手作り家具「花みずき」TOP手作り家具ギャラリー>>工匠の座卓

手作り家具    工匠の座卓

手作り家具、工匠の座卓
画像は古いですが、福岡にて展示会を開いた時のものです。
工匠の座卓は当工房を代表する作品の一つでもあります。

ケヤキとミズメ桜を使い、昔からある継ぎ手を両端に施しデザインの一部として取り入れており

この手作り家具は工匠の座卓という名前にふさわしい手の込んだ作りにしております。

日本の木の文化は、その森林資源と、日本独特の大工道具の発展に伴う複雑な加工をこなす日本人の知恵の結晶
その木を複雑につなぎ強度を引き出す知恵を、この手作り家具の座卓のデザインに取り入れて見ました。

ケヤキの山吹色と、桜のオレンジ色のコントラストと
両者をつなぐカナメとなる、木せんを黒い黒檀で表しました。

座った時に目を引く位置にありますので、見た方の目を引く事間違いないでしょう。

手作り家具、工匠の座卓−金輪継ぎ
金輪継ぎ
手作り家具、工匠の座卓-箱台持ち継ぎ
箱台持ち継ぎ


寸法 現物は、長さ1.7m 幅80cm 高さ30cm 天板厚45mm
ご注文により、寸法変更可能。
使用材料 この手作り家具には、下記の材料が使われています
天板 タモ(木目の美しい材、硬く粘りがある)
両端のヤマブキ色の木 ケヤキ
両端のオレンジ色の木 ミズメ桜
天板のちぎり 縞コクタン
中心の足 ブラックウォ一ルナット
クサビ 赤樫
備考 この手作り家具は、左右を挟んでいる材料を
ケヤキと桜をそれぞれ違う継ぎ方をして、デザインとして使っています。
上の座卓の写真左側は、金輪継ぎ、反対側は、箱台持ち継ぎです。
それぞれ伝統的な継ぎ手です。
足は畳が沈まないよう、畳ずりにして、
動かす時に、畳に傷がつきにくくしています。
塗装 2液性ウレタン塗料 70%艶消し