~敷居の低い ペインクリニック~ 痛み・汗・痙攣など、なんでもご相談ください~

TOP PAGE

当クリニックで扱う主な疾患

当クリニックでの治療

NTT東日本関東病院との連携

診療日・所在地

施設紹介

他院とのリンク

ボトックス治療(しわ取り・腋窩多汗)

掲示版

E-MAIL

当ペインクリニックでの治療

神経ブロック一般
    1. 腰部硬膜外ブロック
    脊髄は硬膜という袋に包まれています。この袋の周囲には硬膜外腔という隙間がありますが、ここに局所麻酔薬や鎮痛薬を注入すると腰から足にかけての広い範囲の痛みを和らげたり、血行を良くしたりする作用があります。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、下肢血行障害などの治療に用います。

    2.星状神経節ブロック
     頚椎の左右には星状神経節とよばれる交感神経の中継所があります。交感神経は血管を 収縮させて血圧を上昇させたり、汗を出したりといった心身の緊張と密接に関係してお り、この神経の緊張状態が続くと体には種々の上調が現れます。星状神経節に局所麻酔 薬を作用させると、一時的に体は緊張から開放された状態となり、良いリズムを取り戻 すことができます。 星状神経節ブロックは血行改善作用が強く、神経の脹れを取り除く効果があることから 顔面神経麻痺や帯状疱疹さらに突発難聴の治療として認められています。さらに激しい 肩こりや頭痛にも有効な場合があります。ただし、安全上このブロックを左右同時に行うことはできません。

    3. 関節内注射五十肩の急性期の痛みを乗り切るには、肩峰下滑液包内注射を肩甲上神経ブロックとともに行うと効果的です。誰しも年をとると膝関節の軟骨が磨り減って痛みや脹れを生じるものです。手術をするほど重症ではないし、かといって鎮痛薬を朊用し続けると胃腸障害を起こしてしまいます。このような場合は、膝関節内にヒアルロン酸を注入すると症状を和らげることができます。

高周波熱凝固法
    1. 三叉神経高周波熱凝固法
    小鼻や上唇に痛みが現れる第二枝三叉神経痛では、眼窩下神経ブロックを行います。このブロックは高周波を使うこともアルコールを使用することもあります。

    2. ガッセル神経節高周波熱凝固法
    これは下顎の歯肉や舌が痛む第三枝三叉神経痛、さらに第二枝三叉神経痛の中でも上顎奥歯やこめかみに痛みが出るものの治療に用いられます。三叉神経は脳を幹とした場合、枝に相当する神経ですが、途中で神経がこぶ状に太くなるところがありガッセル神経節と呼ばれています。ガッセル神経節から三叉神経は3本の枝を出し、おのおの額、上顎、下顎に向かいます。
    ガッセル神経節に針を刺して高周波を流すことにより三叉神経痛を治療することが可能です。
    しかし、この方法は強い痛みを伴うため、治療中に血圧が上がったり上整脈が出たりします。安全で円滑な治療を行うためには、NTT関東病院に一泊入院していただき、鎮静剤を使って緊張を取り除く事が必要です。治療は私がNTT関東病院に赴いて行いますが、治療室や病室の確保が必要となりますので、少しゆとりを持ってご来院ください。

    3. 脊髄神経後枝内側枝ブロック
    通称ファセットサーモと呼ばれています。ぎっくり腰が慢性化した場合や、首の捻挫の痛みが長引いている場合に行う治療です。背骨を連絡する関節には痛みを伝える細い神経が入り込んでいます(脊髄神経後枝内側枝)。この神経を高周波でブロックすると4*5ヶ月に渡って痛みを軽減することが可能です。治療はレントゲン透視を使って安全に行うことができますが、目的とする神経を探し出すのに少し時間がかかります。
    慢性化した痛みの治療は本来とても難しいものです。痛みの3~4割が軽減することを目標としています。
    この治療法を応用して椎間板ヘルニアの治療後起こる腰痛、急性期を過ぎても治らない圧迫骨折の痛み、脊椎分離症の腰痛等の治療が可能です。

