手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>座板への埋め木-2

座板への埋め木-2

子供椅子の埋め木を埋める、穴側の加工に入ります。

前のページでケガキした線の内側、2ミリほどの部分に濃い線で
ケガキ線と平行に線を引きます。

ケガキ線は薄く、上からルーターがかぶさると、見え難くなりためです。

2ミリ内側に線を引く理由は、このルーターで掘ったあとに
トリマで、あと1.5ミリほど切削するためです。
ルーターでガンガン掘っていくと、その勢いで、たまに線をはみ出るのです。
鉛筆を目標にすれば、若干出てもまだケガキせんまでは余裕がありケガキ線を出る事はないです。

残りをトリマに代えて切削する事により、気分が変わり、残り約1.5ミリの微妙な動きが出来ます。

特に三角の角は、ルターのストレートビットは入って行きにくいですからトリマの方が有利です。

最終的に、ケガキ線までの約0.5ミリをサクッと、鑿を落とすわけです。
子供椅子の一番の見せ場で失敗すると目立ってしまいます

トリマビットは6ミリ直径を使います。
注意しなければいけないことは、販売されている
ストレート6ミリトリマビットの、シャンク部分は、
必要以上に長い物が多く、そのまま使用すると、高回転で使うトリマではブレが起きやすく、危険です。

そこで、私は、トリマ本体のチャックより、出っ張る余分なシャフトは、
グラインダーなどでビット根元を擦り切り、シャフトは短くしています
短くするとブレはほとんどおきません。


下記画像は子供椅子座板にルーターとトリマで掘ったところ、底が平面になっています
子供椅子の作り方、埋め木-後半

子供椅子の座面はFクランプ、下記画像のようなトグルクランプを使い、作業台に固定しておきます。
ルーターで掘る場合、右手だけでルーターを思いの方向へ、動かす事が難しいからです。
固定せず、ルーターを両手で動かすと、座板ごと動いて危険です。
市販のルーターマットなども、動きを止めるのに効果的です。

下記の画像では、動きを止めるのに手作りのマットを敷いています。
梱包用の発泡シート(ライトロン、ミラーマットなど)二枚の間にカーペット用両面テープを貼り
重ね貼りしたものです。
工房に常時ある素材ですので、ただです、ルーターマットは作りの割りに高いです。

右手でグリップを持ち、スイッチ操作と方向操作をし左手は、手の平を子供椅子の座板の上に置き固定し、
引っ掛けた、人差し指、親指、中指で微妙な動きを操作します。

ルーターは上から見て、ビット回転方向は時計周りです。
切削は、半時計周りに小さな円を描きながら少しづつ取っていきます。

下記画像は子供椅子の座板をトグルクランプで固定しています、Fクランプでも良いです

子供椅子の作り方、ルーター使い

トリマで切削した後、ケガキ線までの残りはほとんどなく、
鑿一指しで仕上がります。

鑿は二種類使います。
画像では角の部分を埋め木鑿4分を使って、角を落としています。
90度以下の角度はこの鑿がないと出来ません。
ここでは玄翁は軽く落とす程度でいいです。
使用玄翁は、長谷川幸三郎作のものです。平成15年現在では、もう店頭にはないと言ってもいいでしょう。

直線部分は、突き鑿、差し鑿などを使いますが、追い入れ鑿でもいいと思います。

矢印は油壷です。中はべとべとではありません、
刃を付けると、艶が変わる程度の油膜で出来ます。
べとべとにしてはいけません。
鑿を垂直に使う場合は、油壷に毎回鑿を差すごとに付けます。
付けると言っても、軽く油膜を作るのです。
こうする事により、切削抵抗が減り、鑿の入りが良くなります。
又、鑿が差した穴のコグチ面が綺麗に仕上がります。
切れが悪いと、コグチの年輪部分が、裂けて見苦しくなります

後で、一段座掘りした時に、裂けた部分が隙間になります。

連続的にルター、トリマ、鑿を使うのでイヤーマッフル、マスクはつけっまなしです。


子供椅子の作り方、埋め木鑿使い

子供椅子の埋め木の穴が出来上がった所です。

打ち込む前に少し斜めにして入れてみます、ぎゅっと入るぐらいの堅さです。
真っ直ぐに入れればけっこうきついです。

埋め木材はカラカラ、子供椅子の座板は削って間もないので、若干の収縮がありますのでこの程度の堅さでよいのです。

埋め木材の下角には、面巾3〜4ミリ、角度60〜70度で面を付けて置きます。
鉋、などでつけてください、繰り小刀などでもいいです。

埋め木鑿4分の販売はこちらから、管理者のもう一つのHP、曼陀羅屋の鑿コーナーが開きます
↓↓↓↓
鑿コーナー、外れない切れ味と豊富な品揃え

子供椅子の作り方、埋め木入れる前

子供椅子座板の埋め木穴に接着剤を入れて叩き込みます。

特に穴のコグチ部分によく塗っておきます。

当て木はしていませんが、埋め込んでも出っ張りがあり、
玄翁で叩いて、へ込むのはその部分。
後でこの出っ張りは削ります。

打ち込んだ後は、Fクランプで埋め込んだ埋め木の上から
座板ごと挟んで締め込んでみます。
ジンワリまだ沈むはずです。

玄翁の一瞬、一瞬の圧力では、接着剤は逃げ切らず、
埋め木と座板の間に接着剤の層を作ってしまうのです。

ですから、Fクランプで持続的な圧力をかけて、接着剤を
木の繊維の中や、外に追いやるのです。

埋め木と、座板の埋め木穴の底は、お互いを密着させるようにします。

もし、接着剤の層が出来れば、外から見て接着剤は乾燥しているように見えますが
実際中は乾燥しておらず、
この部分は、翌日、もしくは数日中に、子供椅子の座板を一段ルーターで座掘りした後に
埋め木部分の接着剤乾燥による収縮で、埋め木の沈み込みがが
紙一枚程度沈み、段差がおきます。



子供椅子の作り方、埋め木の叩き込み



Fクランプで締め込んだ後は、鉋などで出来た段差を削り去ります。

削らないと、次の埋め木が出来ません。

又、重なった部分を埋め木する場合、
ケガキのため、米粒程度接着剤を使って、仮接する事ができません。

子供椅子の作り方、埋め木の目違い払い

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2 ← 今ココ
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け
座板上面仕上げ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成