手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>9n1

子供椅子の部品、生地完成

組み立て前の子供椅子の部品一覧です。


背板左側の、背板固定用の六角ボルト風のクサビの製作は
簡単に作れますので、製作工程は省きました。

子供椅子の部品を固定するは、クサビ類ですので
金物は使用していません。

塗装無しの生地状態です。
子供椅子の座板上面は、サンディングしていません
その訳は、脚の固定後、長い部分の切断処理などで、
もう一度クサビ穴周辺のサンディングを行うため二度手間にならいように、この段階では行っていません。

子供椅子の座板の座掘り部分は、サンディングは終わっています。

ルーターで掘下げた後この部分を果たしてどういった風に鉋かけしたのだろうと
思われる方もおられると思いますがこの部分は、鉋で仕上げていません。
この部分の丸い部分、全面の鉋による仕上げは不可能だからです。
どの方向から鉋をかけても逆目はまぬがれません。

この部分はルーターのサジ面ビットを使っていますが、
その加工段階では、逆目はまったく起こりません。

逆目が起こっておらず、平面が出ているので、
この部分を鉋を省き、サンダーで仕上げます。
振動型のオビタルサンダーではなく
下記のランダムサンダーを使います。
粒度は♯120を使い、軽く当てると、平面は乱れず、まっ平です。
その後粒度を♯180番に上げて仕上げます。
最終的には♯180番の擦り減った物を使います。

この方法で仕上がりを見ても、充分な平面が出ています。

この子供椅子10脚の製作は、月曜から土曜まで、フルに製作しても
完成は無理。9日程度はかかるでしょうね。

一脚分の座面の埋め木をするには、部品が出来ていた段階からだとして
一脚分40分ほどかかると思います。

良い作品を作ろう、手を抜かずに作ろうとすると必然的に時間がかかり利益は薄くなります。

子供椅子の部品、生地完成、全部品

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成 ← 今ココ
脚取り付け
座板上面仕上げ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成