上げると前方は
             ほとんど見る事が出来ません。 もちろん、ちょっと机を離れる時にも、メガネを外す
             事が必要です
*近々両用レンズはパソコン用レンズとも呼ばれています

*近用専用レンズは一般に「老眼」と呼ばれているレンズで、
  裸眼で遠くの良く見える方は掛ける事で、手元は良く見え
  るようになりますが、遠くは逆に見え難くなります。
シニアーレンズは大別すると、遠近両用、中近両用、近々両用、そして
昔ながらの近用専用レンズ(老眼)に分けられます、このページでは
各用途、使用状況に応じた各レンズの特性をご説明いたします。
レンズ選びの目安として、ご覧下さい。