NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」
当店では NHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の実技指導を行いました。
指導とは何をするかといいますと、まず、制作 演出のスタッフによる取材から始まり、台本のチェック(実際には台本になる前の原稿)、ディレクターとの打ち合わせ、リハーサルでの指導、本番での指導、その他撮影に必要な物のチェックなど、豆腐に関する事のほとんどに関わっていました。
ふたりっ子の台本
『ふたりっ子』の台本 25週分 全25冊
手造り豆腐指導 宮北茂樹
茉奈 佳奈 中でも、苦労したのがテレビでは豆腐の味までは視聴者に伝わらないという点です。
豆腐製造の仕事は地味な作業ですから、いかに職人らしく見せるかがたいへんでした。
それと、いちばん緊張したのは吹き替えのシーンです。お父ちゃん野田光一役の段田安則さんの代わりに、手のアップで作業のシーンをやらされた時です。全国のお茶の間に私の『手』が流れるのかと思うと・・・・・。ディレクターのOKが出てスタッフ全員が拍手をしてくれた時は、本当にほっとするやら、恥ずかしいやら・・・・。
どっちが どっち?
当店にて、かご入り豆腐を作る特訓?を受ける
三倉 茉奈 佳奈
(当時 小学5年生)






香子役の 岩崎 ひろみ さん(左)
麗子役の 菊池 麻衣子 さん(右)
当店にて豆腐作りのレッスン
合間に記念撮影
岩崎ひろみさん 菊池麻衣子さん