手作り家具「花みずき」TOP家具工房の電動工具>100v-a5

家具工房の自動鉋画像

メーカー、型番、製品名 マキタ 2012NB 自動鉋盤
購入年 2000/7
使用頻度
使用用途
  • 手作り家具工房での材料の木造り
  • 厚み揃え
特徴、長所
  • リョウビのAP-50N自動鉋盤の買い替え(AP-50Nは8年間使用したが壊れなかった。買い換えた理由はAP-10Nが250ミリ巾までの切削だったため。
  • この機種は305ミリ巾まで切削可能。
  • 充分なパワー
  • 分決め専用となっているが、手作り家具工房では充分荒材からの切削加工ができる自動鉋盤。
  • スイッチは叩けば落ちる安全性の高いスイッチ。
  • 切削精度は高い、手作り家具工房の家具製作に対応できる。
  • どのメーカーの自動鉋盤の機種も、材料の先の部分と元の部分に段差ができやすいが、この機種ではほとんど、段差は起きない。
  • このタイプはどのメーカーもナイフマークが小さい。
  • 刃物交換時はカバーを開けると自動的にシャフトロックがかかり、ボルトを緩めやすい、又カバーをすれば自動的にシャフトロックが外れる。
  • 最大切削量2ミリ、大型の機械よりは劣る。
  • 工具箱固定場所がある。
  • 集塵ダクトカバーはオプション、安価。
  • 樹脂部品には使用素材の明記があり、回収後の再使用がやりやすいようにしてある。
  • その他細やかな配慮がある。
短所、改善要望点
  • サイド樹脂カバーの底部分に屑が溜まりやすく、刃物本体をおろした時、屑を圧縮し、その屑が上のチェーンに入り込み、チェーンを歯車から浮かせ、歯車の延長上の送り込みローラーを浮かせてしまい、異音が起こる、このまま材料を入れると、送り込みローラーに押さえられず材料が入り危険! 数回同じ事が起こった。対策はサイドカバーを時々外し、屑の排除が必要。サイドカバーを取り付ける時は元の位置に固定しないと、昇降用目盛りがずれることになる。取り付けは一番上に当てるか、又刃、一番下に下げて固定するか自分で決める。
  • 細やかな配慮が大いにあるが、どうせならコードの収納も欲しかった。
  • 私は番線で自作してぶら下げた。
  • 前後の折りたたみテーブルは本体の根元側は薄く、重い材料を取り落とすと、意外と曲がる。
  • 浴を言えばもう少し送材速度が欲しい。
修理履歴 なし
お薦め度 アマチュアの方、手作り家具工房をはじめるに当たり予算のない方にお薦めする。


私は国内メーカーをほとんど使用している、その理由の大きな点はスピーディーな部品の供給である、機械は使用中に故障する事が多々起こる、アマチュアの方は修理ができるまで待てばよいのだが、手作り家具工房のプロとして使用しているならその間仕事は中断と言う事になる、マキタの営業所に持ち込めば即日修理ができる場合もあり、ほとんど原因究明から修理まで数日で出来上がる。

外国製自動鉋盤を使いたい気持ちもあるがアフターケアーの時間がどうしても国内製が早い、仕事を中断する時間を考えると、仕方ない。

8年も使っていると修理した電動工具、買い換えた電動工具なども何台もある。

もう一つ加えるなら、200Vの自動鉋盤は30年は使えるが、同じ作業をする電動工具と比べると耐久性はやはり、電動工具が低いであろう。
平成15年追記 送材速度が遅い点は、トランサーにより200Vを115Vに変換し使用することで、改善された。

修理履歴
何が原因だったかわからないが、送材が悪く、材料を力を入れて押したら、いきなり先に入って行き、刃のローターに強く当たったようでローターがロック。
ロックした原因は、モーターからのリダクションベルトがスリップしたためだが、ローター側のプーリーがロックしたままベルトは回り、摩擦熱で溶け切れた。

平成19年の追記
おそらく、自動鉋盤のベルトの切れた原因は幅の広い硬い材料を入れたため
刃が材料に食い込んだ瞬間切削できずに、刃が食い込んだままになったため


メーカーによれば極まれな事だとか。
営業所にはベルトの在庫がなかったため、在庫を頼んだ。
電動工具の自動鉋、切れたベルト


手作り家具工房では使いがっては現在も悪くないと思う。
平成19年追記 購入から早12年ほど
恥ずかしながら、手作り家具工房で現在でも主力として使っている
200Vの木工機械の自動送り鉋盤は中古でも40〜50万するので、その予算があれば他の物を揃えたいのである
まあ、200Vの自動鉋盤に買いかえずに使っているのは、それなりに使えるため

とは言え、昨年から送り側ローラーのスプロケットの軸の回り止めが磨耗して空回りするトラブルが二回、
部品は数百円と安く済むのだが、二度有る事は三度ある、又壊れる恐れはある
考えて見れば、構造的に一番負担のかかる場所
当、手作り家具工房では電動工具自動鉋盤の使用限界を超えているかな???
空回りのスプロケット



これが200Vの自動鉋盤なら壊れる事も無いのだが、、、
又、他メーカーの自動鉋を同じ条件使用頻度で使った場合、更に他の部分が壊れた可能性も充分にある、この程度の破損ならたいした事無いかも

アマチュア木工家、手作り家具工房を始める方には、今でもお勧めしたい、壊れても部品供給は早いのだから