私達は患者さんの立場に立った良心的な医療を提供し、地域社会に貢献します。

1.患者さんと一緒になって病気と闘うために、説明を十分にし情報を共有します。
・電子カルテを採用しています。
・血液検査等の検査データや内視鏡の図示、解説等を差し上げています。

2.生活習慣病などの予防と早期発見のために、生活習慣の改善のためのアドバイスや必要な検査をします。他医での検診や人間ドックの結果の詳しい解説もします。厚生労働省が推進している特定健康診査にも対応しています。
・動脈硬化の危険因子と生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、痛風等)関連の説明、指導
・骨粗鬆症の予防と治療:骨密度測定
・消化器癌の早期発見:胃癌、大腸癌、胆嚢癌、膵臓癌、肝臓癌等
・当院の設備、能力の範囲内で最善のドックを心がけています。

3.効率のよい医療を提供します。
・レントゲンや心電図、内視鏡、超音波、血液検査などの結果を電子カルテに貼り付けることで患者さんのデータをカルテに一元化します。心電図、検査データ、内視鏡の画像を患者さんにお渡しします。
・レントゲンはコンピュータ制御のためIT化に対応しています。
・病診連携を重視し、精査や治療が必要な時、適切な病院を紹介します。カルテのコピーや画像をを一緒につけます。

4.再診を予約制にすることで、なるべく待たないですむようにします。申し訳ありませんが、初診の患者さんの予約は出来ません。

5.辛くない検査をします。
・超音波は簡単な検査ですが、いろいろの情報が得られます。腹部で肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、大動脈、子宮卵巣、膀胱、前立腺をチェックします。乳腺、甲状腺、頸動脈硬化等も超音波で多くの情報が得られます。
・胃、大腸(全結腸)内視鏡も鎮静剤を使用してなるべく苦しくないように工夫します。

6.保険診療を守り、明朗会計を約束します。
・電子カルテと医事会計を連動させることで正確な会計をし、診療後は会計まで数分の待ち時間ですみます。
・会計明細書を発行します。
・厚生労働省が進めている医療費のオンライン請求に対応します。

トップページに戻る