手作り家具「花みずき」TOP子供椅子の作り方>9q1

子供椅子の背板取り付け 

クサビの丸穴は、子供椅子座板の厚み位置より内側に食い込ませる

まずクサビは、簡単なので製作過程は省略しました。
子供椅子の雰囲気に合うような、六角ボルトのイメージです。

子供椅子座板への背板取り付けですが、
六角ボルトをイメージしたクサビは、丸棒を使っています。
通常のクサビは片方の巾が細くなって、穴に入るときつくなっていきます。

この場合は、ほとんど真っ直ぐです。
背板がぐらつかないいようにするには、
背板の穴の位置は、穴の淵と背板ホゾの胴付きまでの距離を、(赤い点線の距離
座板の厚みより1ミリほど座板側に食い込ませます。

つまり、その分、六角ボルト風のクサビ丸棒部分を少しベルトサンダーで
硬い分、つまり1ミリほど擦るわけです。
この擦り加減で、硬さが決まります。
ベルトサンダーで擦る場合、微妙に丸棒先端方を多くすると、
座板に背板を通し、丸いクサビ穴に、
六角ボルト風のクサビ丸棒を入れた時根元付近になるにしたがい、硬さがきつくなります。
六角ボルトの六角形部分の一部は、座面と当たり、根元まではまりませんので
一部切ります。(青い点線部分です)

このクサビは、丸棒部分は、ブラックウォールナットで、
ケヤキ部分を貫通させているのではなく、両側から、貫通しないぐらい同じ直径の穴を掘り
埋め木しています。

貫通させて、一部切り取ると、六角部分のケヤキの強度が落ちます。

いい加減、マスクと、イヤーマッフル外せばよいのに、、、、
集中していると、付けているのがわからなくなります。

工房では作業中ラジオを付けていますが、
集中していると、ラジオも聞こえなくなります。

ラジオに聞き入っても、手はちゃんと作業をしています。
間違いはしません、
もし間違えれば、自分にやり直しと言う、きついペナルティーが待っています。
工程によっては、二三日バックという事も、、、そんな事ありませんけど!

子供椅子、もう一息で完成です。

子供椅子の背板取り付け画像

子供椅子の作り方TOP
木取り、木作り
背板ホゾ加工
けがき
背板ほホゾ穴加工
背板加工
座板加工
座板への埋め木-1
座板への埋め木-2
座板への座掘り
座板の脚穴開け
脚の旋盤加工
脚ホゾと転び加工
ホゾ締めクサビ
部品仕上げ
生地完成
脚取り付け
座板上面仕上げ
背板取り付け ← 今ココ
生地完成
塗装
完成