自家製豆腐の作り方
家庭や学校で出来る豆腐作り
家庭や学校で、豆腐を作って、出来立ての美味しい豆腐を楽しんで下さい。
お子さんと、いっしょに作ると楽しいかも!!

準備するもの (1.2Kg・豆腐約3丁分)

●大豆 400g(国産大豆が作りやすい)
●にがり (豆腐屋さんで分けてもらうか、薬局で「塩化マグネシウム」を買う)
液体の場合は20cc
固形の場合は 10gを20ccの水で溶かす
●消庖剤 小さじ1/2(豆腐屋さんで分けてもらう。米ぬか(大さじ5)でも泡が消えるが、ちょっと匂いがする)
★消庖剤は無くてもよいが、その場合、火加減に注意し、差し水をして吹き零れないようにする。
●さらし布(二つ折りにして片側をミシンで縫う) 豆乳をこす時にも使うので2枚あればベスト
●ミキサー
●なべ ●ボウル2個 ●木しゃくし ●おたま
●計量カップ ●料理はかり
●竹ざる

準備が出来たら作ってみましょう
@ ●400gの大豆を水で良く洗う。
●3倍ぐらいの水に一晩漬ける。
冬場は、25℃ぐらいの水で24時間、
夏場は、冷水で10時間ぐらい漬ける。
A ●使う前にもう一度、良く水洗いをする。
●一晩水に漬けた大豆は、900g〜950gぐらいに膨らみます。それを、300g〜320gぐらいに、3回分に分ける。

B ●ミキサーに1回分の大豆と、水 400ccを入れる。

C ●約1分間回す。
●スイッチを切って、中身(「生ご」と言う)を触ってみて、つぶつぶが残っていたら、もう1分間回す。
●つぶつぶが無くなったら、次に進む。

               

D ●ボウルに、1で準備したさらしをひき、「生ご」を入れてしぼる。
《《《ポイント》》》 とにかく一生懸命ひたすらしぼる。

E ●しぼって出てきた液体を「豆乳」と言う。
●袋に残ったものを「おから」または「うのはな」と言う。

●豆乳は鍋に入れる。

F ●おからに400ccの水を入れてかき混ぜ、もう一度しぼる。

G ●二度目にしぼった「うすい豆乳」と大豆をミキサーに入れる。

H ●CからGをくりかえす。

I ●CからEをくりかえす。

J ●最後におからに100ccの水を入れてかき混ぜ、もう一度しぼり、鍋に豆乳を入れる。

K ●豆乳に消庖剤をいれ、中火で炊く。
●焦げ付かないようにかき混ぜながら炊く。
《《《ポイント》》》 とにかく一生懸命ひたすら混ぜる。焦げたらおしまい。

L ●あたたまって、大豆の良い匂いがしてきたら、弱火にする。
●さらに沸騰してから3分間炊く。

M ●炊き上がったら65〜75℃ぐらいまでさまし、布でこす。

N ●にがりを約半分入れて7〜8回かき混ぜる。残りの半分を入れて数回混ぜて固まってきたら止める。
★にがりの量は、大豆の良し悪しや絞り具合、炊き具合、寄せ具合等によって違ってきます。何度かやってみて量を調整して下さい。

●ふたをして10分間待つ。

O ●そのまま器に盛って寄せ豆腐として召し上がっても良し。
ざるに移して余分な水分を切っても、美味しく召し上がれます。
            
一丁上がり