Muturaboshi
Surf Casting
Pages






 

2002年大会カレンダーへ

2002/05/12 G杯がま投げ東海地区予選

大鮒さんとむつらぼしのダブル参戦期

【大会前日準備】

<大鮒の意気込み>
今回のG杯は上位を、狙っていませんでした。あまり釣れないような情報だったし、大会になるともっと釣れないのが普通だから。大会みたいに人口密度が多いなかで釣果をひねり出す技には全く自信ない。
<むつらぼしの意気込み>
キス&スキーさんとの約束を果たす最後のチャンス。彼が本選シードの3年間にもう一度私は予選を通るように頑張ると約束してあったのでした。前日の情報は大鮒さんから得られたし、あまり釣れない時がチャンス!ポイントを間違わなければ粘りで私でも勝機あり?
<大鮒の準備>
前日午後に時間あったけれど竿も出さず。仕掛けもがまかつ50本連結仕掛けを使ったものだけ。切って繋いで4,6,8,10本をそれぞれ4〜5用意したのみ。エサもいつもなら青、赤、チロリとセオリー通り用意しますが、今回は普通のイソメのみ。
<むつらぼしの準備>
まず、波静か近投数釣り用にがまかつトーナメントキス4号の8本10本鈎仕掛を用意。次に濁りまたは遠投用にキススペシャル6号6本鈎の通常ハリス(ホンテロン)と蛍光イエローホンテロン交じりを用意。
土曜日夕方に餌屋へ行くとチロリの看板が無い!内密で聞くとちょっとだけあるよ。でチロリと赤イソメ(ジャリメ)を確保。
<大鮒の準備その2>
当日釣り場が本部から遠いことはわかっていたから、体力温存するため
ビール飲んでぐっすり。
<むつらぼしの準備その2>
夜はなんだかそわそわ。でもなんとか寝る。

【東海予選前半】

<大鮒のポイント感>
福田の海は地元なので比較的よく行く海ですが、ポイントが絞りにくいという印象を持っていました。比較的深めで海岸線が直線的。浅いところだと海岸線の変化がよくわかりますけど、福田、鮫島は干潮になっても瀬が露出することが少ないくらい、水に隠れてわかりにくい。5〜6色沖なんて特にそう。
<むつらぼしのポイント感>
今までのこの海岸の釣行回数は数回。その殆どが前半釣れて後半ダメ。だからポイントは殆どわからない。大鮒さんかN村氏に付いてゆくことしか頭に無い。
<試合開始>
大会開始の合図で、最近釣果が薄いなかで比較的マシな西方面へ向かう。今回の大会範囲は福田中学入り口から西へ2.5キロの鮫島までと、東は500メートルまで。東は雨後の太田川に近いし水深も浅いのであまり人は行かない。
<大鮒のポイント選択>
海岸に車が乗り入れできる海岸なので輪立ちがきつく、海岸は非常に歩きにくいから、堤防沿いの道をひたすら早歩き。自分としては火葬場付近で充分という気持ちでいたけれど、先を行くクラブ会長、師匠N村さんがどんどん西へ向かうので、いつのまにか火葬場を通り越し、ゴルフ場と火葬場の間まで来てしまった(帰りが大変だ〜)。

堤防からみた海は案の定変化がわかりにくく、どこへ入ったらいいかよくわからない。イシモチの人もちらほらいるので全く海岸が空いてるわけでもなく、とりあえず水深の最もありそうな所で竿を出す。

マークすべきN村さんはもっと西へ行ってしまい、海岸線が大きく入り込む角に釣り座を構えている。会長は更に西の大きなワンド状地点。「あそこか〜釣れたところは・・」と観察しながら仕掛けを用意。
<むつらぼしのポイント選択>
大鮒さんとN村氏は予想通り西へ動いた。私も後を追った。しかし、N村が早い!早歩きだ。するとなんと大鮒さんもそれに付いてゆく。1年前では信じられない!私は付いて行けない。でもかなり遠くまで来たからなんとか横へ入れるだろう。

