手作り家具「花みずき」TOP座卓の作り方のTOP>

手作り家具にチギリの埋め木

手作り家具の座卓にチギリ
  • 座卓天板表のちぎりの埋め込みです。
  • 手作り家具ではデザインのポイントに良くチギリを使います
  • 白柿と言うナイフのような道具で、ノミを入れる印しを付けます。
  • 印しがずれたら、そのまま隙間につながりますので、慎重に行います。
  • 見ての通り、何種類かのノミを使います。
  • 巾の広い物、先がとがった物、その場所に合わせて使い分けます。
手作り家具の座卓にチギリのトリマ彫り
  • 荒彫りは、トリマを使い、白柿で印しを付けたあたりまで掘ります。
  • これもモーターに振り回されはみ出たらアウトです。
  • よく切れるストレートビットを使います。
  • 画像下に白柿が二つ見えます。
  • 通常は右を一本使いますが、このように慎重に印しを付ける時には左もあった方が正確に付けることができます。
手作り家具の座卓天板、シートで養生
  • トリマで残った所をノミで突きます。
  • 角は取りにくいので、埋め木鑿(蟻鑿)と言う鑿の横がとがったノミを使います。
  • 座卓天板に傷を付けないよう、シートで養生して行います。
手作り家具の削りを楽しみ
  • ちぎりの埋め込みが終わると、座卓天板の鉋かけです。
  • 鉋をかける時点で逆目は止まっていますし、つなぎ目も段差もなく、意外と時間はかかりませんので削りを楽しみます。
  • 見ての通り、シャツには汗がにじみます。
  • いよいよ座卓天板の木目がはっきりしてきました。
  • 鉋がけは手作り家具をつくる醍醐味でもあります


鉋、鑿、天然砥石 大工道具の曼陀羅屋 ← ← このサイト木の工房「花みずき」管理者のもう一つのサイトです。
大工道具、木工具を実際使って、職人の立場から選んだ道具ショップです。

埋め木鑿4分の販売も行っています

木の工房「花みずき」ご覧の後、覗いて見てください。
曼陀羅屋は、新しいページで立ち上がります。

次のページ