手作り家具「花みずき」TOP座卓の作り方のTOP>

手作り家具の特徴、クサビ加工など

手作り家具、座卓作り方のクサビ加工
  • 手作り家具の特徴と言えるクサビ加工
  • 座卓脚と天板を固定するクサビ穴の加工。
  • 手の先にある赤みをおびた細い棒がクサビです
  • クサビの材料は硬く粘りのある赤樫を使います。
  • クサビはクサビを穴に差し込んだとき、きつく固定できるように、ゆるい勾配がついています。
  • クサビ穴はその勾配に合わせてゆるい勾配をつけます。
  • 勾配は微妙で、勾配に削った木を固定して、鑿をその勾配に添わせて刺します。この加工は微妙でフリーハンドでは難しいです。
  • 又、どの穴にどのクサビを差し込んでも良いようにします。クサビを差し込んだとき、長すぎず、短すぎず、どの穴に差し込んでも合うようにします。
手作り家具、座卓作り方の加工部品
  • 座卓のほぞ、ホゾ穴、組み手の加工が終わりました。
  • この後はカンナ仕上、面取り、生地の艶の調整をかねて、サンドペーパーによる磨きをかけます
  • ほぞの入る穴は、ホゾ穴とコネと呼ばれる浅い穴に加工されます。
  • ほぞの巾が広い場合、周辺の強度が損なわれるため、ガタツキが出ない程度に浅くコネを掘ります。
  • 無論ほぞ側は、コネの深さにあわせて、極短くします。
  • 座卓脚部ではこれだけの加工が入ります。
  • 座卓の形になるのは後半からです。
  • 見て頂いて分かるように、凝った作品を作る場合、強度や独創性を出すため加工が多くなります
手作り家具、座卓作り方の部材を鉋かけ
  • 座卓各部材を鉋かけします。
  • 組み手部分は削り過ぎて甘くならないようにします。
  • 鉋かけする前の時点で、逆目は起きていません。
  • その後、生地の艶を合わせるためにサンドペーパーで磨きます。
  • 面などの狭い部分は、小さい板を当て板として使い、ぐらついて面が歪まないようにします。
  • これからは座卓部品に傷が付けられません。
  • 慎重に作業します。
手作り家具、座卓作り方の仮組
  • 座卓の部品を組み立てる前に、ホゾ穴の深さ、部材の方向を確認します。
  • 組み立ての前に仮組みして硬すぎないか、甘くないか確かめます。
  • 接着剤を入れると意外と硬くなることもあります。

次のページ