何処まで歩いて行くのか?と思ったらやっと二人が浜へ降りるのが見えた。そしてN村氏と大鮒さんが取った釣り座が違う。しかし、遠目から見ると近場にキスがたまりそうなのは大鮒さんの方だ。迷わず大鮒さんの一人おいて東へ釣り座をかまえた。

【競技開始】

<大鮒の釣り初め>
むつさんは私の一人おいて左に座を取った。もうここまで遠くに来てしまうと割り込むような選手もいない。釣り場は潮が引いてはっきりわかったけれど、大きなワンド中央。できればもう少し左右にするべきだったけど。

1投目。とりあえず5色。仕掛けは8本。高速サビキでポイントを掴み、そこで追い食いさせて連を狙う作戦だったけれど、空。むつさんは・・確か1投目はアタリを取った感じだったのに空、だったかな。でもむつさん2投目で1匹ゲット。私はサビキ速度を落とし、遠投からゆっくり探る作戦に変更。なかなかアタリが来ず、焦りが出てきたところ、3色まで引いてきてやっとアタリ。追い食い狙うも1匹しかついていない。
<むつらぼしの釣り初め>
最初は遠投...といっても5色半。5色付近でキスのアタリ。早速おいでなすったとにんまりしながら回収すると軽い(^_^;。素鈎だった。2投目も同じポイントへ。おお、同じ所でアタリ。しかし次が来ない。とりあえず回りで1番に1匹ゲットだ。

3投目も同じポイントへでもアタらない。すると隣の人が近場で上げたようだ。4色目をすっとばして3色からまたさびきはじめるとブルルとキスのアタリ。ここから3色以内狙いに切替。2色前後で4匹をゲット。ここまでは調子が良かった。
<大鮒の中盤戦>
近い所でも釣れるとの情報があり、4色投げて波口まで引く作戦にて数匹追加。むつさんは常に私より先行し、なかなか私は追いつけない展開。私たちより右側では、ど遠投で順調に釣果を伸ばしている人が一人いる。でも、見るからに飛ばしていそうだったので、真似てもムダという気がしてきて、自分の遠投にはあまり信頼をおけずに、かといって、近くでもなかなか釣れないし・・。困った。
そこで、福田でよく試す釣り方、流し。海草天秤にして仕掛けを遠投向きに4本に減らし、遠投して糸ふけだけとりつつ置き竿。しか〜し、フグに針をやられ退散。八方塞がり。大体9時頃からほとんど釣れなくなってきた。遠投の人を除いては。
<むつらぼしの中盤戦>
だんだん釣れなくなってきた。それと同時に沖合いをシラス戦が通り過ぎたと思ったら戻ってきて網を引きはじめた。少し沖合いだったので私は逆にチャンスかと思った。沖にキスがいたら船に驚いて近場に来ることがあると聞いたからだ。そしてまた集中して近場を探ろうと投げ入れたら左横の人とおまつり。このひと左気味に飛ばすばかりか、それから流し釣りをしているみたいでこれで2度目。おまけにその人の仕掛けにはキスがついていたのでちょっと頭にきた。
少し大鮒さんよりに投げておまつりを回避、渋いながらももう1匹追加して6匹。しかし、ぜんぜんダメな雰囲気。私もフグに時々やられる。そこであたりを見回すと2人おいた東が空いたので餌を付けて竿だけ持ってそこへ試しに投げようかと移動する。するとなんと遠○黒○サーフのS本さん(結果優勝)がどこから現れたのか?私が投げようとしたところにクーラーを下ろしている。仕方がないので私はその手前でちょい投げして近場の様子を探ったが、スカだった。

元に戻りまた1匹追加して7匹。しかしこの調子では勝てない。大鮒さんと移動をする話になってN村さんの横かなぁなんて話してから私が出し抜く形で先に移動。当然大鮒さんもついてくると思っていた。
<大鮒の後半戦>
9時半くらいの時点で私6匹、むつさん7匹くらいだったかな。帰る時間を考えると納竿は10時半にしなくちゃいけない。あと1時間。情報では「釣れているひとで10匹いくかどうか」だったから、3位以内ラインを最低12〜13匹と予想。この場所で、このまま釣っていてあと7〜8匹釣れるわけはない。移動するとして、本部方面へ戻りながらが一番効率いいけれど、みな「釣れない」といいながらこっちまで逃げてきてるし、フグばかりとも聞く。

