手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>9o1

子供椅子の脚取り付け

子供椅子の脚は、一般的な木工ボンドを使用しくみ上げます。


子供椅子の組み立て用接着剤は、ホゾの先と、ホゾ穴の入り側付近に塗ります。

すばやく、脚を貫通させ、対角線の脚の軸腺と、クサビが直角になるように、子供椅子の脚を手で回し合わせます。

子供椅子の脚取り付け、脚のねじ込み

合せた後は、クサビの溝にクサビを入れて、玄翁で叩きいれますが、軽く叩くぐらいでも
動きません。無理な力で叩かなくても大丈夫です。

叩きすぎると、ホゾを広げようとする力は、子供椅子の座板にまで影響が及び
貫通させているホゾ穴部分は座板の強度の一番弱いところになっていますので
限界を超えると子供椅子の座板がホゾ穴付近で割れる事になります。

子供椅子の脚取り付け、クサビ打ち

はみ出た接着材は、すばやく、水を付けたブラシで、流し取ります。
はみ出た接着剤はそのままですと、塗装後に白く浮き出てきます。

水を付けて拭くと、接着剤は水で希釈され、乾燥後も完全に透明になります。

手間を惜しんで、乾いたウエスで拭く位で済ませないでください。

一手間加える事が。完成度の高さを上げます。

ちなみに下の画像を見ると
クサビの方向がいまいち揃っていませんが、ブラシをしているところ以外は、
まだ接着剤をいれていません。

子供椅子の脚取り付け、水ブラシ

子供椅子の脚クサビ、貫通部分の処理



クサビは長すぎると次の工程で、邪魔になりますので、
手鋸で切れる程度の長さに切っておきます。

脚のホゾは貫通して2〜3ミリ出た状態です。

この状態で、クサビもホゾの頭の高さで切り、
クサビのコグチを鉋で削ってもよいのですが、コグチは削り難く、綺麗に仕上げるには少々手間がかかります。

イラスト、子供椅子の脚取り付け-2-1

下記のようにトリマに下駄を履かせ、
それより鑿一差し分引っ込めた位置にビット先端を合わせ、
子供椅子の座板の貫通ホゾ部分をまたぎ、切削します。

横取りですので、逆目も起きず、楽です。

@はトリマで切削したホゾの頭から、子供椅子座板との間、約、0.5ミリ(鑿で突ける厚み)

Aはトリマに両面テープで付けた木の端材(枕)

Bは、トリマビット、この場合は、サネ剥ぎビットを使用、底が平らに取れるビットなrた何でも良い。
  例、ストレートビット、蟻ビット、だブテールビットなど。

イラスト子供椅子の脚取り付け-2-2


上記イラストの実際画像
青@がビット先端と枕の差、鑿一突できる厚さを考え、0.5ミリ

巾の広いビットが効率的。


トリマ、子供椅子の脚取り付け-2-3

上記の加工で、貫通ホゾの出っ張りは、鑿一突き分になります。

残りのホゾの出っ張り0.5ミリは、差し鑿などで、突き取ります。

タモ材のコグチは硬く、一度に貫通ホゾ全体を突き取ってしまうのは困難です。
鑿は広めの鑿を使い、下記の画像のように鑿の端を使い、2〜3ミリに分けて、何度も突いて行きます。

それなら追い入れ鑿の1分でも良いのではと思われる方もおられるかもしれませんが
鑿の巾が狭いと、座面と平行に鑿を差し難く、平面に突かなければならないところ
逆に食い込んでしまったりします。

下の画像、左側の子供椅子の貫通ホゾ部分の色と、
鑿で差している貫通ホゾ部分の色を比べてください
左側が透明感があることがわかるはずです。

巾の広めの鑿を使うことで、部材に食い込んでいない部分は
子供椅子の座面にぴったり当て滑らせることで、
食い込みを防げます。

鑿は裏は、できるだけ平面に仕上げておきます。
少しでも鑿の刃先が先が上がっていると、鑿で突き通しても、残ってしまいます。

この加工では、下の平らな、平待ち鑿などが有効です。
画像下で使っています。

使用している平待ち鑿は、大工道具、天然砥石の曼陀羅屋、で販売している木成平待鑿寸2です。

鑿の販売はこちらから、管理者のもう一つのHP、曼陀羅屋の鑿コーナーが開きます
↓↓↓↓
鑿コーナー、外れない切れ味と豊富な品揃え

柄が追い入れ鑿より長く、太めで、力が入れやすく、
無塗装仕上げですので、汗などで滑りません。

昔買った突き鑿、薄鑿の柄は塗装してあり、
汗で滑った経験が何度もあり、鉋で塗装を削った思い出があります。

鑿の柄は、無塗装をお勧めします。実際は商品管理のため蝋がひいてありますが
使用で直ぐに蝋は取れます。

子供椅子の脚取り付け-2-4

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け ← 今ココ
座板上面仕上げ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成