【中川本部スタジオ】横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅前
【藤が丘スタジオ】田園都市線藤が丘、青葉台駅 みたけ台幼稚園近く 

野坂・坂本NSバレエスタジオ

クラシックバレエとモダンバレエについて

 

当バレエ教室ではクラシックバレエとモダンバレエをバランス良く学んで頂けるようカリキュラムを組んでおります。
実際にレッスンを受けて頂くとなぜ幼少の頃からクラシックバレエとモダンバレエを学ぶことが大切か実感して頂けます。

しかし、ご入会される前のお母様方から「クラシックバレエとモダンバレエの違いはなんですか?」「なぜ、子供のころからクラシックバレエとモダンバレエを同時に学ぶ必要があるのですか?」というお問い合わせを頂きます。

クラシックバレエというと皆様はポアントで踊ることをイメージされると思います。
しかし、クラシックバレエを習ってすぐにポアントをはくことはできません。理由としては、土台となる足を安定させるには、ある程度バレエを学ぶ期間と、足と足首の骨の成長のためにある程度の年齢(おおよそ小学校4~5年生)に達することが必要です。

ポアントのレッスンが受けられるまでは、ストレッチをして筋力を強化し、バレエシューズでバー及びセンターレッスンをすることにより真っ直ぐ立つ感覚を養います。
これらがマスターでき、お子様の足と足首の成長がポアントをはくのに適した時点で、初めてポアントでレッスンを受けることができます。

バレエ教室によっては、お子様の体が出来上がる前にポアントでレッスンさせることがありますが、将来怪我をしやすい体になったり、足の指の変形、また変なクセをつけてしまい非常に危険なことだと思われます。

たとえば、年長さんや小学校低学年の頃は体重が軽いのでポアントで立つことも可能かと思われますが、当バレエスタジオでは、各生徒様のポアント適齢期に達した時点でポアントのお稽古を受けて頂くようにしております。

最近、小学生の生徒様向けのクラシックバレエのコンクールでは、ポアント部門とバレエシューズ部門が設けられており、ポアント適齢期に達しない生徒様に無理のないようなシステムになっています。
 


モダンバレエはあまり馴染みのない方もいるかもしれませんが、モダンバレエはオフバランス(引き上げながら軸をずらす)を取り入れることにより体の動きや表現力が多彩になってきます。

体と心をフリーにして踊ることによりクラシックバレエにはない表現力を出せることから、世界のバレエコンクールで重要視されているコンテンポラリーにも繋がっています。

幼少期よりモダンバレエを学ぶことにより、表現する楽しさを養うことができます。モダンバレエを学ぶ年齢が早ければ早いほど、固定観念にとらわれない奥深い感性と幅の広い表現力を自然と身につけることができます。

どちらかというと世の中では「バレエ=クラシック」というイメージを持たれる方が多くお子様にもクラシックバレエのみを習わせる傾向があります。

しかし、クラシックバレエはある程度の年齢に達したりトゥで立てなくなる怪我などにより第一線で踊ることができなくなる現実があります。

そのような現実に突き当たるとクラシックバレエダンサーはモダンバレエの舞台に立つ選択をすることが多くクラシックバレエの表現の仕方とは全く異なった型にはめられない振り付けを心身の全てを使い表現をすることなどが求められてきます。

その時にクラシックバレエのみレッスンを受けてきたダンサーは心身の底から湧きあがる感性をどう踊りの中で表現していけばよいかなどモダンバレエ独特の動きが難しく感じてしまいます。
一方、モダンバレエだけ習ってきたダンサーはクラシックバレエに必要とされる芯の強さと体のしなやかさを美しく表現する動きが苦手になってきてしまいます。
 

このようにクラシックバレエとモダンバレエどちらかに偏ったレッスンをすると息が長く幅の広い作品に出演することができなくなってしまうのがバレエ界の現実です。
私たちは様々な一流のダンサーの生涯を見てきて幼少期からどのようなレッスンをすることが大切か考えてまいりました。

そのような経験から生徒様が将来長くバレエに携わっていただけるようなプログラムを当バレエ教室ではご提供できるようレッスン内容を充実させております。

クラシックバレエとモダンバレエを融合させたレッスンを幼少期から受けることにより、凛とした美しいしなやかな体と、多彩な表現力をもつダンサーに成長することができます。

当バレエ教室ではクラシックバレエとモダンバレエの熟練したダンサーが直接ご指導いたしますので、お子様を安心して通わせて頂けます。
お子様の成長に優しく無理のないバレエ教室で末永くレッスンをしていただける環境です。

言葉ではお伝えしきれないこともありますので、バレエにご興味のある方は、体験レッスンを受けられることをお勧めいたします。
より多くのお子様にクラシックバレエとモダンバレエを学んでいただき、将来世界で活躍できるダンサーに成長して頂けたら嬉しく思います。