手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>背板ホゾ加工 

子供椅子の背板ホゾ加工

子供椅子の木作りした背板を、座板に固定するためにホゾ加工をします。


胴付き部分は、横切り用のぺティーワークであらかじめ、鋸を入れておきます。

子供椅子の背板はホゾ部分を除いた長さが、15センチほどで短く、速い回転の鋸刃(オレンジ色の矢印)に巻き込まれると危険なため
Fクランプ(黄色い矢印)で背板先端あたりを挟み、擬似的に背板を長くして、両手で引き込まれないように安全につかめるようにします。

昇降盤の縦挽きチップソーは、縦挽き専用の305直径で、60チップの物を使用します。
台金が厚く、硬い木の年輪部分でも、鋸が切れ難く避ける事がありません。
255直径では若干避ける事もありました。

305直径105チップの横切用でも良いのですが、切削抵抗が大きく、挽き方が重いです。

チップソーは、兼房製か、キムラ刃物製を使用しています。

子供椅子の背板は短く、昇降盤の縦挽き鋸の回転に引き込まれないように
Fクランプで締め付け、子椅子の背板を固定しやすくします。
Fクランプはすべて山陽精鋼製のものです



子供椅子の作り方、ホゾを昇降盤で

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工 ← 今ココ
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け
座板上面仕上げ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成