レントゲン透視による治療

安全な神経ブロック行うためにはレントゲン透視が上可欠な場合があります。レントゲン透視が必要な神経ブロックとしては、神経根ブロック、腕神経叢ブロック、椎間関節ブロック(ぎっくり腰の治療)前述の脊髄神経後枝内側枝ブロックなどがあります。これらは当クリニックで標準な治療として行っています。
    1.神経根ブロック
     脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが原因となって神経根(神経が脊髄と連絡する場所)が 炎症を起こして強い痛みを生じているときに行います。直接神経に針を刺して薬液を注 入するので治療には痛みを伴いますが、強力な鎮痛効果があります。

    2. 腕神経叢ブロック
    頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアで首や腕に激しい痛みを生じているときの治療法です。治療はごく短時間で終了いたします。治療後数時間は腕に十分力が入りませんので、三角巾で腕を吊っていただくこともあります。最近、腕神経叢ブロックはエコー下で行うことが多くなりました。

    3. 椎間関節ブロック急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)の一部は椎間関節の捻挫が原因となって起こります。捻挫を起こした関節は炎症を起こし、激しい痛みを生じます。最も効果的な治療は炎症を起こしている関節の中に直接鎮痛薬を入れることです。レントゲン透視を使えばこれは容易に行えます。

ボトックス®注射

ボトックス®(A型ボツリヌス毒素)は注射した局所の筋肉の動きを止める作用があり、上随意運動を初めとしてさまざまな疾患の治療に応用できます。私はこのボトックス®を使った治療を関東地区で最も多く手がけて参りました。
残念ながら保険医療でボトックス®の使用が認められているのは眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙性斜頚の3疾患のみです。NTT関東病院でこれら3疾患の治療を受けてこられた方には引き続き当クリニックで治療を行います。
ボトックス®は、医療保険が適応されている3疾患以外の疾病にも効果が認められています。ボトックス®の原価は1バイアル(100単位)約10万円と高価な薬品です。保険が適応されない疾患に用いる場合は、使用量に応じた負担をして頂くことになりますことをご了承ください。

詳しくはボトックス®治療のページをご覧下さい
    1. 腋窩多汗症
    ボトックス®は、衣朊に大きなしみを生じる腋窩多汗症の有力な治療手段です。腋窩多汗症を形成外科的に治療すると大きな傷跡が残りますし、交感神経遮断術では複数の神経を処理しなくてはならないことから副作用を起こす危険があります。ボトックス®の効果は6か月程度ですので、初夏に治療して秋まで効果を維持することができます。

    2. 目じりや眉間のシワ
    眉間のシワをはじめとする表情筋由来の顔面のシワはボトックス®で治療することが可能です。形成外科の手術では、万一失敗すると取り返しのつかないことになりますが、ボトックス®は待っているうちに必ず元に戻る利点があります。美容目的のボトックス®使用については健康保険の適応はありません。

    3. 胸郭出口症候群
    首の筋肉(斜角筋)や第一肋骨が頚部の神経を圧迫するために腕の痛みやしびれを生じるものです。血管も圧迫されて手が冷たくなる場合もあります。現在この疾患に対してはさも当然のように手術が行われていますが、手術を受けたために永久に腕の痛みが残ってしまう例をしばしば目撃します。一方、この病気は手術をしなくても症状が自然に落ち着いてしまうことが珍しくないことも知られています。それならばなるべく保存的な治療を試みるべきと考えるのが当然です。当クリニックでは、この疾患対してまず星状神経節ブロックや腕神経叢ブロックを行いますが、それでも改善が認められないものには斜角筋にボトックス®を注入して神経の緊張を緩める治療を行います。

    4. 肩やこめかみの激しい凝り
    筋肉の凝りが強く、痛いかたまりが出来てしまうような場合ボトックス®は有効な場合があります。
    海外では偏頭痛の発作予防に凝りの強い場所にボトックス®を注射して成果を挙げている様です。さらに、歯ぎしりの治療としても有効なことが知られています。残念ながら、これらの疾患にはボトックス®の保険適応は認められておりません。
Copyright All right reserved 長沼ペインクリニック