手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>9p1

供椅子の座板上面仕上げ 

子供椅子の上面と側面角のボウズ面3ミリのサンディング仕上げ。

子供椅子の座板天板はこの段階で、サンディングを行います。

理由は前段階の、脚クサビ、貫通部分の処理があり、脚取り付け前の部品段階でサンディングすると
この段階で、同じ部分をサンディングするので二度手間になります。

子供椅子天面は先にオビタルサンダーの小型のものでサンディングします。

オビタルサンダーのパットにはベニヤ板を両面テープで貼り、
パットの弾力をなくし、より平面に仕上がるようにします。
柔らかめのパットでは、貫通ホゾの丸い部分が木のコグチになりますので
どうしても他の天面部分より硬く、そこだけサンディングによる減りが少なく
仕上がり後触ってみると、若干の平面の歪みが感じられるからです。
塗装後、そこだけ、光の歪みも見えてしまいます。

サンダーのパットは硬いものがよいです。
電動工具メーカーはパッドの硬さが与える影響まではあまり考えていません。

両面テープで貼り付けたベニヤは、振動ではがれにくくなっていますので
直ぐに外します。

ボウズ面3ミリ部分も同じようにこの段階でのサンディングになります。
ボウズ面と言っても、どうしても天面とボウズ面のつながり部分が滑らかになりませんので
子供椅子のこの部分は丁寧にサンディングします。

子供椅子の座面仕上げ磨き
子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け
座板上面仕上げ ← 今ココ
背板取り付け
生地完成
塗装
完成