海老

(愛知県南設楽郡鳳来町)

エビは漢字で書けば「海老」。しかし海にいるとは限らない。山の中にも・・・。

海老

海老 海老

海老

海老だらけの町です。

海老 海老

海老は旧伊那街道沿いの集落。中心部の街道はエビ反り(左写真)

1968年に廃線となった旧豊橋鉄道田口線・三河海老駅跡にはバス停がポツリ(右写真)

 

・・・地名の由来など・・・

由来説1:集落の形がエビに似ていた

由来説2:川エビがたくさんいた

由来説3:植物のエビツルが繁茂していた

 

江戸時代初期〜明治27(1894)年まで海老村(その間一時期、東海老村と西海老村に分かれる)、

その後海老町。昭和31(1956)年に町村合併で鳳来町の一部になる。

 

追記:2005年10月、南設楽郡鳳来町は新城市・作手村と合併し、新「新城市」となりました。

 

←前へ  次へ→

地名!?に戻る

トップページに戻る