手作り家具「花みずき」TOP座卓の作り方のTOP>

手作り家具工房の番犬、サンダーなど

丸い穴を四角
  • ルーターにストレートビットを付けて、丸い穴を四角に近づけます。
  • この後はノミで仕上げ線まで落とします。
  • 穴は途中のほぞ穴をまたぎ、向こう側まで続いていますので、両側からノミを落としますが、突き抜ける際、向こう側に裂け目が走らないように、ほぞ穴の中に密着するようにあて木を入れて行います。
  • ほぞ穴周りはすべてノックダウン(分解可能)のため、化粧加工になります。
座卓脚部、拡大画像はここをクリック 座卓脚部、拡大画像はここをクリック
  • 座卓脚部に吸い付きざんを入れ、クサビで締めた所です。
  • 左右の赤い線はこれから加工するラインです。
  • このままでは見た目が重いです、両側を削り手作り家具のバランスを取ります。
  • クサビは固定してみて、長い分先と元を均等になるよう落とします。
ルーターは手作り家具の電動工具
  • 上の画像の赤い線の部分の加工です。
  • まず切断線を決め、帯鋸に曲線切断用の細い刃を付け丸い所も切ります。
  • 帯鋸切断では荒いので、少し太めに切り、テンプレートと呼ばれる定規を固定し、ルターと言う機械を使い、定規通りに仕上切断します。
  • 一度に深く切削できないので、次にベアリングガイド付きの刃物に変え、仕上げ面を下に伸ばしていきます。
  • ルーターは手作り家具製作に無くてはならない電動工具
手作り家具工房の番犬
  • うちの番犬、サンダーです。
  • 遊んであげられない時は、工房の中で昼寝しています。
  • この時も遊んでもらえないとわかっているので、上目使いで見ているだけです。

次のページ