日本フライトセーフティ株式会社
操縦訓練 航空撮影 遊覧飛行 体験操縦 トップページ

パイロットが足りません!
民間だけでも70名以上がまもなくリタイヤ 資料請求 お問い合わせ 体験スクール説明会

 全国航空事業連合会ヘリコプター部会(全国ヘリコプター運航事業会社32社加盟)が2011年12月に行ったヘリコプターパイロットのアンケート調査によると、 まもなくリタイヤする60代のパイロットが民間だけでも70名以上いるのに対し、 20代はわずかに3%、30代にしても12%、中心となるのは40代後半から50代後半という歪な年齢構成があきらかになりました。

 しかもこの数字は民間ヘリ会社だけの数字で、警察、消防航空隊や防災航空隊等の官公庁航空隊まで入れると、 もっと多くのパイロットが定年を迎え、リタイアすることが判明しました。 しかしながら、それに対し新人パイロットの補充は全くと言って対策が取られておらず、 昨年などはヘリコプター会社が募集を出しても、2~3人しか応募がこないといった状況が起きています。

 ヘリコプター業界は、昨今の震災、交通事故の増加、その他の人命救助において、防災ヘリコプターやドクターヘリの分野の増強が図られ、 登録機数は増加傾向にありますが、機材が増えてもそれを飛ばすパイロット不足は深刻で、既存パイロットの転籍や取り合いまで起こっています。

 こういった事態に直面して、ヘリ業界大手の2社がまず、自社養成操縦士として、奨学金による認定訓練生支援制度を平成25年度から開始することとなり、 その認定訓練校として日本フライトセーフティが、豊富な操縦訓練経験と就職実績から選ばれました。


朝日航洋株式会社(東京都江東区新木場4-7-41)


写真提供:朝日航洋

制度内容:
 朝日航洋株式会社が同社の指定訓練校である日本フライトセーフティで募集した新人訓練生の中から、希望する者に選抜試験を実施し、 合格者には入社時に訓練費用返済奨学金として、訓練指定校(日本フライトセーフティ)で掛かった自家用、事業用操縦士訓練費用のうち約80%相当を貸し付ける。
 入社後2年間の嘱託社員(訓練生)期間を経て、機長昇格・作業認定に合格後、正社員として操縦業務に8年間従事すれば、債務の返済は免除となる。
注:合格者の在学、卒業状況等を考慮して変更される場合があります。


朝日航洋(株)合同会社説明会開催決定!!!

当日は朝日航洋運航部、人事部より、直接会社案内と認定訓練生制度、採用情報等の説明があります。
また、朝日航洋による同社格納庫やドクターヘリ実機の見学も予定しております。(機材の都合により、変更される場合があります。)
参加される方は予約フォームより早めにお申し込み下さい。

申込受付はコチラ<


認定操縦訓練生 第6期生募集決定!!!

要件:

注: 現役大学4年生 現役高校3年生 も応募可能です。
現役大学3年生 現役高校2年生 もぜひ説明会に参加下さい。
訓練開始日と、高校、大学卒業日程、授業予定は調整致します。



応募記入等の要領

  1. 朝日航洋㈱認定操縦訓練生募集の案内の内容を確認してください。>> こちら
  2. 認定操縦訓練生エントリーシート、写真貼り付けの上、手書きにて記入、署名捺印したものを日本フライトセーフティ㈱宛に返送してください。 【朝日航洋】認定操縦訓練生エントリーシートへのリンク
  3. 採用に関する個人情報について内容を確認してください。 【朝日航洋】採用に関する個人情報の取扱について(ご説明)へのリンク
  4. 航空身体検査指定リスト→こちら
    ご都合の良い航空身体検査医にて、第1種航空身体検査基準での検査【有料】を受けていただき、検査結果書類の写しをエントリーシートに同封して郵送下さい。
    航空身体検査費用は指定医により異なります。指定期間にお問い合わせの上受験して、郵送してください。
  5. 応募受験費用
    当面の間無料とします。
  6. 応募書類等
    募書類は返却いたしません。個人情報の取り扱いについては、3.の書類を確認し、同意願います。

  7. [送付先]  朝日航洋株式会社 人事部人事企画グループ  〒350-1165 埼玉県川越市南台 3-1-1

訓練生速報!

平成28年4月1日 認定訓練生速報!
認定訓練生の25歳男性、27歳女性の2名が3月の事業用操縦士試験に合格し、4/1付けで朝日航洋に入社致しました。 NFS一般コース卒業生の21歳男性と合わせて3名同時入社となります。 おめでとうございます。


第6期生 タイムスケジュール


第5期生 タイムスケジュール


第4期生 認定訓練生3名決定!
 沢山のご応募の中から27歳社会人、24歳社会人、22歳大学4年生の3名が合格、決定しました。
このうち、24歳社会人の方は既に日本フライトセーフティで訓練中で、自家用課程を終え、事業用課程を開始するところでしたので、第4期生ですが、第3期生と同じ平成28年4月の入社を目指すことになりました。
 他の2名はそれぞれ会社退職と大学卒業日程の関係から平成28年1月末より訓練を開始、平成29年4月の入社を目指すことになります。いよいよ夢をかなえるスタートを切りました。


第3期生 平成26年6月に選考終了し、社会人の26歳男性、25歳女性の2名が認定されました。
H27/1月にはアメリカでFAA自家用操縦士試験に合格し、2月に帰国、国内事業用訓練を開始しています。
平成28年4月1日入社の予定です。


第2期生 平成25年10月に22才の現役大学4年生が2名選ばれました。この2名は既にアメリカでの自家用免許を在学中に取得していましたので、平成26年2月より訓練を開始し順調に訓練を消化して朝日航洋中間チェックも無事終了しました。2期生には取材も入り、H26/9/18に日本テレビ『news every.』で放送されました。
事業用実地試験を11月に1名、1月にもう1名が見事一発合格し、H27/4/1の入社が決定しました。おめでとうございます!


第1期生25才男性と26才女性の社会人2名が選ばれ、H25年9月より開始しました。そのうちの1人、内田さんが6月に事業用実地試験に無事一発合格したため、H26年10月入社予定のところ一足早くH26年7月1日付けで朝日航洋に入社しました。おめでとうございます!

自分たちが入る朝日航洋の事業用ヘリコプターの間から飛び立つ訓練生の写真をご紹介します。

説明会参加希望の方はコチラ
個別説明も受け付けております。詳しくはお問い合わせ下さい。


制度内容は毎月第1土曜、第3日曜13時から説明会でも行っております。
申込受付はコチラ
☆夢を叶えた先輩☆

操縦訓練 航空撮影 遊覧飛行