あきらめないなら西!あきらめるなら東へ戻る。そう考えていたとき、むつさんが攻めの姿勢で西へ移動していった。「そう、それがセオリーだよね」と心でつぶやきながらも私の足は動かず。でもその後1匹釣れて、7匹になる。
<むつらぼしのラスト1時間>
N村さんの横へ入り話をすると彼もここ1時間半釣れていないらしい。ひたすら遠投を繰り返していたので私は近場を責めることにした。しかし、アタリなし。すると、N村さんが遠くで1匹あげた。私も仕掛をチェンジして出来る限り投げる。すでに向かい風になっているので5色半しか飛ばない。しかし、すぐにキスの魚信があって1匹ゲットで8匹。この調子であと2〜3匹あがればひょっとするか?

N村さんは最後の追い上げで次は2連。私も力いっぱいの遠投....ブチ!力糸切れ。なんでじゃ〜。ガイドに絡んだワケでもない。抑えている指のあたりで一番力がかかった時にぶちきれた。スプールを変更し、仕掛もつけて残り時間と相談しながら2投!でも私にはキスは来なかった。N村さんはしっかりと1匹追加で14匹と言っていた(実は数え間違いで13匹だった)。そして私は急いで検量所へ戻ることにした。
<大鮒のラスト1時間>
「7匹ならいいか!?」とあきらめの姿勢で本部方面へ戻る。竿にエサ付きの仕掛けをぶら下げ、砂浜を引きずりながら。竿をだせるスペースを探していると、キス網漁の船を避けてスペースが50メートルくらいぽっかり空いていた。左右の選手は全くあきらめムード。すでに竿を仕舞おうかと言う人もいたくらい。私はあてもなく、4色投げてサビク。全然アタらない。しかし、波打ち際、いきなり鋭いアタリで1匹ゲット。

「これはもしや!」と同じ波口をさびくとすぐにアタリ。2連!「これでツ抜けだあ〜」ところがここでハプニング。私の2連をたまたま目撃した家族連れが横に入ってしまった。子供は波打ち際でばちゃばちゃやるわ、父親は釣り場について間髪いれず1本投げ入れ、置き竿!置き竿にされて、ラインのたるみがこちらへ廻ってきて、私の探る方向が塞がれてしまった。釣れているポイントがホントの波口。オモリが見えそうなところ。だから子供には参った。あと7〜8分なのにな〜、と思うけれど、私も子の父。我慢です。非常に釣りづらいなか、なんとか2投して2連、2連で終了。計14匹。
あと1投して走って帰るか、このまま14匹でいいか、迷いましたが、全国大会にいけると限らないのに走るのはいやだったので、やめました。

【検量の様子】

<むつらぼしが見た検量の様子>
私は戻ったらすぐに検量を行った。以外にも早い時間だったらしい。検量の列は短かった。並んでいる時に聞こえてくる声は10匹以上釣った人が数人位いるという噂。私は8匹300gオーバーでこの時点ではTopだったが、すでに3位には入れないらしいことがわかっていたのでなんとも思わなかった。

私が検量を終えてから大鮒さんが戻ってきた。そして取り出した袋にはなんと私より沢山のキスが入っているではないか!どうみても10匹は余裕で超えている。検量前に会話は交わせなかったので私はマジックでも見ているようだった。

そして、大鮒さんが検量した瞬間周りで「おお!」という声があがった。戻ってきた大鮒さんに聞くと14匹とのこと。どこで釣ったのかと聞けば私が試し釣りしようとしたS本氏のポイントのもう20メートル程向こうだ。

そしてそのS本氏が16匹。彼も最後の30分で釣ったそうだ。もう一瞬早く私があのポイントへ入っていれば.....あとの祭りである。

こうして2002G杯東海地区予選は幕を閉じた。
優勝  S本氏 遠〇黒〇サーフ 16匹
準優勝 大鮒氏 浜松多鱚会   14匹
3位 N村氏 浜松多鱚会   13匹

2002年大会カレンダーへ