本文へスキップ

調査から権利化まで〜知的財産を総合的にサポート〜

TEL. 072-221-0848

〒590-0971 大阪府堺市堺区栄橋町1−5−2YSビル2F

中尾真一特許事務所は、知的財産を総合的にサポート致します。

TOPICS

  • 他人の商標の先取り出願について
  •  近年、他人の商標を先取りして出願する商標出願人が存在します。しかもこれらの出願のほとんどが出願手数料の支払いのない手続き上の瑕疵のある出願といわれるものとなっています。このような手続き上の瑕疵のある出願については、出願の日から概ね4ヶ月から6ヶ月で出願は却下されます。

     特許庁では、出願された商標が、以下の@〜Aに該当する場合、商標登録は認められることはありません。
      @ 出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合
      A 他人の著名な商標の先取りなるような出願や第三者の公益的なマークの出願である場合

     実体審査において、拒絶理由となる先願が手続き上の瑕疵のある出願に該当する場合、一旦拒絶理由を通知する場合がありますが、審査官が当該先願となる出願の却下を確認次第、登録査定を行います。
     今回運用の変更により、上記の理由を通知する際には、当該先願となる出願の却下を確認次第登録査定を行う旨を拒絶理由通知に明示的に記載するようになりました。
     なお、手続き上の瑕疵のある出願について、出願料の支払いがなされた場合等手続き上の瑕疵がないことが確認された場合、商標法に基づき審査がなされることになります。



          手続上の瑕疵ある出願の後願となる商標登録出願の実体審査の運用(特許庁HPより引用)
  • 特許庁HP(自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)

    特許庁HP(手続上の瑕疵のある出願の後願となる商標登録出願の審査について(お知らせ)
     
  • 日本の商標法では「先願主義」が採用されているため、特許庁に対し先に商標登録出願をしたものが優先的に保護されます(商標法第8条)。 
    ただし、例外として、商標を先に使用していた者を保護する制度(先使用権制度)があります(商標法第32条)。
    先使用権が認められるためには@及びAの要件を満たす必要があります。

      @ 他人の商標登録出願前から日本国内において不正競争の目的でなく使用していた結果、
       自己の業務にかかる商品または役務を表示するものとして需要者の間で広く認識されているとき
      A 継続してその商品又は役務についてその商標を使用する場合


    「商標」は貴社の信用と実績が蓄積された財産です。


     「商標」は登録されると、日本全国に効力が及ぶ商標権が付与され、
    貴社の財産権である大切な「商標」を保護することができます。
    また、他人が貴社の登録商標と同一又は類似の範囲内で登録商標を使用する等の行為は権利侵害となりますので、当該行為の差止め、損害賠償請求等をすることができます。


      一方、未登録で使用されている場合、第三者に登録されてしまうと、貴社の「商標」を使用できなくなる可能性があります。

NEWS新着情報

2016年4月1日
平成27年特許法改正に伴い料金改正が行われました。

バナースペース

中尾真一特許事務所

〒590-0971
大阪府堺市堺区栄橋町1−5−2YSビル2F

TEL 072-221-0848
FAX 072-223-7986

スマートフォン版