手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>座板加工

子供椅子座板加工

ケガキをしていた子供椅子の座板輪郭の加工に入ります。


輪郭は、早く正確に作れるように、ルーターと、テンプレートを使い、加工します。

ルーターを使う前に、大まかに輪郭を切り出します、
仕上げ線から外側2〜3ミリ程度です。

それより少ないと、仕上げ線の内側に入り込む可能性もあります
又、多すぎるとルーターでの切削量が大きくなります、それと切削抵抗が大きくなり、加工スピードが落ちます。
更にルータービットの刃先の磨耗も早くなります。

子供椅子の作り方、座板加工-1


帯鋸で切り出した仕上げ線より一回り大きい座板にベニヤ板製のルーターテンプレートを固定して
ハンディールーターで切削します。

子供椅子、座板へのテンプレートの固定は、足の貫通穴部分にビスで足二箇所分、対角線に固定します。
ビス穴は、足のボール盤加工、貫通時に削れてなくなります。

貫通穴中心をずらして固定します。ビス穴が、貫通穴中心近くにある場合、ビス穴方向に
ボール盤のビットが逃げる事を防ぐため、ある程度、数ミリは中心からずらします。

切削抵抗が多いため深さも二度に分けて切削します。

座板手前、コグチ付近m切削の始まり位置と、深さが見えると思います。

材料が、作業台から動く事を防ぐため、ずれ防止のマットを敷いています。

DIYショップなどでも販売されていますが、これは手製です。
梱包用の発砲材をカーペット用の両面テープで二枚重ねたものです。
材料費ほとんど0円気兼ねなく使えます。
耐久性はあります。

子供椅子の作り方、座板テンプレート加工


子供椅子の座板加工

前のページ画像部分を裏がえしてみました。

黄色の矢印が、ルーターに取り付けたテンプレートガイド。
オレンジの矢印が、座板に取り付けた座板形状のテンプレート

下のイラストの矢印も同じです。
イラストの赤丸部分が、テンプレートと、テンプレートガイドの当たる一番大事なところです。

イラストの@のベニヤ板がテンプレートで、Aのベニヤ板は大きいまま、@の板に接着して
一度ルーターで貼り付けたAの板を切削しておきます。

Aのベニヤは実際ルーターが切削していく部分になりますので、座板を切り出すラインと同じ形状になります。
又、大事な@のベニヤのコグチ、つまりルーターテンプレートの当たる部分を一回り大きいAの板で保護しています。
一石二鳥です。

もし、ガイドベアリング付きのストレートビットを使った場合、子供椅子の座板と同じ形状のテンプレートを作ればよいのだから
@の板一枚で楽ですが、一度でもコグチから床に落とした場合、大事なテンプレートガイドと接するコグチ部分がへこむことになり
以後、そのテンプレートを使う度に、座板のその部分が歪んで切削される事になります。

テンプレートガイドを使い、Aの板を取り付ける事により、テンプレートの寿命は延び、取り扱いも楽になります。

厄介だと思われるかも知れませんが、テンプレートガイドの半径から、ストレートビットの半径を引いた数値分、
テンプレート形状を小さくすれば良いだけです。

子供椅子の作り方、ルータービット拡大


子供椅子の作り方、テンプレート断面

子供椅子の座板加工

前のページでテンプレートを使用して子供椅子の座板形状を、板半分の厚み削り出したコグチ面を基準に
残りの半分の厚み形状を削りだします。

下の画像の座板左手前から切削を開始しています、子供椅子の座板加工の始まり位置がわかると思います。

下半分と同じ外周に切削されているのが、お分かりになると思います。

テンプレートを使用して、厚み一杯に外周を削りだす事も、無理とは言いませんが
急がばまわれです、無理は禁物。

子供椅子の作り方、裏からのルーター


ルータービットは、先端に習い用のベアリングが取り付けられたストレートビットを使用します。
ベアリングとルータービットの直径は同じになっており、
テンプレートを使用して、削りだした外周を基準に同じ外周形状で削りだせます。

下の画像は、わざと裏返しして見ています、
このような方法での切削は大変危険ですので絶対におやめください。

ルーターを上下逆にして固定するルータースタンドがありますが、
一見便利なようですが、ルータースタンドへ固定して使用中の怪我が多いのです。
怪我の場所は無論手や、指先です。
当工房では使用せず、画像のようにハンディールーターとして使用しています。
両手で持つため、手を怪我する事はありません。

このルーターは3キロ以上の重量があり、回転によるキックバックが起こってもルーターが
手で持っているルーターが吹き飛ぶ事はありません。
もし反対で、ルーターを固定してキックバックが起こった場合、軽い材料は吹き飛び、
その勢いで指先がルータービットに接触すると言う事故が多々あります。
アマチュアの方は、この手の事故に遭遇しやすいので、十分ご注意ください。


子供椅子の作り方、ビットコロ付き

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工 ← 今ココ
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け
座板上面仕上げ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成