手作り家具「花みずき」TOP座卓の作り方のTOP>

座卓天板の組手加工など

手作り家具あせっていると失敗 座卓天板の組み手、拡大画像はここをクリック
  • 座卓天板の組み手部分の加工に入ります。
  • あらかじめ当方の手作り家具の場合、ベニヤ板に原寸を出しておきます。
  • ずれないようお互いを、Fクランプで固定し、寸法を出します。
  • この時、最初鉛筆で下書きして、間違いのないことを確認します。
  • その後白柿を入れて切断線を決めます。
  • これは金輪継ぎと言い、浅い斜めの加工がありますので、アクリル版で傾斜定規を作り、手前を基準面として、アクリル板で両方の材料に切断線を決めていきます。
  • 材料は高価なため失敗は許されません。
  • 慎重に作業を進めます。
  • 木工製作は気分的にあせっているとかならず失敗します。
手作り家具に無くてはならない機械
  • 材料に直角に入れる鋸は、精密横切り盤で切り目を入れます。
  • 後は角鑿盤で、少しづつずらして彫って行きます。
  • この機械では隙間のないような加工はできませんので、仕上線よりの1ミリ程度残します。
  • 仕上線ぎりぎりまで機械で加工するとかならず失敗します。
  • 余裕をもって、仕上げ線を残します。
  • この角鑿盤は手作り家具の製作に無くてはならない機械です
手作り家具、金輪継ぎ 拡大画像はここをクリック
  • 残りの1ミリは、仕上線に角材を固定し、角材の面を定規にして、
  • 木成平待鑿を落としていきます。
  • この方法は、鑿の裏が正確に研ぎ上がっていなければ、平面に仕上がりません。
金輪継ぎ拡大
  • お互い噛み合わせて、黄色い矢印の所にクサビを打ち込みます。
  • クサビで穴が広げられ、緑の矢印のようにお互いにくい込んで行きます。

鉋、鑿、天然砥石 大工道具の曼陀羅屋 ← ← このサイト木の工房「花みずき」管理者のもう一つのサイトです。
大工道具、木工具を実際使って、職人の立場から選んだ道具ショップです。

木成平待鑿も取り扱っています

木の工房「花みずき」ご覧の後、覗いて見てください。
曼陀羅屋は、新しいページで立ち上がります。


次のページ